白龍トマト館利用法

ここに白龍トマト館の利用法を記します。
ときどき冗談も混ざるので、ご注意ください。

目次
・お一人様でのご利用
・お二人様でのご利用
・三名様でのご利用
・四名様以上でのご利用
・何かいいことが起きないかなと思っている方のご利用
・SNSなどで話題を作りたいなと思っている方のご利用
・何かお得なことはないかなと思っている方のご利用
・白龍トマト館がお休みのときには来たくないという方のご利用
・まだ白龍トマト館に来たことがないという方のご利用


・お一人様でのご利用
お一人様はぜひカウンターをご利用下さい。
当店のカウンターは正面が調理場となっており、しかも調理場がお客様の視線から一段低くなっています。調理の様子がよく見えます。ぜひ料理人たちの技をご堪能下さい。
繁忙時間でなければ調理人に話しかけていただいても問題ありませんが、繁忙時間となりますとしばしば殺気立つ可能性があり、お客様に危険が及ぶかもしれません。その際は調理人たちの顔色を見ながら遠慮がちに話しかけてみてください。多くの場合は特に問題は起きませんが、全く問題がないとは言い切れません。
二階のテーブル席のご利用も可能です。繁忙時間に心安らかにお食事するためにはテーブル席のご利用もいいものかと存じます。その際、「手持ち無沙汰だな」とか「ひとりぼっちで寂しいよぉ」と思う方は、以下のようなご用意があります。
1.入口脇に雑誌コーナーがございます。ご自由にお読みください。
2.誰か一緒に食べる人がいて欲しいなと思う方は、こちらの映像をご覧になるといいかもしれません。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/movie/


・お二人様でのご利用
お二人様でのご利用も、カウンター席が楽しいものとなるでしょう。調理の様子を見ながら、お二人でお話しなさると話題も広がるものと思います。始めて見る食材や調理法についての質問などはカウンターでしていただくのがいいでしょう。ただし調理人も人間です。カップルの場合、あまりにもアツアツのお二人の様子を見せつけられたら心穏やかではいられないかもしれません。どうしても二人の世界に入りたい方は二階のテーブル席をご利用下さい。
白龍トマト館にいらっしゃる際、メールマガジン「幸運の白龍」をご覧になっていただくといろいろと楽しめます。
「幸運の白龍」の説明はこちら。
一ヶ月以上前のバックナンバーがこちらにございます。
「幸運の白龍」バックナンバー
最新号は読者登録した皆様に発信しております。読者登録はこちらにメールをください。タイトルは「幸運の白龍申込」とし、お名前(ハンドルネーム・ペンネーム可)と、もしよかったら白龍トマト館へのコメントを書いてお送りください。こちらから返信いたします。それで読者登録は完了です。


・三名様でのご利用
三名様でのご利用の場合、カウンター席とテーブル席とどちらがいいかは微妙ですね。三人仲良くじっくりとお話しがしたいのであれば、二階のテーブル席がおススメです。ただし、いつもの三人で特に話題もないような場合はカウンター席がいいかもしれません。話のきっかけが見つかるでしょう。皆さんの意見が割れてカウンターにするかテーブルにするか迷ったときは、どちらかすいているほうをご利用下さい。


・四名様以上でのご利用
四名様以上でカウンターのご利用は、あまりオススメいたしません。端と端の人が話しにくいですし、お料理のシェアも難しくなってしまいます。ただし、グループの中に犬猿の仲という方がいらした場合、わざとその人たちを端に置くというのは幹事様の腕の見せ所となるでしょう。
四名様以上で集まる場合は、ご予約なさることをオススメいたします。特に数日前にご予約いただき、前もってメニューもご相談いただけると、普段ではご用意できないメニューもご提供できるかもしれません。詳細についてのご相談は、お店の繁忙時間は避けてご来店になるか、またはお電話でお願いいたします。
二〇名様以上三〇名様までの場合は二階の貸し切りが可能です。貸し切りの場合はお一人様4320円(飲み物別途料金)から承ります。時間は2時間20分までとなります。
三〇名様以上の場合は、お電話でご相談ください。
三五名様以上は当店では対応できませんので、お断りいたします。ご容赦下さい。


・何かいいことが起きないかなと思っている方のご利用
入口から入るとカウンターの上に大きなランプがあり、その脇にチベットのマニ車がございます。チベットできちんと人魂の儀式をして贈っていただいたものです。時計回りに回していただくと一回につき一度、お経を上げたのと同じ功徳があるそうです。興味のある方はぜひ時計回りに回してみて下さい。反対には回さないでください。その際には何が起きるのかわかりません。


・SNSなどで話題を作りたいなと思っている方のご利用
白龍トマト館ではお料理の写真はご自由にお撮りください。ただし、ご自分のお料理の撮影だけでお願いします。知らない方のお料理を撮るような無作法はご遠慮ください。店内の写真を撮るのももちろん許可いたしますが、他のお客様が写ったり、迷惑がかかるようなことはご遠慮願います。
店内のインスタ映えポイントはお料理以外に
1.らせん階段
2.大きなトマトの看板
3.カウンター上にあるティファニーのランプ
4.調理場での調理人のうしろ姿(いまいちかも)
などがございます。
店員の顔がわかるような撮影は、その人の許可をもらってからお願いいたします。正規の店員は概ね問題なく撮っていただけると思いますが、大将はシャイなのでお断りするかもしれません。アルバイトのなかにもお断りする人がいるかと思います。ご容赦下さい。


・何かお得なことはないかなと思っている方のご利用
メールマガジンに読者登録していただくと、毎月ささやかな特典が得られます。毎月内容が変わりますので、その内容は最新号のメールマガジンでお確かめください。
読者登録はこちらをクリックしてください。メールが発信できます。メールはタイトルを「幸運の白龍申込」とし、お名前(ハンドルネーム・ペンネーム可)と、もしよかったら白龍トマト館へのコメントを書き、発信してください。こちらから返信いたします。返信が届いたら読者登録完了です。


・白龍トマト館がお休みのときには来たくないという方のご利用
基本的には月曜が定休日です。ただし、月曜が祝日の際には営業をし、翌日の火曜がお休みになります。また、仕込みの状況や店内メンテナンスなどによってときどき定休日以外にもお休みをいただくことがございます。いらっしゃる際には営業カレンダーをご確認ください。月初めに発行するメールマガジン「幸運の白龍」にもその月のお休み予定を掲載いたします。

お休みでなくても年末など、予約による宴会が続く時期は席数が限られ、着席できるまでにどのくらいの時間がかかるか電話で確認していただくとスムーズにお食事いただけます。

営業カレンダー https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/calendar/
電話 03(5988)7330

 


・まだ白龍トマト館に来たことがないという方のご利用
こちらに地図がございます。https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/map/
最寄りの駅は都営大江戸線新江古田駅です。
どんなものが食べられるのか、メニューの一部がこちらにございます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/menu/
店舗入口に階段がございます。手すりはございますが、ユニバーサルデザインにはなっておりません。足がご不自由な方がご来店いただくためには、どなたかに背負っていただく必要がございます。申し訳ございません。

以上、白龍トマト館のご利用方法代表例でした。もしあなたがなさっている何か面白いご利用法がございましたら「Youは何しに白龍へ?」にその利用法をお書きの上、ご投稿ください。ただし、公序良俗に反する内容はご遠慮ください。ご投稿いただいた内容はメールマガジン「幸運の白龍」と「Youは何しに白龍へ?」のページでシェアさせていただきます。飲食店が発信するにはふさわしくないと思われる場合は、掲載しないことがあります。その判断は白龍トマト館にまかせていただきます。よろしくお願いいたします。
「Youは何しに白龍へ?」

ご来店の際にはお料理を味わうのはもちろん、店内でのさまざまな体験もお楽しみ下さい。

店員一同、ご来店をお待ちしております。