幸運の白龍__________No.0177_21.04.01
    https://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● コロッケ
● 4月の季節メニュー
● 新型コロナウィルスCOVID-19に対するお店の感染予防策について
● 今月の会員様特典
● 4月の営業日のお知らせ

● コロッケ
「イモッケよ」とまかないを食べながらママさんがいう。
「何? それ」と私が隣で尋ねると「これはお芋ばっかり入ってるからコロッケじゃなくて芋ッケ」
面白いこというなぁと感心しながら、そもそもコロッケってどういうのダッケ?

検索をしました。
コロッケとは、ジャガイモを茹でてつぶし、そこに牛豚の合いびき肉とみじん切りの玉ねぎを混ぜ、成型したものに衣を付けて揚げたフライ。
ふむふむ。
由来はフランスのクロケットという食べ物で、どちらかというとジャガイモを使わないクリームコロッケがクロケットに近いそうだ。
世界各国に広まる時に材料や形を変えて派生していき、日本ではオランダ風に味付けされたクロケットが洋食のコロッケとして広まったとか。
云々かんぬん、ふむふむふむ。

ところで、食べ慣れているコロッケは、昔から馴染みのお肉屋さんから特売日に買ってくるコロッケで、つぶしたジャガイモがそのほとんどを占めています。
その中に、ひき肉のつぶつぶと超微塵の玉ねぎが少し感じられて、ソースがなくてもいいというくらい甘めのしっかりした味付けが家庭的で、私は結構好きなのです。
そのお店のコロッケは時々人から頂くこともある人気商品です。

でも、家庭で作られるコロッケは、手間暇かけて作ってもさほど感動されないとネットの記事にありました。
悲しいことになんだかわかります。

ジャガイモをゆでてつぶして冷まして、具を混ぜて味付けするのに小一時間かかっても、結局丸められて衣で包まれてフライになってしまう。
苦労してやっと作っても、評価は揚げ方が上手くいったかどうかに集中してしまいがち。
うちで作ったコロッケは揚げたてならもちろん美味しいけれど、市販の味付けの濃いコロッケは冷めてもよくて、夜中に冷蔵庫からこっそり出して温めずに食べるのが妙にうれしい。
だから市販のものが売れるのかもしれません。

とはいうものの、料理全般、温かいものをみんなで食べるのが、つくづくいいと思います。

最近は母と主人と私の3人でご飯を食べることが多くなりました。
少し歳をとった母を休ませるため、私か主人がパンをトーストしたり、肉を焼いたり野菜を炒めたり、スープをよそったりします。
作っている人間が残りの2人に「熱いうちに食べよう」というものの、何品か作ると作った本人がテーブルに着く頃にはどれかは冷めています。
お鍋ならみんながアツアツのを食べられるけど、いつもお鍋というわけにはいきません。

ここ1年白龍では、テイクアウトの需要があってほとんどの品物を持ち帰れるようにしました。うちでもテイクアウトのお料理を買ってきますが、誰かが必ず準備にお料理を温めたり、お皿を出したり、買ってきた食材のパックを捨てに行ったりしています。
誰の手も煩わせないでいただきます出来ることが外食の良さのひとつなんですよね。
みんなで一緒に同じ温かさのものが食べられますし。
そういうふうにお役にたてている仕事なんだと再認識すると、外食の規制営業時間が午後8時から9時に1時間延びて、以前よりゆとりができ、食べるお客様も作る私たちも少し顔が穏やかになった光景がとても幸せに思えます。

まだまだ気の向くまま自由に外食というわけには行かないけれど、この1年、変化を強いられた食事時間の過ごし方を振り返り、これからも大切に仕事をさせていただこうと思った春なのでした。

● 4月の季節メニュー
・鶏むね肉と春野菜の塩炒め 1,100円~1,300円(税込価格)
4月1日~中旬くらいまで
鶏むね肉はしっとりやわらか。やさしい塩味の炒め物です。
春野菜にはスナップエンドウや長芋、これからの季節はアスパラガスや新筍など入ることがあります。
仕入れた春野菜の種類によって、価格は1,100円から1,300円の間で変動いたしますのでご了承ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/21-04-01/#Anchor-84000

・クレソンと生姜、アサリを入れたタンメン 1,300円(税込)
4月中旬~5月末くらいまで
昨年は自粛要請でテイクアウト中心だった時期にあたり、季節麺はお休みしていました。
活アサリも旬となり、身もふっくらして甘みがましますね。
タンメンスープになじんでゆくクレソンのほろ苦さが美味しく、店主も大好きな季節のタンメンです。
ご賞味ください。

● 新型コロナウィルスCOVID-19に対するお店の感染予防策について
営業時間は都の短縮要請に従っておりますが、3月24日(水)から閉店時間が21時に変更となり、以前より1時間ゆっくりと召し上がっていただけるようになりました。
お食事のラストオーダーは20時30分です。(混雑のためお料理の提供に時間がかかる場合はラストオーダーの時間を早めることがあります)
アルコールの提供は20時までとさせていただきます。
白龍トマト館では引き続き席数を減らし、感染防止対策をしながら営業いたします。
新型コロナウィルスCOVID-19へのお店での対策はホームページに記してある通りです。ご覧ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/covid19/

● 今月の会員様特典
店内で食事をされるひとグループ様にはお好きな中国茶をポットサービスでお楽しみいただけます。
4月からお食事に合う中国茶をポット提供で3種類ご用意しました。各290円(税込み)でメニューに載せることにいたします。
こんなメニューです。エノさんに作ってもらいました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/wp-content/uploads/2021/03/chinesetea.pdf
はじめに会員様に知っていただこうと思い、今月はお好きな中国茶をポットでサービス提供させていただきます。
ジャスミン茶、プーアール茶、鉄観音ウーロン茶のなかからお選びください。
イメージ写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/21-04-01/#Anchor-84500
ご注文の際にはスマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

● 4月の営業日のお知らせ
先月もお知らせしておりますが、4月中に自動換気システムの工事を着工する予定で話はすすんでおります。
ただ、工事日がまだ決まっておりませんので、今月お知らせする営業日程は急遽変更となる場合がございます。
決まり次第、カレンダーにUPいたしますので、ご確認の上お越しくださいますようお願い申し上げます。
またはお電話にてお問合せください。
HPに営業予定カレンダーがございます。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2021年5月1日(土)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
https://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
https://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

インスタグラム
https://www.instagram.com/hakuryutomatokan/