幸運の白龍 No.0155 19.06.01

幸運の白龍_________No.0155__19.06.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 天の声を聞く
● 6月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ6月のサービス
● 6月の営業予定

● 天の声を聞く
こんにちは、キタです。

文藝春秋に『令和とは「うるわしき大和」のことです』と題された文が掲載されていたので、それを読みながら飲もうと奈々子さんにビールを頼みました。そのとき一緒に何かいいつまみもと頼むと「角煮あえやっこはいかがですか?」という。

しばらくしてよく冷えた生ジョッキと角煮あえやっこが来ました。
写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-06-01/#Anchor-73000

読もうとしていた文章は国文学者の中西進さんの書いたものです。「令和」という元号を考えた人と言われている人です。面白く読みながらいただきました。

中西さんはとてもユーモアのある方。こんなことを書いています。

——

天の命令を受けるのは天子です。日本の天子は天皇で、天を祀ります。その天子が、自分では手の回らない仕事の役の代りを頼んだのが役人で、役人が組織したものが内閣です。天子が天を祀るときにひらめいたものを元号に落とし込むわけですから、考案者が名乗り出ることはありえないのです。

考案者とされている中西という人は、一般国民ですから、役割があるとしたら税金を納めるくらい。そんな国民が天皇の命を受けるというロールを受け持つはずがない。天皇の命を受けたのに、考案者と名乗って表に出る人間がいてはおかしい。中西という人は、そうおかしい人ではありません。(笑)

そういう、おかしいことは言わない方がいいのに、元号の決定について経緯が新聞等につまびらかに載っていてわが目を疑います。新元号の制定に関わった役人が話してしまうのでしょう。私の理想からはだんだん遠のいているというのが正直な感想です。

文藝春秋2019年6月号 『令和とは「うるわしき大和」のことです』から p.134-135

——

こんなことを書きながら実際にはこの中西さん、歌会始に天皇から特別に呼ばれて和歌を詠んだりしたことがあるのです。きっと元号についても詳しいのでしょう。元号の最初は中国、前漢の「建元」でした。B.C.115の頃です。つまり「元号を建てる」という意味の元号が第一号だったのです。ちなみに日本の元号第一号は、きっとあなたもご存じでしょう。大化の改新の「大化」です。

角煮あえやっこは上に載った具が多いので豆腐がたわんでいます。豆腐を箸で崩して具材を載せて口に運びます。角煮、ネギ、キュウリ、ザーサイが、豆板醤とラー油でできたタレでまとめられています。はじめのうちは区別できたネギ、キュウリ、角煮、豆腐の味が口のなかで渾然一体となっていきます。

ビールをゴクッ。

なぜこんなにおいしいと、一度目をつぶり、カッと見開いてしまいました。文藝春秋は脇に置いてしばらく食べることに集中しました。読みながら食べるのはもったいないと思わせる味です。味覚だけを堪能しました。あっという間にビールと角煮あえやっこがなくなりました。

さて、次は何を頼もうかと考えました。最近は暑い日が続くので、そろそろ冷やしトマト麺が食べたいなと思ったら、奈々子さんが来ました。

「冷やしトマト麺ありますか?」

「最近始めました。では冷やしトマト麺ひとつ。お飲み物は?」

「紹興酒にしようかな」

「ボトル入りだと冷やしてあるのをご用意できます」

「いつものロックとは違うの?」

「氷も用意できますが、もとから冷たいので薄くならないですよ」

一人でボトル一本はどうかなと思ったけど、酔ったら酔ったでええわと思い、「冷やしボトルカメ出し紹興酒」を頼みました。

今年の冷やしトマト麺。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-06-01/#Anchor-73500

このさっぱりしているのにしっかりと味を感じる冷やしトマト麺。このおいしさは食べない限り理解不能でしょう。サイコロ大のトマトとネギとキュウリとパクチーと豚のスープと、ちょっとだけラー油が混ざると、なんでこんなに美味しいのでしょう。

「天子が天を祀るときにひらめいたものを元号に落とし込む」はずなのに、なぜか中西と言う人が元号を作ったことになっているという謎も、理屈の上では理解不能ですが、人間は必要があれば常識や理屈を超えていくものです。

さっぱりしているのにしっかりと味のある理屈を越えた冷やしトマト麺を、今年も堪能できる幸せをわたくしは「冷やし紹興酒」とともに噛み締めました。

キタでした。
大層酔っぱらってももう令和。ではまた、さるまた、No matter ヒック。

● 6月の季節メニュー
とうもろこしと豚挽き肉のレタス包みを今年も始めました。
写真などはこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/menu-seasonal-cornandpork/
大は1380円、小は880円です。

● メルマガ会員様へ6月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2杯、レモネードを除くソフトドリンクを提供いたします。スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

● 6月の営業予定
6月11日(火)に臨時休業させていただきます。その週は月曜火曜と二日お休みとなります。
その他は通常時間で営業いたしますのでよろしくお願いいたします。

HPに営業予定カレンダーがございます。ご確認ください。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2019年7月2日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0124 16.11.01

幸運の白龍_________________________No.0124__16.11.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー

● 忘年会
● 11月の季節メニュー(中旬くらいから)
● 今月はワインお持ち込みのサービス!
● メルマガ会員様特典
● 11月の営業予定

● 忘年会
10月24日に、白龍ファミリー10人で忘年会をしてきました。
え?随分早いんだね。
日本一早い忘年会なんじゃないの?
なんてお客様にも笑われてしまいましたが
毎年11月の初めくらいまでにこんな食事会をします。
白龍にスタッフ10人もいるのかといえば
普段買い出しを手伝ってくれる身内や、
元アルバイトスタッフも誘ってこの人数。
今回は恵比寿の中華料理店で
「よだれ鶏」を食してきました。
自分の中では食べてみたい四川料理として頭のなかに常に
候補に上がっていたので
「よだれ鶏が食べれるよ~♪」
「酔っぱらい蟹も食べれるよ~♪」
とノリノリでスタッフに声を掛けたのですが
調理スタッフシノサンとママさん以外は反応がイマイチ…。
そりゃそうかも。料理の名前が「よだれ」とか
「酔っぱらい」なんてだらしがないし野蛮な感じで、
美味しそうに思えるわけないか。
因みによだれ鶏はよだれが出るほど美味しいという意味で
中国名で「口水鶏」。
酔っぱらい蟹は「酔蟹」。
だいたいこの2品は酒飲みが好む宴会料理です。
紹興酒やワインがすすんじゃう
すごく魅力的な料理なんですが、
あまりお酒を飲まない若いコ達はどうだったんでしょう?
後日「コースの中でどれが好みの味だった?」
と聞いたら
「巻くやつ(北京ダック)が美味しかったです」
「フカヒレ初めて食べた…」
という感想でした。
酒飲み達はやっぱり口水鶏と酔蟹でしたね。
ママさんは餃子一個じゃ中身がわからないわよと言って
追加をしていました。
ずいぶん贅沢なコース料理を頂きましたが
これから忘年会シーズンでご提供する側になるので
普段なかなか行けない場所に足を延ばして
気になる料理を食べたり、10人位でコース料理を
食べることは色々勉強になるんです(*^^*)。
もちろんスタッフへの労いの気持ちや
懇親会でもありますが、よそ様の美味しい料理を堪能して、
「よし!うちも年末まで頑張るぞ。」という
意味合いがあるんです。
名前が忘年会ですが後ろに「予習」が付いてます(笑)。
年末に向けて、今度はお客様のお腹に喜んで頂けるよう
ガンバリマス♪
こちらに酔っぱらい蟹の写真があります。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/16-11-01/

● 11月の季節メニュー(中旬くらいから)
・「肉団子白菜巻きスープ煮」(1080円)のシーズン到来!
ロール白菜の甘醤油煮込みとでもいいましょうか。
少し和テイストな、ほっかほかメニューです。
体の芯まであたたまります。
お持ち帰りしていただくこともできます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/16-11-01/

・「ヤリイカ炒め」
  ・・・シンプルにおつまみとしてピリ辛炒めです。
・「ヤリイカと青菜の炒め」
  ・・・定番メニューを季節のヤリイカに変えて
     おススメいたします。
一品のお値段についてですが、
イカの価格が高騰しているため仕入れ状況により
若干の変動がございます。
店頭にてご確認ください。

● 今月はワインお持ち込みのサービス!
11月は、ファーストドリンク(280円~)をご注文いただけると
お持ち込みワインの持ち込み料を1本無料といたします!
11月17日(木)はボジョレーヌーボー解禁ですね。
白龍のお食事とご一緒にフレッシュなワインを
楽しんではいかがですか?
1本目はお持ち込みのボジョレーヌーボーを空けて
2本目は好きなワインを飲みながらなど、
この季節ならではのイベントを
お気軽に楽しんでいただければと思います。
ファーストドリンクを皆様で御注文いただければ、
そのグループはボジョレーヌーボーに限らずワインを
1本は無料でお持ち込みいただけます。
2本目からは一本に付き150円×御人数様で申し受けます。
ワインをお持ち込みの際には
スタッフまでお知らせください。

● メルマガ会員様特典
2つの特典のうちいずれか一つをお選びいただけます。
A.かめ出し紹興酒デカンタサイズ(500ml)を
 1500円でご提供いたします。
通常ボトル詰め600mlが2100円。
こちらのデカンタは飲み切りサイズな上、
250円お得です。
B.お酒の飲めない方やお子様連れの会員様に。
ミニ杏仁を4名様までサービスいたします。
普段のサービスが一つか二つまでなので、
今月はさらにお得です!
今月のワインお持ち込みサービスとの併用は出来ませんが、
11月中はご来店の回数だけサービスをご利用いただけます。
ご注文の際にメールマガジンをスマホなどで
表示して見せて下さるか、
スタッフまでお知らせいただければご利用可能です。

● 11月の営業予定
3日(祭・木)と
23日(祝・水)のランチタイムは
定食メニューがございません。
通常メニューをお楽しみください。
その他は通常通り月曜定休で営業いたします。
ご宴会シーズンとなりました。
店内貸し切りなどの予定は
決まり次第随時ブログでUPして参りますので
ご予約なしでご来店いただく際にはご確認ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/

お電話でのお問い合わせはこちらへお願いいたします。
03(5988)7330

次号は12月1日(木)にふうちゃんより配信されます。
お楽しみに。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

___________________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運のおまけ ♪ No.0043 16.02.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0043__16.02.15
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第43回 パクパク食べる新作サラダ

おはようございます! ふうです。

唐突ですが、あなたはサラダに何を求めますか?
栄養?、美味しさ?、それとも?
いろいろとあるでしょうけど、
ふうは断然歯ごたえを求めるんですね。
歯ごたえ? と思う人はいっぱいいると思います。
この前お酒の席で、
「このサラダとっても歯ごたえいい〜」って言ったら
同席のおじさんに
「歯ごたえで美味しさを判断するなんて人、珍しいね」
と言われました。
確かにそうかもしれません。
でもわたしは「歯ごたえLOVE」なのです。
だから、新鮮な野菜でないといい歯ごたえがしないので
鮮度にこだわります。
さらに、歯ごたえが単調なのもいただけません。
どんなに鮮度が良くたって、単調な噛み心地では
「歯ごたえLOVE」にはならないのです。
そこでやっと本題。パンパカパーン。
白龍トマト館2月の新メニューは、
「歯ごたえLOVE」のふうが震えて喜ぶ
「鮮魚のパクチーサラダ」です。
まずはこちらをご覧下さい。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/16-02-15/
この日の鮮魚はスズキでした。
鮮魚は日によって美味しそうな魚を選ぶそうです。
仕入れに行って、これって思った白身魚を
サラダにするんですね。
そして野菜はパクチー、レタス、紅芯大根、ニンジン、
レッドビートの葉なんかが入っているんです。
で、白龍トマト館はこれだけに終わらない。
「歯ごたえLOVE」なわたしにはうれしいひと手間。
揚げたカシューナッツとワンタンの皮が入っているんです。
このひと手間でどれだけ美味しくなるか想像できますか?
もうワンダフルですよ、そしてデリーシャスで、
そんでもってファビュラスです。
そこにかけるドレッシングは
紹興酒、醤油、ネギ、ショウガ、豆板醤を
胡麻油でまとめています。
出てきたときにはきれいに盛りつけられたサラダを
自分で混ぜ混ぜするんですけど、
そのときにドレッシングをかけて混ぜ混ぜしていくと、
もう見ているだけで美味しそうなんですね。
シャクシャクした野菜やパリパリしたパクチーの茎、
そしてコリコリした揚げカシューナッツから
ドレッシングのいい香りがプワン。
「早く食べたい!」
と思いながらサクッと混ぜ混ぜ。
こんな具合になりますよぉ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/16-02-15/
鮮魚の柔らかい歯ごたえが、
ほかの野菜やパリパリの揚げワンタンの皮の食感を
際立たさせくれます。
食べながら「やられた〜」って感じです。
いろんな味が複雑に絡み、そこに個性的なパクチーが、、、
これは定番メニュー入り決定だと思うんですけど
いかがでしょうか?
いまのところは季節限定のようなので、
これを読んだらぜひ食べにきて下さい。
ただし、今日(2月15日)は定休日ですからご注意ください。
あなたが「歯ごたえLOVE」な人ならきっとはまるはず。

ところで料理人のシノさん、金沢に行ったんですって。
「おいしいもの何か食べたんですか?」って聞いたら
「ノドグロがおいしかったよ」ですって。
思わず、「いいなぁ」って言ったら、
「あ、そうそう」って冷蔵庫に行って、
「これ上げる」って、ノドグロの干物をいただきました。
うちで母さんに焼いてもらいました。
おいしかったぁ。
ありがとう、シノさん。
そのシノさん、やっぱり手が器用なんですね。
ろくろ回してぐい飲みを作ったそうです。
これですよ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/16-02-15/
プロッぽい〜。かっこいい、素敵。お酒がおいしくなりそう。
これだけ言えば、ノドグロのお礼の代わりになったかしら。
オホホ。

ふうでした、またね~♪

「*次回の配信は2016年3月1日(火)を予定しております。
 配信エラーにより届かないことがございます。
 配信日を過ぎても配信のない場合は
 info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook「白龍トマト館」
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen