幸運の白龍 No.0170 20.09.01

幸運の白龍_________No.0170.20.09.01
    https://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 夏の終わり
● 9月の季節メニュー
● 新型コロナウィルスCOVID-19に対するお店の感染予防策について
● 今月の会員様特典
● 9月の営業日と連休、その他お休みのお知らせ

● 夏の終わり
気がついたらもう9月です。
8月は一年の中で最も人の移動があるはずのお盆休みの帰省や旅行も我慢されて、例年とまったく異なった過ごし方をされた方も多いのではないでしょうか。

白龍トマト館の夏はというと・・・例年ならばお盆期間の営業の混雑に備えて、帰省や旅行など予定の多い学生スタッフの出勤シフトを確保するため奔走したり、まとまった仕入れの計算にピリピリしたりするのですが、オリンピック開催のために設定された連休がとても大型だったこともあり、ご来店のお客様も分散されたようです。ほぼ平常どおりの営業となりました。
繁忙期を迎える高揚感としては物足りない感情と、猛暑の中のマスク着用の疲労感が残る夏でしたが、ホワイトドラゴン祭り第2弾で提供した「フカヒレ姿煮タンメン&フカヒレ姿煮丼 限定30食」がご予約だけでキャンペーンの始まる26日までに完売することができたのはとても嬉しかったです。
「完売御礼」の札を張りたいよね、とスタッフと意気込んでいたのでその目標が叶いました。
ありがとうございます。

今年は隣の公園の蝉の声がひときわ盛大に聞こえました。
耳を傾けるゆとりがあったからなのか梅雨の長雨で待機していた蝉たちが一斉に産声をあげたのかわかりませんが、換気で開けている窓から時々入ってきそうになる蝉をベテランスタッフKさんがほいほいと外に追いやっていました。
蝉は揚げると美味しいらしいですね。
羽をとって身だけをからりと揚げ、濃いめのスパイスを絡めて食べるらしいです。
食べる習慣がないので自ら進んでは口にしませんが、イナゴの佃煮と焼酎に入っていたスズメバチのから揚げは食べたことがあります。
イナゴはあの甘辛い味付けがあるから結構おいしく食べられるという感じで、ごはんに乗せて食べた記憶がありますね。
蝉はどう美味しいのか食べたことのあるひとに聞いたけれど、私はちょっとトライできないなあ。
でも、魚の目が怖いといってアミの塩からやアジの塩焼きなども食べられないというひともいますよね。
おいしいおいしいと言って普段口にしている人は、魚の目なんか気にも留めていないでしょう。
目玉の周りにはDHAが多いと言って煮つけにされたら好んで食べたりもします。
すべては食習慣とか、食材に対する偏見やイメージの違いなんでしょうね。

最後に、この夏の地元の一大ニュースをひとつ挙げたいと思います。
8月31日をもって練馬区で94年の歴史に幕を閉じた「としまえん」。
最後には盛大に花火が打ち上げられ、訪れた人たちが思い思いに堪能した映像がYOUYUBEなどで生配信されました。
平野が小学生のころはよく行きました。友達も含めてクラスメイトはほとんど、「木馬の会」というとしまえんの年間パスポート会員で、夏は「流れるプール」で遊び倒し、毎週土曜日に打ち上げる花火がとてもたのしみでした。
としまえんに行かない日も自宅のマンションのベランダから精いっぱい身を乗り出すと、打ち上げられた花火の輪が小さくてもはっきりと見えて、少し遅れて聞こえるパ..パパンという音。
マンションのベランダから見るわくわくする景色は、真夏の雷雨ととしまえんの花火でしたね。
時代とともに娯楽が変わり、遊具だけでなくキャラクターを売りにする大型施設も増えて、としまえんの花火は月一回になり、そのうちなくなってしまいました。
そして成長した私も遊園地を卒業してとしまえんは近くても記憶に遠い存在になってしまっていました。
お子さんのいらっしゃる、調理スタッフの于(う)さんや、小学生のお子さんをもつパートスタッフの間では、最近までとしまえんはお子さんがディズニーランドよりも好きと言って、気軽に行ける遊園地だったそうです。
昨日、子供のころに沢山お世話になったとしまえんから盛大に上がる最後の花火を、ベランダからでなく観客の誰かが配信したYOUTUBEの映像で見ていました。
閉演を惜しむようにこれでもかと休みなく打ち上げ続けられた花火は、演出がなくシンプルなせいかかえって盛大に感じられ、フィナーレを飾るような大玉花火がひたすら打ちあがっていました。途切れない花火の音からは、園からの精いっぱいのありがとうが連続して聞こえてくるようで、撮影している方たちの歓声とともに、ちょっと涙してノスタルジックな気持ちに浸りました。
実家のマンションから、身を乗り出したら今もみえたのかな?
冷めた料理より湯気立ち昇る出来立ての料理が格別なように、どんなにいいカメラワークでも生で見る花火の臨場感には追い付かない感情があります。
早く、人々が心置きなく集まってエンターテインメントや食べたり飲んだり出来る日が戻ってくるよう願うばかりです。
まだまだ残暑厳しい日も続きますが、皆様もお体ご自愛ください。

● 9月の季節メニュー
・黄ニラとホタテ、海老の塩炒め 1680円(税込)
先月は海老とホタテを使った料理が好評でした。スパイシーな味付けが夏向きで食欲をそそったのかもしれません。
今月は味付けを変えて、塩炒めでご提供いたします。
広東料理定番の上品な色合いの炒め物です。
・イチジクと鶏レバーの黒酢ソース炒め 1390円(税込み)
 ※店内のおススメメニューに書いてある時のみ提供
時々この時期に登場させてきた果実とお肉を合わせた白龍オリジナルの炒め物です。
イチジクのほどよい実の柔らかさは炒めることで黒酢ソースにしっとりとなじみ、鶏レバーともなかなか相性がよいのです。
イチジクとレバーの他に入る食材はキノコ類のほかその時々で変わる場合がございます。
写真に載っている食材とは限らないのでご了承ください。
こちらのメニューはイチジクを仕入れたときにご提供いたします。
このメニューのためにお越し下さる場合はお手数ですがお電話にてご確認ください。
写真はこちらに。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-09-01/

● 新型コロナウィルスCOVID-19に対するお店の感染予防策について
新型コロナウィルスCOVID-19へのお店での対策はホームページに記してある通りです。ご覧ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/covid19/

● 今月の会員様特典
ご来店にてお食事いただいたひとグループ様に2つまでミニ杏仁豆腐を差し上げます。
ご来店いただいた全員が会員様というグループには申し訳ないのですが
手作りのデザートには限りがございますので、2つまでのサービスとさせていただきます。
その代わりと言ってはなんですが、9月のあいだ毎日ご来店いただいても特典をご利用いただけるようにいたします。

● 9月の営業日と連休、その他お休みのお知らせ
1日㈫はお休みをいただいております。
9月は14日㈪~16日㈬の三日間、遅めの夏休みををいただきます。
19日~22日の間の営業日ですが、21日(祝日月曜)は営業いたしますので皆様のご来店をお待ちしております。
代休として22日祝日㈫にお休みをいただきます。
22日祝日(火)にご来店を予定されていたお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
9月も引き続き火曜日については夜5時からの営業とさせていただきます。
したがって8日・29日の火曜日が夜17時からの営業となります。
ここ数ヶ月間、営業日にたびたび変更があり皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ありません。
早く新型コロナウィルスを乗り切って、皆様に喜んでいただけるように営業できることを願っています。

HPに営業予定カレンダーがございます。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2020年10月1日(木)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

インスタグラム
https://www.instagram.com/hakuryutomatokan/