幸運のおまけ ♪ No.0040 15.05.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0040__15.05.15
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第40回 セロリ漬けと大豆もやしの奇跡

おはようございます! ふうです。

先日、白龍トマト館のカウンターに座って
マンゴーと牛肉の甘酢炒めにご飯をいただき、
お漬物の二点盛りにセロリ漬けと大豆もやしを選んで食べていました。
マンゴーと牛肉の甘酢炒めの写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-05-15/
この季節になると登場するマンゴーと牛肉の甘酢炒めは
はじめて食べたとき「おいしいのかな?」と
実はちょっと心配だったのですが、
一度食べて病みつきになりました。
奈々ちゃんは「甘いマンゴーをおかずにご飯食べられる?」と
心配していましたけど、ふうは大好きです。
マンゴーの甘さと牛肉の味が絶妙にマッチして、
甘酢の塩っぱくて酸っぱくて甘いソースが絡んで
一緒にご飯を食べると、あまりにも美味しくて
いつもおかわりしたくなります。
それにセロリ漬けのコリコリと大豆もやしのシャクシャクが
素敵なハーモニーを奏でます。
「おいしいなぁ」と思っているとき、
奈々ちゃんが隣の席に座っていた女性を紹介してくれました。
「ふうちゃん、榎本さんに会ったことあったっけ?」
そう言われ、顔を見ると確かにどこかで会ったような気がします。
でも、いつどこで会ったのか思い出せません。
「セロリ漬けと大豆もやしを食べる映像に出ていた榎本さんよ」
思わず「あーっ」と言ってしまいました。
この映像です。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/movie/celeryzuketodaizumoyashi/
それでびっくりなお話しを聞きました。
あの映像は10分で終わるように食べてくれと頼まれて
一生懸命食べたそうですが、
10分では終わらず、15分以上かかり、
前編と後編に分かれています。
榎本さんは必死に食べたそうですが、
普段のんびりと食べるそうで、とっても大変だったとか。
確かにそう言われて映像を見ると、モグモグと
休むひまなく食べています。
ここからが奇跡のお話です。
あの映像をご覧になったあるお客様が、
榎本さんが必死に食べているのを見抜き、
「あの食べっぷりに感動した」と言い、なんと
「今度あのセロリ漬けと大豆もやしを食べていた女性が来たときに
プレゼントしてくれ」と紹興酒を一本ボトルキープしたそうです。
すご〜い。
それで、奈々ちゃんは女性が一人でも楽に食べられるように
お漬け物の二点盛りをメニューに入れたのだとか。
その話しを聞いたとき、ちょうど二点盛りを食べていたこともあり、
あの映像がそんな素敵な物語を生み出していたなんてと、
ふうは感激してしまいました。
実は榎本さんは、白龍のメニューをずっと作っている方だとか。
あのなんか知らないけどやたらと美味しそうな文字を書いていたのが
榎本さんだったんですね。
新しいメニューの打ち合わせに来ていたそうで、
もうすぐその新しいメニューが白龍トマト館で使われるのだとか。
デザインやお料理の配列などふたりでいろいろと相談していました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-05-15/
何気なく見ていたメニューにも、こんな苦労があったなんて知りませんでした。
新しく登場するメニューが楽しみ。
ふーは最後にマンゴーババロアをいただきました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-05-15/
「マンゴーと牛肉の甘酢炒め」のマンゴーと
「マンゴーババロア」のマンゴーは、そのときどきによって
二種類のマンゴーを使い分けているそうです。
食材はもちろん、メニューにもこだわりのある白龍トマト館の姿勢に
ふうはまたまた惚れ直しました。
奈々ちゃん男前、かっこいいー。

ふうでした、またね~♪

「*次回の配信は2015年6月2日(火)を予定しております。
 配信エラーにより届かないことがございます。
 配信日を過ぎても配信のない場合は
 info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook「白龍トマト館」
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0099 14.10.01

幸運の白龍__________________________No.0099__14.10.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● 栗拾いに思いを寄せて
● 10月の季節メニュー
● メルマガ会員様特典
● 忘年会、大小ご宴会承ります
● 10月の営業予定のお知らせ

● 栗拾いに思いを寄せて
金木犀の香りがふんわりと鼻をくすぐり、
こころを穏やかにさせてくれます。
季節の花や食材からも季節感をたっぷり満喫できておりますが、
もうひとつは毎年マクドナルドの期間限定商品
「月見バーガー」のCMを見ると
「ああ、もう秋だなあ」と思う平野です。
今年このCMで出てた彼女役の女の子、好きなタイプです♡
「月見バーガー」は私が学生の頃から秋限定の人気商品で、
当時はハマって学校帰りにお小遣いで買ったりしてました。
今も続いてるということはロングヒット商品ですねえ。
学校帰りに寄り道しちゃいけないって校則があったかもしれませんが、
出来るだけ学校から離れて友達とお別れするぎりぎりの駅の近くとかで
パフェ食べたりコーヒー飲んだりしておしゃべりするのが
ものすごく楽しかったなあ。
さて、こちらも秋の味覚代表のお話ですが
先日に九州から見事な栗を頂きました。
どれもぷっくら大粒なので2つの実の平らな部分を合わせて
「こうやって殻に入ってるんだね」とママさんと私で話していたら
自然いっぱいの大地で育ったシノサンが
「栗拾いした時、確か3つ入ってたぞ!」
と声を上げました。
「シノサン、庭で栗拾いしたんだ。いいなー」
とまずは栗拾い発言に反応するスタッフ。
シノサンが言うには
「手伝いでする栗拾いはめちゃくちゃ地味でつまんないよ。
 だって落ちてる栗の殻のイガイガを
 底の厚い靴で両足で挟んで広げるように割るわけ。
 その中の実を分厚い手袋で取り出して編みかごに入れる、、
 延々それだけの作業だよ」
ブドウ狩りなど果実のようにすぐに食べれる訳ではないし、
大して感動がなかったという話を「そうかそうか」と聞いても
未経験者にとってはただただうらやましく思える体験なんですよね。
「それでさ、一つの殻に3つってこんなに大きな栗でありえるのかな?」
とパズル合わせのように色んな粒を重ね合わせていたら
「これだ!ちょっと薄いのがあるからこれ真ん中だよー!」
って叫びながら食材百科事典を開いてさらに検証して納得しているシノサンと
「へえェ、ホントだ~」と感心するスタッフ達でした。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-10-01/
頂いた栗は栗の炊き込みご飯にしていただきました。
写真はこちら。
シノサンの思い出話に、仕事あとの秋の夜は更けてゆきます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-10-01/

● 10月の季節メニュー
牡蠣漁解禁!
「牡蠣とほうれん草のタンメン」1370円
が始まります。
例年通りであれば10月2日以降の市場に牡蠣が並ぶ予定です。
プリプリの牡蠣とほうれん草を香ばしく炒めてタンメンに贅沢に
のせました。タンメンのスープに馴染んだ牡蠣のエキスまで
味わえる御馳走タンメンを是非ご賞味ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-10-01/

● メルマガ会員様特典
会員のお客様にはワイン、焼酎、紹興酒のボトルが3%OFFの料金で
御注文いただけます。
このサービスは10月31日までご利用いただけます。
ご注文の際に今月のメールマガジンの配信画面をスタッフまでご提示ください。
会計時にレジにて清算いたします。

● 忘年会、大小ご宴会承ります
早いもので今年も残すところ3カ月。
そろそろ忘年会の日時や場所など計画を立てる
時期ですね。
白龍トマト館ではお食事3240円(税込)コースから
大小ご宴会のご予約を承っております。
飲み物代込み5400円(税込)コースもご用意しています。
少人数様ではお席のみのご予約でアラカルトのご注文にも
対応させていただきます。
お料理の内容やご予算などスタッフまでお気軽にご相談ください。

● 10月の営業日程のお知らせ
13日(祝月)体育の日は営業いたします。
翌日14日(火)には代休を頂きますのでご了承ください。
次号は11月1日(土)に配信されます。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

____________________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運のおまけ ♪ No.0036 14.05.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0036__14.05.15
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第36回 海を見る

おはようございます! ふうです。

先日、夜に白龍トマト館に行きました。
ちょっとビールを飲みたい気分だったんですね。
席に着いたら生ビールを即注文。
「ビールに合いそうなおつまみは?」
と聞くと、奈々ちゃんの目がキラーン。
「白海老の唐揚げがある」
WOW
これがビールに最高マッチ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-05-15/
パクッ、モグモグ、ゴクゴクッ、ブハーを何回かやって
あまりのうまさにあっという間に消滅。
胸につかえていたモヤモヤも消えてニコニコ状態。
人生幸せが一番。
もう一杯頼もうかなぁ?と思っていたら
奈々ちゃんが登場。
「お休みは何をしていたの?」と聞いたら、
ジュンツォさんとエプソン品川アクアスタジアムに
行ったというのです。
まだ行ったことないけど、なんかとってもいいところなんだって?
「そうなの。入口入るとまず大きな水槽がドーンとあるんだけど
 それまでお魚見て何が楽しいの?って感じだったジュンツォさんが
 ウワーッて口開けて見上げて感動して、動かなくなったのよ」
そんなに感動する水族館なの?
「んーっ、どうかしら。まあきれいはきれいだけど、
 あんなに感動されると連れて行った甲斐があるわよね。
 ジュンツォさんは普段チベットでは魚を食べないから、
 日本に来てはじめて魚を食べて、
 それを見るってことがどういうことかわからなかったみたい」
チベットには水族館もないし、
テレビ番組でも魚が泳いでいるような映像は
ほとんど見たことがなかったそうだ。
海も見たことがなかったという。
「あんなに感情をあらわにできるっていいなぁって思った」
そんなに感動していたの?
「そうなの。うわーって言って、そこから動かなくなったの。
 それにもうすぐ帰国するのよね」
ジュンツォさんが?
「そう。7月16日に帰国するんだって」
淋しくなるね。
「うん。なんかときどきいいこと言うのよね」
たとえば?
「わたしとかママさんがお店で何か悩んでいると
 人生は短いですから、真剣に悩んでも仕方ないです
 とかいうのよ。あっけらかんとしていいわよね。
 それから、このまえ鎌倉行ったときなんか、
 大仏様のキャンディを売っていたのね。
 それをおみやげに買って、
 なめない?ってジュンツォさんに聞いたら、
 私は仏教徒ですからやめときますって
 おかしいって思ったけど、筋が通っているわよね」
そういうのって、可笑しいけど引かれるね。
「うん。日本人は感情表現が乏しいから、
 ときどき何を考えているのかわからないことがあるって
 言ってたなぁ…」
確かにそうかも。
さっきまで私もモヤモヤしてたけど
そのことを誰にも伝えていなかった。
「さっぱりとしたおいしいもの何かない?」と聞くと
奈々ちゃんは
「ホタルイカとピーマン、クラゲ入りミニサラダがある」
というのでそれを頼みました。
これはビールよりも……と思い
「紹興酒をロックで」。
しばらくして出てきたミニサラダはこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-05-15/
テーブルにミニサラダを置いて奈々ちゃんは言いました。
「鎌倉行ったとき、江ノ電に乗って、
 ほら、海が見えるところあるじゃない
 あそこで、ジュンツォさんに
 ほら、海よって言ったら、
 ジュンツォさんね、窓に張り付いて
 これが海ですか?って、何度も聞くのよ。
 その感激のしようにこっちまでウルウルしちゃった。
 浜辺に降りたらさ、私はビール飲んでイカ焼きとか食べたけど
 ジュンツォさん浜辺で黄昏れていたのよね、ずっと」
そのときはハハハッと笑ったけど、なんかジーンとしてしまいました。
ホタルイカの苦味と、夏ミカンのすっぱさ、
そしてビールと紹興酒の酔いが
切ない雰囲気を増幅したようです。
ジュンツォさんに会いたい人は、
7月初旬までには白龍トマト館に行ってください。

ふうでした、またね~♪

追伸
奈々ちゃんがこっそり
白龍トマト館のフェイスブックページを作っていました。
フェイスブックをやっている人は、
ぜひ「いいね!」のポチッをお願いします。
https://www.facebook.com/pages/白龍トマト館/513130508779691

「*次回の配信日は2014年6月1日(日)を予定しております。
 配信エラーにより届かないことがございます。
 配信日を過ぎても配信のない場合は
 info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。
白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com
白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/
ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen