幸運の白龍 No.0100 14.11.01

幸運の白龍__________________________No.0100__14.11.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● チベット経由
● 11月の季節メニュー
● メルマガ会員様特典
● 忘年会、大小ご宴会承ります
● 11月の営業予定のお知らせ

● チベット経由
年々秋が短くなっている気がしますね。
日没が早くなり17時にはすっかり暗くなってしまう冬を前にして、
今は夕暮れの美しい空を惜しむように眺めて
プチリセットしています。
真っ青な空と風になびく雲を夕日が美しいグラデーションで映し出す
秋の空模様には本当にうっとりしてしまいます。
(写真 築地市場の移転先である豊洲を初めて訪れてうっとりした秋の夕暮れ。)
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-11-01/
ところで先日初めて御来店くださったお客様からお話をされて、
久々に目を丸くして驚いた出来事を聞いてください。
その若い女性お二人は先日チベットに旅行した際に
チベット民族の現地ガイドさんから、
「帰国したら私が働いていたお店にぜひ食べにいってください」と
白龍を紹介されたというのです。
なんと今年の7月までこのお店で働いてくれていたジュンツォさんが
偶然にも彼女たちのグループの日本語ガイドに付いたというお話。
日本語ガイドのスキルアップの為に
留学しにきていたジュンツォさんですが、
スキルアップしただけでなく、
日本人におすすめレストランとして紹介してくれるなんていう
粋な計らいに驚きすぎて泣けちゃいました。
日本からの観光者は多いと言えども、
九州や大坂でも北海道でもなく東京23区内からの旅行者が、
偶然にジュンツォさんと出会って白龍を紹介される確率とは
いかほどなんでしょう?
ガイドさんが沢山いるメジャーな観光スポットに比べたら確率は高い?
でも、チベットへ観光した日本人が、
旅行先から帰ってきて白龍を調べて本当にご来店くださるというのは
ものすごくニュースな出来事ですよね。
きっとジュンツォさんのガイドが良くて、
チベット観光もいい旅になったから
白龍にも興味を持ってくださったのだろうと思います。
御来店くださった女性お二人には
帰り際に告げられたので、
驚きと喜びとでなんとお礼を申し上げてよいやら
言葉に詰まってしまい、
感謝の気持ちをうまくお伝えすることが
出来なかったかもしれないのですが、
「御縁」のありがたみをかみしめた特別な出来事となりました。
彼女(ジュンツォさん)には中国版LINEで報告とお礼を伝えたのですが、
地域的に繋がりにくい事情もあるようで返信はなく
届いたかどうかはわかりません。
9月初旬に贈ったというマニ車も
(チベット仏典が入った回る置物で、
 一回回すごとに経典を読んだことになるというもの)
まだ届きません。
ジュンツォさんが帰国後に送ってくれた清々しい空は
観光シーズンの9月のもの。
日本とちょっと違う風景をご覧ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-11-01/

● 11月の季節メニュー
肉団子白菜巻きスープ煮 1080円
鍋の美味しい季節に突入しました。
白龍ではこの煮込料理が冬の定番といってよいほど
ファンも多いメニューです。
簡単に言うならロールキャベツならぬロール白菜といったところ。
シンプルに美味しくて身体あたたまる煮込メニューです。
是非ご賞味ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-11-01/

柚子と青唐辛子のタンメン 1080円
黄色い柚子が出ると冬の足音が聞こえてきます。
牡蠣とほうれん草のタンメンに続いて、
こちらも秋冬タンメンの代表です。
柚子の香りが食欲をそそり、青唐辛子がピリッと効いて箸を進めます。
当店で唯一のお醤油ベースのタンメンです。ご賞味ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-11-01/

● メルマガ会員様特典
会員のお客様を含む1グループにつき、
お好きなワインを2本までお持ち込みいただけます。
会員様がグループにいない場合には
お持ち込み料金をいただかない代わりに、
グループの皆さまからお持ち込み1本につきドリンクを各1杯ずつの注文と
御人数と同数のお料理のご注文をお願いする予定です。
会員様はお料理のみのご注文でワインのお持ち込みを承ります。
もうすぐ解禁のボジョレーヌーボーを持ち寄ってもいいですし、
記念日に皆で開けたいワインなど持ち寄ってはいかがでしょうか?
白龍の料理とワインでワイワイ楽しんでください。
11月末日まで有効。
ご宴会コースでのサービスご利用は飲み放題コースのみ可と
させていただきます。
(飲み放題コースにはワインは含まれておりません。)
昨年はお料理をプリフィクス式で定額をいただく試みをして
それなりに好評ではあったのですが、
お好みの料理でお好きなように飲んで食べていただく方が
シンプルでよいと思い、
今年はこのような形でご提供させていただきます。
なお、ご利用のお客様は当日でも予めお電話にてご予約ください。
ただいま忘年会シーズンのため貸し切りの日もございます。
団体様のご予約のある日はご利用になれないこともございますので、
スタッフまでお問い合わせください。

● 忘年会、大小ご宴会承ります
早いもので今年も残すところ2カ月。
忘年会のご予約はお済みですか?
白龍トマト館では大小ご宴会のご予約を承っております。
年末には以下のコースをご用意しています。
1.お安い予算で満足していただける、
 「お食事満足コース」3240円(税込)
2.飲み放題で盛り上がれる
 「飲み放題コース」5400円(税込)
1.と2.はお料理の内容が異なりますので
店内またはご予約の際にスタッフにお問い合わせ下さい。
少人数様の場合はお席のみのご予約でアラカルトのご注文にも
もちろん対応させていただきます。
日時やご予算、料理内容など、ご宴会のことならスタッフまで
お気軽にご相談ください。

● 11月の営業日程のお知らせ
今月は祝祭日にあたる月曜日が2回ありますのでご注意ください。
3日(祝月)は営業し翌日4日(火)が代休となります。
24日(祝月)は営業し翌日25日(火)が代休となります。
ご了承ください。
また、忘年会シーズンのため、貸し切りのこともございます。
お問い合わせください。
ご予約状況についてはブログも更新してまいりますので
ホームページからもご確認いただけます。
次号は11月15日(土)にふうちゃんより配信されます。
お楽しみに。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

____________________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0099 14.10.01

幸運の白龍__________________________No.0099__14.10.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● 栗拾いに思いを寄せて
● 10月の季節メニュー
● メルマガ会員様特典
● 忘年会、大小ご宴会承ります
● 10月の営業予定のお知らせ

● 栗拾いに思いを寄せて
金木犀の香りがふんわりと鼻をくすぐり、
こころを穏やかにさせてくれます。
季節の花や食材からも季節感をたっぷり満喫できておりますが、
もうひとつは毎年マクドナルドの期間限定商品
「月見バーガー」のCMを見ると
「ああ、もう秋だなあ」と思う平野です。
今年このCMで出てた彼女役の女の子、好きなタイプです♡
「月見バーガー」は私が学生の頃から秋限定の人気商品で、
当時はハマって学校帰りにお小遣いで買ったりしてました。
今も続いてるということはロングヒット商品ですねえ。
学校帰りに寄り道しちゃいけないって校則があったかもしれませんが、
出来るだけ学校から離れて友達とお別れするぎりぎりの駅の近くとかで
パフェ食べたりコーヒー飲んだりしておしゃべりするのが
ものすごく楽しかったなあ。
さて、こちらも秋の味覚代表のお話ですが
先日に九州から見事な栗を頂きました。
どれもぷっくら大粒なので2つの実の平らな部分を合わせて
「こうやって殻に入ってるんだね」とママさんと私で話していたら
自然いっぱいの大地で育ったシノサンが
「栗拾いした時、確か3つ入ってたぞ!」
と声を上げました。
「シノサン、庭で栗拾いしたんだ。いいなー」
とまずは栗拾い発言に反応するスタッフ。
シノサンが言うには
「手伝いでする栗拾いはめちゃくちゃ地味でつまんないよ。
 だって落ちてる栗の殻のイガイガを
 底の厚い靴で両足で挟んで広げるように割るわけ。
 その中の実を分厚い手袋で取り出して編みかごに入れる、、
 延々それだけの作業だよ」
ブドウ狩りなど果実のようにすぐに食べれる訳ではないし、
大して感動がなかったという話を「そうかそうか」と聞いても
未経験者にとってはただただうらやましく思える体験なんですよね。
「それでさ、一つの殻に3つってこんなに大きな栗でありえるのかな?」
とパズル合わせのように色んな粒を重ね合わせていたら
「これだ!ちょっと薄いのがあるからこれ真ん中だよー!」
って叫びながら食材百科事典を開いてさらに検証して納得しているシノサンと
「へえェ、ホントだ~」と感心するスタッフ達でした。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-10-01/
頂いた栗は栗の炊き込みご飯にしていただきました。
写真はこちら。
シノサンの思い出話に、仕事あとの秋の夜は更けてゆきます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-10-01/

● 10月の季節メニュー
牡蠣漁解禁!
「牡蠣とほうれん草のタンメン」1370円
が始まります。
例年通りであれば10月2日以降の市場に牡蠣が並ぶ予定です。
プリプリの牡蠣とほうれん草を香ばしく炒めてタンメンに贅沢に
のせました。タンメンのスープに馴染んだ牡蠣のエキスまで
味わえる御馳走タンメンを是非ご賞味ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-10-01/

● メルマガ会員様特典
会員のお客様にはワイン、焼酎、紹興酒のボトルが3%OFFの料金で
御注文いただけます。
このサービスは10月31日までご利用いただけます。
ご注文の際に今月のメールマガジンの配信画面をスタッフまでご提示ください。
会計時にレジにて清算いたします。

● 忘年会、大小ご宴会承ります
早いもので今年も残すところ3カ月。
そろそろ忘年会の日時や場所など計画を立てる
時期ですね。
白龍トマト館ではお食事3240円(税込)コースから
大小ご宴会のご予約を承っております。
飲み物代込み5400円(税込)コースもご用意しています。
少人数様ではお席のみのご予約でアラカルトのご注文にも
対応させていただきます。
お料理の内容やご予算などスタッフまでお気軽にご相談ください。

● 10月の営業日程のお知らせ
13日(祝月)体育の日は営業いたします。
翌日14日(火)には代休を頂きますのでご了承ください。
次号は11月1日(土)に配信されます。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

____________________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0087 13.10.01

幸運の白龍_________________________No.0087_13.10.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● サルナシで最後のじぇじぇ?
● 10月の季節メニュー
● メルマガ会員様特典
● 10月の営業予定

● サルナシで最後のじぇじぇ?
9月の終わり、築地へ仕入れに出た調理スタッフシノサンが
「今日さ~、サルナシが売ってたよ。サルナシのこと憶えてる?」
と夏の思い出を振り返るように言うので、
「サルナシ?ってナンダッケ? ナンダッケ?」
とつぶやきながら思い出せば、
そうそう、あれは夏のはじめにいただいた
「キルフェボン」のフルーツタルトにのっていた果実のことでした。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/13-10-01/
色とりどりの果実が所狭しと飾られた見事なタルトでした。
彦麻呂だったら、
「果実の宝石箱や~!」
もしくは「フルーツの仮面舞踏会や~!」
いやいや「タルトさん満員御礼や~!」
とかなんとか叫んだりするかもしれない。
その中でマスカットのようでいてキウィのような
甘酸っぱいシトラスグリーンの果実がサルナシでした。
あのサルナシをもう一度果物として食べてみたい!
そう思いたってシノサンの言ってた売り場へと買いに行きました。
サルナシの写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/13-10-01/
ところが売り場にあったサルナシは
タルトにのったプルプルっとしたみずみずしいマスカットの見た目と違って
皮は産毛のないキウィみたい。しかも熟しすぎてしなびたかんじです。
売り場のお兄さんに「これしなびてませんか?」と聞くと
「そんなもんだよ、おねえさん」と気にとめる様子もなし。
「皮ごと食べれるの?」
「あ~、いけるいける」
そういいながら値引きして手渡されてしまいました。
お兄さんホントかよぅ? なんで安くしてくれたんだろう?
オマケさえいぶかしんでしまったのですが、まずは一粒。
ん~なんというか食べごろをちょっとだけ過ぎたキウィという感じ。
芳香が南国フルーツのようでとても強くて甘い香り。
添えられた説明書きを読みながらもう一粒いただく。
キウィのようだと思った通り、
サルナシはキウィフルーツの原種なんですね。
「完熟してやわらかくなった頃が食べ頃です」
「直接口にして指で皮から実を押し出すようにしてお召し上がりください」
お兄さん、皮は食べないらしいですよ。いい加減だなぁもう。
タルトにのっていたのとはだいぶ違うけれど、
しなびたころが食べ頃なんだ。
もう少し酸味があればいいのにな。
ママさんは「あんまりおいしくなーい。もういらない」だって。
買ってきた手前、私は3~4粒口に運ぶ。
「焼酎漬けにする場合は硬いままの実を利用します」
香りが良いから焼酎漬けにしたら美味しいお酒になるかもね。
上手に指でつまんで実を押し出せるようになってきたぞ。
・・・で説明書きの最後の行を読んで
「じぇじぇっ!?」となった。
「一度に食べる数は2~3個くらいにしてください」
「じぇじぇじぇ~、結構食べちゃったよう。
 なんでなの? どうなるの?」
なぜ2~3個までなのかという説明書きはないのである。
気になるから調べてみたら、
どうやらたんぱく質を分解する酵素が強いため
粘膜が荒れてしまうらしいです。
舌が痛くなったり、お尻がかゆくなるとか。
さて次の日です。
舌が痛くなったりお尻がかゆくなったりもせずホッとしましたが
急に口の周りが乾燥したようにヒリヒリしているので
どうやらサルナシのせいかもしれません。
NHKのあまちゃんはもう終わっちゃいましたね。
これからは秋が深まるばかり。
タルトからサルナシに一喜一憂し、「じぇじぇじぇ~」と
アキちゃんの真似をするのも最後になりそうです。

● 10月の季節メニュー
・ナスとインゲンの衣揚げ山椒風味  840円
さくさく衣に隠れた野菜の歯ごたえとジューシーさに加えて
炒めたネギや鷹の爪、ニンニク、山椒などの
スパイスが絶妙な一品です。
昨年はご宴会メニューにも大活躍。
ビール、紹興酒にバッチリ合うのです。
脇に添えられているネギとニンニク入りの酢醤油も
味を引き締めるアクセントとなりますので
お好みで付けてみてくださいね!
ナスがメインのひと品なので、今年はインゲンの他に違う食材が
添えられるかもしれないという調理スタッフのシノサン情報です。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/13-10-01/

・牡蠣入荷(予定)
秋冬の味覚の牡蠣漁が始まり次第、
牡蠣の炒め物や麺をご提供していく予定ですので
お楽しみにお待ちください。
ホームページのお知らせにて入荷次第UPいたします。

● メルマガ会員様特典
ご来店の上、お食事いただく会員様には、
レモネードを含めたソフトドリンク1杯 または
自家製杏仁豆腐おひとつをサービスさせて頂きます。
今月のメルマガ配信画面とわかるものをご提示のうえ、
スタッフまで「メルマガサービス」とお申し付けください。
お会計時にレジにてサービスさせて頂きます。

● 10月の営業予定と連休のお知らせ
14日(祝・月)は営業いたします。
代休として15日(火)がお休みとなります。
また10日(木)の夜は2階フロアが満席に近いご予約を
いただいております。
ご来店の際はお電話にてお問い合わせ
いただくのが確実です。ご了承ください。
その他は月曜定休で通常営業いたします。
よろしくお願い申し上げます。

次号は11月1日(金)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen