幸運の白龍 No.0169 20.08.01

幸運の白龍_________No.0169__20.08.01
    https://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● はいおきゃくさま~
● 8月の季節メニュー
● 新型コロナウィルスCOVID-19による東京都の自粛要請について
● ホワイトドラゴン祭り開催します
● 8月の営業日のお知らせ

● はいおきゃくさま~
7月から白龍トマト館の厨房に入った調理師の于(う)さんは、故郷中国大連を離れて20年、日本の中華圏で腕を振るってきた中華専門の調理師です。中国では料理技能師というらしいです。

今回ご縁あって白龍で働き始めてひと月経ちました。

ニュースでも言われていますが、新型コロナウィルスCOVID-19による影響を多大に受けている飲食店は軒並みあり、現在、働き手を探している店の数より働きたい人のほうがとっても多い状況です。(求人倍率のことですね)。飲食店といういつも人手不足の業種では珍しく逆転現象が起きているようです。

そんな中、亡き大将と卒業したT君の抜けた大きな穴を出来るだけ力のある料理人を迎えて埋めたいと考えていた白龍の求人広告に目を止めることになった于さんは、新江古田という地も知らずにGoogleマップを頼りにやってきました。
「仕事はダイジョウブ、けれど家から少しトオイ・・朝ごはん食べれないは・・ちょっと」遠慮がちな于さんから引き出したはじめての感想でした。

正直に言うな~と思いましたが、その言葉が彼の生活の優先順位を表していて、家庭でのルーティンを大事にしていることを知れて良かったなと今は納得しています。それを知らなかったら入社していないかもしれません。

創業以来調理人を募集した経験がほとんどない白龍は厨房の中の人間が変わるということに不慣れなことが沢山あり、役割はどこからまかせていいのか、調理経験をある程度積んだ人にどこまで踏み込んでいいのか、調理道具に不足はないのか、とかいちいち考えてしまいます。いままで「あ・うん」の呼吸に甘えてきたことがとても身に染みた一か月でした。これからは于さんと「あ・うん」の呼吸を作っていく作業の積み重ねこそが、これからも白龍を紡いでいく作業なんだなとも自覚したわけです。

于さんは今まで常に忙しい大店舗で働いてきたので、時にゆったりとした白龍の時間の流れ方がちょっぴり不安のようです。
「コノ店ダイジョウブかな? もっと忙しくしないとイケナイ」と思ったのか、今、螺旋階段に一番近い場所で外にお客様が見えたとき「はいおきゃくさま(いらしたよ)~」。そういってお店のスタッフがお客様をスムーズにご案内できるよう声がけをしてくれるようになりました。
于さんの第一声がお店の活気へとつながります。

お店のみんなを動かそうとしてくれていることに感謝しつつ、そのうち于さんの得意分野の辛い料理などをメニューに取り入れていきたいなといろいろ考えているところです。
乞うご期待。

● 8月の季節メニュー
・海老とホタテの唐椒塩炒め(トウジャオイェンチャオ)1680円(税込)
夏はパンチのあるスパイシーな炒め物が一品ほしい、という思いでブラックタイガーと刺身用ホタテ貝柱を唐辛子、山椒、塩を効かせて炒めました。
写真は以下のURLに。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-08-01/#Anchor-81000
ビールにあう、夏向けの塩分の効いた唐辛子の後味は紹興酒の甘さともバランスのいい一品です。
辛い物大好きな調理スタッフ于さんのおすすめ料理です。

● 新型コロナウィルスCOVID-19による東京都の自粛要請について
再び緊急事態宣言が主要都市各地で出される事態となってしまいました。

営業に関しては東京都の要請にしたがい、1日から閉店時間を22時に短縮いたします。
ディナータイムのラストオーダーについては21時30分とさせていただきます。

引き続き、白龍トマト館では2階席に関しては普段の7卓を平日ランチタイムは5卓、ディナータイムは4卓、換気とアルコール消毒を積極的に行い、密を避けて感染を広げる源とならないよう努力をしてまいります。
二階の様子はこの通りです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-08-01/#Anchor-81500

テイクアウトも引き続き品数を絞ってご提供をしています。テイクアウト用のメニューはこちらでご覧いただけます。ページの下の方をご覧ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/covid19/

店内のお客様が多い場合はテイクアウトのご注文を即時にお受けできないこともございます。また土日は混雑が予想されるので、テイクアウトをご希望のお客様は、なるべく前日までにご予約下さい。

不便を強いられる状況ではございますが、少しでも守られた形でお食事を楽しんでいただきたいと切に願います。

・平日
お昼 店舗営業は11時30分~14時20分(L.O.)
テイクアウトのご注文受付は10時30分から
お引渡しは11時40分から

夜 店舗営業は17時~21時30分(L.O.)
テイクアウトのご注文は営業日の18時まで
*15時から16時40分までは休憩とほかの業務があるのでお電話に出れないことがございます。

・土日
お昼 店舗営業は11時30分~14時20分(L.O.)
テイクアウトは前日までにご予約下さい。
夜 店舗営業は17時~21時30分(L.O.)
テイクアウトは前日までにご予約下さい。

お弁当のご注文が多い日などは開店時間が30分後にずれる場合がございます。ご予約なしで開店時間にご来店なさる場合は当日お電話でお問い合わせくだされば、その日の状況をお知らせいたします。
白龍トマト館 電話番号 03(5988)7330

● ホワイトドラゴン祭り開催します
白龍の名前からつけたホワイトドラゴン祭りは毎年迎える開店記念の8月に2回に分けて行うサービスキャンペーンです。

・第一弾 6日~9日(木~日)の4日間
恒例の割れむき栗を店内でお食事のお客様、テイクアウトをご利用のお客様に差し上げます。(デザートのみのご利用はサービス対象外です)
カウチポテトならぬカウチ甘栗はいかがですか。外出制限を余儀なくされたイライラをおやつでおさめる身体の糖分補給にお役立てくださいw。

・第二弾 26日~30日(水~日)
限定 30食 フカヒレ姿煮込み(品切れ次第終了)
丼&麺 各2200円(税込み)                                           

昨年のご要望に応え、この度のキャンペーンは「丼&麺」でご提供いたします! 定食もいいけれどフカヒレの姿煮を食べた後のタレまで残すことなく食べたいので「フカヒレ姿煮丼にしていただけませんか?」というご要望がありました。丁寧に仕込んだスープで煮込むフカヒレはタレがとっても美味しいので、私たちも「お皿がピカピカになるまで食べていただけたらとっても嬉しいな」ということで、今回は「フカヒレ姿煮丼」と「フカヒレ姿煮タンメン」をご提供させていただきます。

フカヒレの姿煮込みは通常のご予約では3300円(税込み)で提供しているものです。
そして、メルマガ会員の皆様には事前にキャンペーンのご予約をいただくと、2020円(税込み)で提供させていただきます。ご予約いただく際には「8月のメールマガジン読んだ」とスタッフにお知らせの上、フカヒレの枚数をご予約下さい。この時期に是非ご賞味あれ♪

● 8月の営業日のお知らせ
今年8月は月曜定休日に加えて、火曜日のランチタイムをお休みとさせていただきます。
今後しばらくは新型コロナウィルスの状況を見て、火曜日は夜17時からの営業に変更いたします。

このたび10日(祝月)についても定休日通りにお休みをすることにいたしました。
ふだんは祝日月曜は営業し翌火曜日に代休をいただくスタイルですが、仕入先業者もお盆休み期間はお休みのため生鮮食品を店内で保管しきれないということがお休みをいただく理由のひとつにあります。

働き方改革がすすんで仕入れ先の業者のほとんどがしっかりと連休をとるようになりました。
白龍もこのさき祝日月曜を営業するか、定休日どおりにするかについては検討を重ねたいと思います。

まずは連休中のお食事を10日(祝月)に予定されていたお客様、毎週火曜日のランチタイムに来てくださっていたお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

HPに営業予定カレンダーがございます。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2020年9月1日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

インスタグラム
https://www.instagram.com/hakuryutomatokan/

幸運の白龍 No.0168 20.07.01

幸運の白龍_________No.0168__20.07.01
    https://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 助走
● 7月の季節メニュー
● 新コロナウィルスCOVID-19への対応
● メルマガ会員様へ7月のサービス
● 7月の営業日のお知らせ

● 助走
昨年に比べ梅雨らしい天候に恵まれているような気がします。今年は雨上がりに大きな虹も3回くらい見ることができて、マスクを外して天を大きく仰いだら気持ちよかったなあ。
先日テレビのバラエティー番組を主人と見ていて、四字熟語であったり歴史上の人物を答えたり、世界遺産の質問だったりと、私はだいたい5問中1つくらいしか答えられないクイズ番組の中で唯一ほぼ答えられたのが農作物のクイズでした! ズームで拡大された野菜の断面で何の野菜か当てるクイズ、それから国産の供給が輸入より高い農作物、産地などなど\(^_^)/。
毎日買い出ししていれば旬はもちろんのこと産地とか結構頭に入っているものだなと、こればかりはドヤ顔でした。

さて、買い出しして食べるばかりで家庭菜園などはからきし苦手なのですが、いま白龍トマト館の玄関前に「茄子」「きゅうり」の苗がぐんぐん育っております。
誰が植えたのかというと、調理人シノさんの友人がお店を心配してきてくれた際に、「お庭があるのになんにも生命がなくてさみしいじゃない。何か植えようよ」と言って雑草を抜き土を買ってお花と苗を植えてくれたのでした。
私が水やりの時間を忘れるし出来ないだろうからと、ホールベテランスタッフKさんに水やりを任命していきました。
律儀なKさんは朝の清掃の際にきちんと水やりをしてくれています。
そうして少し大きくなった一週間後に友人が餃子づくりを手伝いに来てくれたのですが、(友人は調理人です)シノさんに「茄子とキュウリの成長どうよ? 早いでしょ?」と言ったら、シノさんは「?」の顔。
聞いたら「植えたの知らなかった」ですって。
友人は「俺がよかれと思って買いに行って土いじりして植えたの見てなかったの!」といたく憤慨しておりました。
まあ、梅雨も順調に雨を降らせ、Kさんの監督のもとでシノさんの興味を引く大きさに育つのも近いに違いありません。
キュウリ漬けやナスニンニクオリーブ炒めにできる日がくるかな?(お店には出しませんのでご安心ください)

庭先に花が順番に咲いて、野菜の苗はぐんぐん成長する姿にちょっと心が明るくなりました。
目が回りそうな数か月でしたしまだまだ助走の段階ですが、今、シノさんの友人をはじめ、身近ないろんな親しい仲間ができることはするよと言って助けてもらっています。
一年近く、調理スタッフとしてお店に貢献してくださった若手のT君も独立に向けて白龍を6月末で卒業いたしました。
大将もいなくなっちゃったししばらくは最小人数でお店を営業する覚悟をしなくちゃいけないかな、と話していたところで新しい調理スタッフを迎えることができました。中国籍の方で、物腰のやわらかなベテラン料理師です。
オープンキッチンで月が明けたら突然違う調理スタッフが目の前にいたら当然びっくりなさいますね。
同時に不安でもありますよね。
実は私も不安です(笑)。でも、少し一緒に働いてみて2回目には「この方にきてほしいな」と思えたのでよし!という前向きな気持ちでもあります。
新しいチームで走るのはこれからですが、お店のオリジナリティーへの理解を深めながら、スタッフ皆の個性を引き出しあって、お客様に喜んでいただけるよう、心意気はかわらぬ白龍トマト館でありたいなと思います。
沢山の方に心配の声や温かいメッセージをいただき、今は友人知人や身内も巻き込んで皆さんに助けてもらっている状況ですが、善意を無駄にせず、この助走からスピードに乗れるよう頑張ります。
そんなわけで、7月もどうぞよろしくお願い申し上げます。

● 7月の季節メニュー
・鮮魚と夏野菜の泡辣椒炒め  1390円~税込み(鮮魚の価格により変動) 
泡辣椒(パオラージャオ)は赤トウガラシを白酒(バイチュウ)と塩を使って発酵熟成させたもので、普通の唐辛子で炒めるよりも香り高い旨味のある辛さを出すことができます。本場中国では川魚の調理に多く使われるということですが、淡白な白身魚や青魚にも合い、苦みのあるゴーヤとの相性もとてもいいです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-07-01/

● 新コロナウィルスCOVID-19への対応
緊急事態宣言が段階的に解かれてひと月が経とうとしています。第二波の予兆があるのかな?と心配させるような感染者の数をニュースで追う日々に慣れていくことは仕方ないのですが、営業に関してはとても悩ましいですね。
引き続き、白龍トマト館では2階席に関しては普段の7卓を平日ランチタイムは5卓、ディナータイムは4卓、土日は終日4卓に減らしたままで営業いたします。
土日の賑わいがありがたいと思う一方で、コロナの終息に向けたこの時期としてはピーク時の密度が濃いなと感じたので、ソーシャルディスタンスをとるために7月も様子をみながらこのような形で営業してまいります。
二階の様子はこの通りです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-06-01/#Anchor-80600

7月よりテイクアウトは品数を絞ってのご提供とさせていただくことにしました。店内のお客様が多い場合は即時にお受けできないこともございます。また土日は混雑が予想されるので、テイクアウトをご希望のお客様は、なるべく前日までにご予約下さい。
お客様とスタッフを最低限感染から守るため、引き続きこのような選択をさせていただきました。ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

営業時間を変更いたします。お昼は普段の営業時間に戻します。夜についてはもう少し様子を見ます。

平日
お昼 11時30分~14時20分(L.O.) テイクアウトのご注文受付は10時30分から お引渡しは11時40分から
夜  17時~21時30分(L.O.)テイクアウトのご注文は営業日の18時まで
*15時から16時40分までは休憩とほかの業務があるのでお電話に出れないことがございます。

土日
お昼 11時30分~14時20分(L.O.) テイクアウトは前日までにご予約下さい。
夜  17時~21時30分(L.O.) テイクアウトは前日までにご予約下さい。

お弁当のご注文が多い日などは開店時間が30分後にずれる場合がございます。ご予約なしで開店時間にご来店なさる場合は当日お電話でお問い合わせくだされば、その日の状況をお知らせいたします。
白龍トマト館 電話番号 03(5988)7330

● メルマガ会員様へ7月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、店内でお召し上がりいただいた方に、1グループにミニ杏仁豆腐を2つまでお付けします。スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

● 7月の営業日のお知らせ
今月も引き続き、月曜の定休日と火曜日に2連休をいただきます。
また、本日の配信日も含めて明日2日(木)まで連休をいただいております。
営業していた曜日をお休みに変更するのはとても気が引けますし、お客様にも先代にも申し訳ない気持ちになりますが、昨年後半から餃子やエビ巻き揚げの人気メニューが仕込みの関係で提供できないことが多く、ご来店時やテイクアウト注文でずいぶんとご迷惑をおかけいたしました。開店せず仕込みの時間を取るか、人気メニューの仕込み数を減らしても開店するか、どちらをとるかの選択の結果このようにいたします。
人気のメニューはなるべく多くのご要望に応えられるようにしたいので、現在人手を募りながら火曜は仕込みをしております。そのうち火曜の夜は営業できるようにしたいと考えております。
以前よりはテイクアウトとの両輪に慣れてきましたが、新しい調理スタッフを迎えることになり、準備期間に少し時間をいただきます。ご容赦下さい。

電話でのお問い合わせは 03(5988)7330 にお願いします。

HPに営業予定カレンダーがございます。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2020年8月1日(土)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

インスタグラム
https://www.instagram.com/hakuryutomatokan/

幸運の白龍 No.0167 20.06.02

幸運の白龍_________No.0167__20.06.02
    https://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● コロナで散歩
● 6月の季節メニュー
● 新コロナウィルスCOVID-19への対応
● メルマガ会員様へ6月のサービス
● 6月の営業日のお知らせ

● コロナで散歩
こんにちは、キタです。

新型コロナウィルスのせいで、江古田のあたりを、時間をかけて散歩するようになりました。

以前も散歩はしていたのですが、特にそれが楽しい訳でもなく、仕方ないので散歩していたという感じでした。ところが新型コロナウィルスのせいで自粛生活をし、じっと家にこもっていると特にやることもなく、最初は鬱々としていたのですが、健康のためにと思って外に出ると、なぜか散歩に意義というか、意味というか、喜びのようなものを感じるようになりました。

なぜか道ばたに、アスファルトの隙間から咲いている花を見つけると「おぉ」と思うような心境になったのです。おかしいですよね。幼い娘がスキップするだけでうれしくなったり、「パパー」と叫ぶ子供の声を聞いただけでウルッとしたりします。

そういう僕は、興味のある新しいお店の前に立つと「入ろうかな」と思いつつ、つい先延ばしになったりしていました。最近では「テイクアウトやっています」なんて小さなボードが出ていたりするので、買って帰って試食してから、ゆっくりそのお店に行こうかどうかを考えるようになり、新しいお店の開拓が進むようになりました。もちろんアタリとハズレがあるものです。ハズレのあるおかげで、アタリの輝きが増すものです。

そんな話を白龍の二階で「夏野菜の甘酢ソース和え」と自家製スパイシーレモネードをいただきながら話していたら、奈々子さんも「テイクアウトのおかげで、それまで知らなかった味に出会える」とおっしゃっていました。
写真
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-06-01/#Anchor-80000

今年も「とうもろこしと豚挽き肉のレタス包み」の季節です。いつもの年と同じようにおいしい「とうもろこしと豚挽き肉のレタス包み」がでてくるのでしょう。でも、新型コロナウィルスのおかげで、もう去年と同じ「とうもろこしと豚挽き肉のレタス包み」ではないような気がします。作り方も味も、理屈的には去年と変わらないものだと思います。でも、環境の変化によって受け取る僕が変わったような気がするのです。

毎年変わらず同じ味を提供し続けることの価値。そんなことをじんわりと感じるのです。

野菜の作り方も、家畜の育て方も、流通経路も変化していく世の中。そういう世界の中で「同じ味」は、本当はもうあり得ないのかもしれません。それを続けるためにはお客様の見えないところで、飲食店のみなさんは走り続けなければならないのかもしれません。

夏野菜も、年々新しい夏野菜が登場し、そのたびに味わい、それが当たり前になっていました。いままでの夏野菜が同じように登場するのも、新しい夏野菜が出てくることも、いろんなひとのいろんな努力の結晶です。そんな当たり前のことをジワッと感じるようになりました。

白龍トマト館の味は、普通の中華料理店の味とは違い、たった一店でそれを守り続けるところにその凄さがある。それがわかるから、また通ってしまいます。

テイクアウトオンリーで営業をしていた頃、「ぜったいやめないでね」とか「白龍トマト館がなくなったら食べにいくとこなくなっちゃうから」といって、予約してくださった方が多かったとか。「とてもありがたいことです」と奈々子さんはおっしゃっていました。

この世界は、些細な善意でまわっているのかもしれません。地球が自転や公転しているエネルギーと、僕たちが生きて「あれが好き」とか「こうしたい」とかいうエネルギーは、根本をたどっていくと、みな同じものなのかもしれません。

そう考えると、目の前の「夏野菜の甘酢ソース和え」をひと口 パクッと食べることも、奈々子さんが僕の馬鹿話にニコッと笑ってくれることも、この世界を動かしているエネルギーなのかもしれません。

新型コロナウィルスのおかげで壮大な妄想を抱えるようになりました。これはウィルスのおかげかもしれませんが、もともと身の回りにある、ありとあらゆるものが、そのように僕たちに関わってくれているのかもしれません。そう考えると日々の喜怒哀楽もきっと、銀河系を回転させるエネルギーとなっているのかも。関係ないかもしれないけど、些細な関係はきっとある。太陽が輝いているのは、太陽の勝手かもしれないけど、そのおかげで地球上の生命は生きることができる。朝日を浴びて立ち上がるミーアキャットの姿を見て、宇宙開発の励みとする人がいるように。うちでゴロニャーとしてくれる猫がいるおかげで、明日もハードな仕事をできる人がいるように。「風が吹けば桶屋が儲かる」は、案外深い教えなのかも。

キタでした。
「夏野菜の甘酢ソース和え」と自家製スパイシーレモネードの余韻とともに、またいつか。

● 6月の季節メニュー
・夏野菜の甘酢ソース和え 630円(税込)
ナスとカボチャを素揚げして、ズッキーニ、パプリカなどをさっと炒め、カレースパイスの香る甘酢をからめてミョウガとパクチーを加えます。日によって夏野菜は旬のものに変えて行きますので、ご注文の際にはお聞きください。ビールや紹興酒のお供に、前菜やサラダ代わりにいいでしょう。
写真
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-06-01/#Anchor-80300

・とうもろこしと豚挽き肉のレタス包み 1420円(税込)
白龍トマト館の人気メニュー。この季節になると毎年頼んでいただくご贔屓様が多いです。
詳細と写真はこちらに。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/menu-seasonal-cornandpork/

● 新コロナウィルスCOVID-19への対応
長い緊急事態宣言もようやく終わり、段階的収束に向かっています。第二波第三波の可能性があるともいいますが、それはそれ、起きたときに考えましょう。

白龍トマト館は今日も元気に営業中です。ただし、カウンターの席数は減らしています。二階の卓数は普段の7卓を4卓で営業いたします。
二階の様子はこの通りです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-06-01/#Anchor-80600

平日のテイクアウトは継続いたしますが、土日は混雑が予想されるので、テイクアウトをご希望のお客様は、前日までにご予約下さい。

お客様とスタッフを最低限感染から守るため、緊急措置としてこのような選択をさせていただきました。皆様にはご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

営業時間
平日
お昼 12時〜14時(L.O.)
夜  17時〜21時(L.O.) ただしテイクアウトのお申し込みは19:30まで。

土日
お昼 12時〜14時(L.O.) ただしテイクアウトは前日までにご予約下さい。
夜  17時〜21時(L.O.) ただしテイクアウトは前日までにご予約下さい。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。日毎に対応を変えることもございます。最新情報をこちらでお読みください。またはお電話でお問い合わせください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/covid19/
白龍トマト館 電話番号 03(5988)7330

● メルマガ会員様へ6月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、店内でお召し上がりいただいた方に、1グループにミニ杏仁豆腐を2つまでお付けします。スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

● 6月の営業日のお知らせ
普段通り、月曜は定休をいただきます。
6月30日(火)は臨時休業とさせていただきます。
6月9日(火)、または16日(火)にもお休みをいただきます。どちらかはっきりしたらカレンダーやBlog、facebook、twitter、インスタグラムなどで発表いたします。
普段の店舗営業に加え、テイクアウトと両輪でやって来ましたが、店舗運営のやり方や店員同士の打ち合わせなど、休みなく続けている状態なので、時間がどうしても必要になりました。ご容赦下さい。

電話でのお問い合わせは 03(5988)7330 にお願いします。

HPに営業予定カレンダーがございます。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2020年7月1日(水)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
https://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

インスタグラム
https://www.instagram.com/hakuryutomatokan/