Youは何しに白龍へ?

サイト開設とメールマガジン「幸運の白龍」12周年を記念して、「Youは何しに白龍へ?」を始めました。

白龍トマト館に何をしに来たのかご投稿下さい。

たとえば、「トマトタンメンを食べに来た」でも結構ですし、「○○ちゃんとデートしに来た」でもいいですし、「映画の帰りにひとり静かな夕飯を食べに」でももちろんOKです。
あなたが白龍トマト館に何をしに来たのかを書き、できれば写真を一点添えて下さい。
お名前はペンネームをいただけるとありがたいです。本名でももちろん構いません。
月に一度いただいたご投稿を整理してメールマガジン「幸運の白龍」に告知、このページでご紹介いたします。

応募する方は白龍トマト館へ何をしに来たのかひと言と、写真を一点、以下のメールアドレス宛てにお送り下さい。
webmaster@tomato-tanmen.com

ご希望の方には投稿のご紹介の際にリンクをひとつ作ります。twitterやFacebookへのリンクでも、個人ブログへのリンクでも結構です。ただし飲食店からのリンクとしては不適切な、公序良俗に反する内容を含むようなサイトへのリンクはお断りすることがございます。その判断は白龍トマト館に任せていただきます。

読んだ人が元気になるような、白龍トマト館への来店理由と写真のご投稿お待ちしてます。

以下にいただいたご投稿を掲載いたします。ご投稿してくださった皆さん、ありがとうございます。


Blue Jellyfish 様

年末最後の営業日に仲良し三人で行きました。
いろいろとおいしいものを食べました。
寒いというSさんのために肉団子白菜巻きスープ煮を頼みました。
ほかにも、ピータン、大豆もやし、ミックス漬け、生春巻き、海老巻き揚げ、手羽先揚げ、にんにく揚げ、トマト玉子炒め、香菜ラー油タンメン、ビール、&紹興酒ボトル二本をいただきました。
ごちそうさまです。
来年もまた行きます。

Blue Jellyfish 様、いつもご来店ありがとうございます。白龍トマト館のお料理、お楽しみいただけましたか? より一層おいしいお料理をご堪能いただくため、これからもがんばります。平成31年もよろしくお願いいたします。

webmaster

ミミちゃん 様

今日はホワイトドラゴン祭り2弾のフカヒレを食べに来ました。
フカヒレの本来の味を堪能したく姿煮にしました。
写真を見て頂ければ、少しは感じてもらえますかねー。
本当に美味いっす。
今年はもう終わったので、食べ損なった方はぜひ来年ご堪能下さいな。

ミミちゃん 様
ホワイトドラゴン祭に来ていただき、ありがとうございます。
おかげさまで今年は予定数のフカヒレ姿煮が期限の8月31日より前に売り切れたために、限定25食だったのですが、途中で10食追加いたしました。これもひとえにミミちゃん様のようにホワイトドラゴン祭を楽しみにしてくださる皆様のおかげです。
よりいっそう美味しいお料理を作るようがんばっていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

webmaster


キタ さん

このたび「幸運の白龍」に書かせていただくことになりました、キタと申します。
はじめてメールマガジンの打ち合わせに出席しました。
店主の奈々子さんとwebmasterと三人で打ち合わせました。
話はいろんなところに飛んでいくのでついていくのが大変です。
奈々子さんは一泊二日の香港旅行に行ってきたそうで、香港で食材を買ってきたと喜んでいました。その食材の一部が添付した写真です。
そのうちにメニューに登場するのでしょうか。
ということで、「Youは何しに白龍へ?」は「キタは打ち合わせに白龍へ」ということですね。
お粗末様です。

キタさん、打ち合わせ第一回、お疲れさまでした。こちらへのご投稿もありがとうございます。次回からの原稿を楽しみにしています。
メールマガジン「幸運の白龍」へのリンク

webmaster

小太り 様

翌日仕事が休みの日に行きます。
まずは生ビールとピータン。キンキンに冷えたビールをゴクッ、すかさずピータンを口に放り込めば甘く感じるピータンの後口が何ともタマラン♪
熱々のおつまみ、手羽先揚げとにんにく揚げ(ギョーザ、エビ巻揚げといつも悩む)
外はカリッと中はジューシーな手羽、おいもみたいに甘くホクホクした姿焼きのにんにくは白龍さんならでは。
主食はガーリックチャーハン。具はシンプルだけに炒めたにんにくの香りが余計に食欲をそそり食べ飽きない。

ここのにんにくって思ったより匂いが残らないんだよね。ガッツリにんにくを食べたい、なんて時のマスト店。
休み前の自分へのご褒美に利用させてもらってます。

いつも美味しい料理をありがとうございます!

小太り様、ご投稿第一号、ありがとうございます。最初に何かするのは勇気がいるものです。小太り様の勇気を称えて拍手をお送りいたします。パチパチパチ。お料理への賛辞、ありがとうございます。励みになります。
m(_ _)m

webmaster