幸運の白龍 No.0149 18.12.01

幸運の白龍_________No.0149__18.12.01
http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 味覚の冒険
● 12月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ12月のサービス
● 12月とお正月の営業予定

● 味覚の冒険
こんにちは、キタです。
白龍トマト館の料理で感動するのは「食べたことのない料理がある」ということです。それを食べることをわたくしは「味覚の冒険」と呼んでいます。

人間、歳を取ってくると、つい保守的になってしまいます。いつも食べる好きなものばかりを注文するようになる。わたくしはそこに老いを感じてしまうのです。歳を取ってもささやかな冒険をしたいと思うのです。

白龍トマト館で初めてした冒険は確か「セロリレバーきくらげ炒め」でした。セロリとレバーときくらげが炒められていてそれで美味しいのか? 食べる前には予想がつきませんでした。ところが、食べると至高の味です。なんだこれはと驚いたものです。当時そもそもトマトタンメンというものも「なにそれ?」という状態でした。以来白龍トマト館ではいろいろな「味覚の冒険」をさせていただきました。いまでも思い出深いのは「マンゴーと牛肉の甘酢炒め」ですね。

初めて食べる味というのは美味しいか否かの判断が難しいものです。「マンゴーと牛肉の甘酢炒め」を初めて食べたとき「これは美味しいのか?」と思いました。マンゴーの甘さと牛肉の香り、それにパプリカの苦みが絡まり、うまいのかまずいのかわからなかった。「うまいといえばうまいかもしれないけど、まずいかもしれない、えーいどっちだ?」という状態。困惑して帰り、二、三日してから「また食べたいかも」と思うようになり、翌週にもう一度食べたらうまかった。味覚って不思議なものですね。とてもいい「味覚の冒険」をさせていただきました。

つい先日も新たな「味覚の冒険」に旅立つことができました。それは「カブと柿と小松菜の胡麻ソース炒め」です。写真はこちらです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/18-12-01/

粋な小料理屋などに行くとこの季節「柿とカブのなます」が出てきたりします。カブと柿の歯ごたえが似ていて、味に陰陽があって美味しいものですが、この組み合わせが中華で出て来るとは思いませんでした。カブと柿と小松菜にしめじも絡み、そこにかかる胡麻ソースがうまく四者をまとめています。まったく初めての味覚なのでどう表現したらいいのかわかりません。モグモグしながら何を思い出すかを感じてみました。すると、中国は桂林の、水墨画のような景色を思い出しました。

もう30年以上前に仕事で桂林に行きました。そこに流れている漓江という川を船でくだりながら食事をしました。そのときに出てきた小海老の入った青菜の炒め物を思い出したのです。「カブと柿と小松菜の胡麻ソース炒め」にも微かに魚介類を感じます。シノさんに「海老のような香りは何ですか?」と聞くと「ナンプラーがちょっと入ってます」とのことでした。

「味覚の冒険」は古い思い出を連れてくることがあります。桂林で出会った人たちは今頃どうしているのでしょう。

● 12月の季節メニュー
・殻付きホタテの長ネギしょうがスープ煮 800円前後
ぜひホタテはじっくりと噛んで、味わってお楽しみ下さい。
仕入れたホタテの大きさによって価格に多少の変動がございます。
いいホタテが仕入れられない場合もございます。その際にはご提供できないこともあることをご了承ください。

● メルマガ会員様へ12月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2つ、ミニ杏仁豆腐を提供させていただきます。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」を提示の上、ご注文下さい。

● 12月とお正月の営業予定
12月は24日(月)が23日天皇誕生日の振り替え休日です。
なので、24日(月)は営業し、翌25日(火)にお休みをいただきます。
忘年会シーズンに入るため、団体様とご同席になることや、店内が貸し切りの日も出てきます。
現在決まっている二階の貸し切り日は以下の通りです。一階は通常通り営業いたしますが、席数が限られるのでご迷惑をおかけいたします。
12月14日(金)夜
12月18日(火)夜
12月21日(金)夜
営業予定が一目でわかるカレンダーはこちらにございます。
http://bit.ly/tomatancal
新たな予約が入ったり、当日の変更などもございますので、ご来店の際はお電話でお問い合わせください。
03(5988)7330

来年2019年1月は3日(木)から営業いたします。
3日(木)のランチは定食がございません。夜は20時までの短縮営業とさせていただきます。
4日(金)から通常通りに営業をする予定ですが、仕入れの状態によっては定食が5日(土)からのご提供となるかもしれません。ご承知おきのほど、よろしくお願いいたします。4日(金)に定食をご希望の方はお手間をおかけして恐縮ではございますが、1月3日(木)以降にお電話でご確認ください。

次号は2019年1月2日(水)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことが
ございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0134 17.09.01

幸運の白龍_________No.0134__17.09.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 新たなおつまみの試食グー
● メルマガ会員様への9月のサービス
● 9月の営業予定
● 新たなおつまみの試食グー

おはようございます。ふうです。

「ねぇ、試食してくれない?」と奈々ち
ゃんに相談された昼下がり、
「何を?」と聞くと、
「新しいおつまみをそろえたくて」
「なんで?」と聞くと、事の深刻さがよ
くわかりました。

いったいどうしたのかというと、白龍ト
マト館ファンのあなたならもしかしたら
御存知かもしれませんけど、あの食通雑
誌「danchu」に白龍トマト館が掲載され
たのです。しかも「欲望の中華」という
特集号の「大衆中華ザ・レジェンド」と
いう項目に16店取り上げられた一店とし
て1ページ使って紹介されているのです。
いったいどういうことになるのか、なん
となく想像できますよね。

いつか「食彩の王国」で紹介されたとき
には、トマトタンメンがたくさん出て、
奈々ちゃんの優しい手に「トマトタンメ
ンダコ」ができてしまいました。今回も
麺の消費量に驚いているとか。たくさん
のお客様が来るようになったのは嬉しい
のですけど、作る人の手は増えません。
普段よりお待たせすることになってしま
います。それでせめておいしいおつまみ
とお飲み物で待っていただこうという
奈々ちゃんの優しい心遣いです。

それならばということで、おつまみ三種
いただきました。以下はそのときのレポ
ートです。

まず一品目は「揚げピータン」。
びっくりです。ピータンを揚げるなんて、
聞いたことがありません。だけどこれ、
伝統的な中華料理に昔からあるレシピな
のだそうです。知りませんでした。揚げ
たピータンに黒酢あんかけを絡めていま
す。プンと香る黒酢の香りに食欲がそそ
られます。見た目はこんな感じですよ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-09-01/
ちょっとグロテスク?(笑) でも、一口
食べると、まずは酢豚のような黒酢あん
かけの味がひろがり、そのなかにピータ
ンの味がひっそりと隠れていますけど、
噛むうちにピータンが勢いを増し、口の
中はピータンと黒酢あんかけの協奏曲状
態です。黒酢あんかけには山椒や唐辛子、
ショウガなどの味が渾然一体となってい
ます。そこからピータンの味が顔を出す
のです。

うっとり。

ピータンが苦手という人も、これだと食
べられるそうです。ピータン苦手星人は
(ピータン苦手星って、どんな星?
 そこに住む人ってどんな人?)
トライしてみては? ビールにも紹興酒
にも合いそうです。しまった、一緒にビ
ールを飲めば良かった。あとの二品は
with Beer で行きます。

二品目は「角煮和え豆腐」。白龍トマト
館特製の角煮をサイコロ大に切りそろえ、
ピリ辛に和えて豆腐に載せてあります。
白龍トマト館の味はとても繊細で、ピリ
辛も単なるピリ辛ではありません。ビー
ルと一緒だとなおしびれます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-09-01/

三品目が「ゴマだれワンタン」でしたけ
ど、こちらもピリ辛っぽいタレがかかっ
ていましたが、そのピリ辛がちょっと違
うんですね。さすがdanchuが認めたお店。
こちらはゴマだれということで芝麻醤を
使っているそうです。フルフルとしたワ
ンタンの中身は豚の挽き肉、ネギ、ショ
ウガ、シイタケなど、定番の餡ですが、
それがピリ辛っぽいゴマだれに混ざると
いいですね。噛んでいるうちに味の変化
が生まれます。憎いですね、このぉ。そ
こにビールをゴキュッ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-09-01/

二品目も三品目も奈々ちゃんにもっと詳
しく説明していただいたんですけど、ビ
ールと余りにも合い、とてもおいしかっ
たので、すっかり聞いた内容を忘れてし
まいました。どうしても詳しく知りたい
方は、奈々ちゃんに直接聞いてください。
f(^-^;

ほかにも白龍トマト館のおつまみという
と、ほら、ピータンはもちろん、冷やし
たトマトとか、野菜や小魚の素揚げとか、
ビールに合う前菜目白押しじゃないです
か。ミックス漬けとか、セロリ漬けとか、
大豆もやしとか、思い出すだけでビール
が飲みたくなる。もちろん紹興酒にもい
いんですけど。アボカドピータン豆腐サ
ラダも忘れてはなりませんね。名前聞い
ただけで食べたくなります。それらにプ
ラス今日いただいた三品のどれかが日に
よって登場するそうです。

試食を理由にお昼から飲んでしまったふ
うからの、あまりにもおいしくてレポー
トになってないかもしれないレポートで
した。昼飲み幸せ。

食べるかどうかはあなた次第よ。食べな
いで済ますなんて、、、まあいいけど。
好きにして。

ふうでした、またね。

● メルマガ会員様への9月のサービス
今月のメルマガ会員様特典はミニ杏仁豆
腐を一グループにつき二つまでサービス
させていただきます。「幸運の白龍」が
届いたスマホか、PCの場合は印刷したも
のを注文の際に定員に提示してください。
ご利用は現金払いの方に限らせていただ
きます。

● 9月の営業予定
9月は11(月),12(火),13(水)日と、遅い
夏休みをいただきます。ご了承ください。
さらに9月18日(月)は敬老の日のため、
営業をおこない、翌日19日(火)をお休み
とさせていただきます。
9月20日(水)は二階が貸切となっていま
す。一階は通常通り営業いたしますが、
少々混雑が予想されます。

次号は10月1日(日)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがござ
います。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

____________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
 webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0125 16.12.01

幸運の白龍_________________________No.0125__16.12.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー

● 思い出が増えるっていいなぁ
● 忘年会のご予約はお早めに
● メルマガ会員様特典
● 年末年始の営業予定

● 思い出が増えるっていいなぁ
おはようございます! ふうです。
先日白龍トマト館のカウンターに座ったら
華やかな雰囲気の年配の女性三人が、
楽しそうにお食事をしていました。
すぐ隣の方がカタ焼きそばをおいしそうに
召し上がっていたので、
ついつられて同じものを頼みました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/16-12-01/
すると出てきたものを見て隣の方が
「あら、私と同じものね」というので、
「はい、おいしそうでつられてしまいました」と言ったら
みなさんにうけて、そのあとお話しが始まりました。
いろいろとお話ししていると、
フラダンス仲間だということがわかりました。
隣の方は80代、ほかのお二人も70代だそうです。
お話しをうかがっているとお元気で
とてもそんな年には思えません。
「お元気そうでいいですね」と言ったら
「なに言ってんのよ、元気が当たり前でしょ」と大笑い。
「楽しく生きているとね、いい思い出がいっぱいになるのよ」
と言われてしまいました。
「じゃあ、白龍トマト館にも
 いい思い出がいっぱいあるんですね?」
「あったりまえでしょう。奈々ちゃんが高校生の頃から
 知っているわよ」
「シノさんは一度ここやめて戻ってきたのよ、
 戻ってきたときにもうここでずっと働くって
 覚悟決めてきたなって思った」
「ここにお店を移したときはびっくりしたわよ、
 だって、何にも言わずにもとのお店にも
 どこに移転したって書かずに移ったからね。
 だからこっちを見つけたときはさっそく来て文句言ったわよ
 なんで知らせてくれないのかと」
いろんな思い出が雨あられと降ってきました。
そう言えば私にもたくさん思い出があります。
カタ焼きそばは私がはじめてここで一人で食事したときに
頼んだものでした。
家族で来るといつも定番のメニューがあります。
小あじのから揚げ、ミックス漬け、ピータン、焼き餃子、
レバニラ炒め、スペシャル炒飯、トマトタンメン。
このくらいかな。今では季節のメニューを入れたり、
ほかのものを頼んだりもするけど、私が小さい頃には
父さんが「白龍のが食べたい」って言ってやって来て
だいたいメニューは決まっていました。
だから一人で来たときに
まったく食べたことのないものを食べようと思って
カタ焼きそばを頼みました。
麺が太くて固いのにびっくりしました。
でもそれ以来、ほかの店では滅多に食べられない
この太くてパリパリの麺をときどき食べたくなります。
家族で来たときに「カタ焼きそば食べたい」って言ったら
両親が驚いていました。
だけど実際に頼むと、カタ焼きそばにのっている餡もうまいと
父さんはムシャムシャ食べました。
それ以来、家族で来ても、
食べたことのないメニューを頼むようになりました。
合格発表の時には肉団子白菜巻きスープ煮を食べました。
会社から内定をもらったときには清龍麺を食べました。
確かに、楽しく生きていると
いい思い出が増えてくるかもしれません。
80になっても胸を張ってそう言えるように
暮らしていきたいふうでした。

またねー。

● 忘年会のご予約はお早めに
忘年会シーズン到来です。
大人数でのご予約もチラホラ入ってきています。
すでに日程がお決まりの方は、すぐにでもご予約下さい。
ギリギリになるとお席が確保できないこともございます。
食べたいものやご予算などを前もってお伝えいただければ、
こちらでメニューを考えさせていただきます。
もちろんアラカルトでのご予約も可能です。
素敵な思い出の忘年会になるようにお手伝いさせていただきます。
店内貸切などが入った場合はBlogにて告知いたします。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/
ご来店の際はご確認下さい。
よろしくお願いいたします。

● メルマガ会員様特典
今月はミニ杏仁を2名様までサービスいたします。
ご注文の際にメールマガジンをスマホなどで
表示して見せて下さるか、
スタッフまでお知らせいただければご利用可能です。

● 年末年始の営業予定
12月23日(祝・金)のランチタイムは
定食メニューがございません。
通常メニューをお楽しみください。
年内は12月30日(金)まで営業いたします。
年末年始のお休みは
12月31日(土)、1月1日(日)、1月2日(月)と
させていただきます。
その他は通常通り月曜定休で営業いたします。
ご宴会シーズンとなりました。
店内貸し切りなどの予定は
決まり次第随時ブログでUPして参りますので
ご予約なしでご来店いただく際にはご確認ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/

お電話でのお問い合わせはこちらへお願いいたします。
03(5988)7330

次号は1月1日(日)に配信いたします。
お楽しみに。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

___________________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen