幸運のおまけ ♪ No.0042 15.11.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0042__15.11.15
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第42回 歌いたくなるザクロジュース、ホッカホカの肉団子

おはようございます! ふうです。

今年もザクロジュースの季節になりました。
ザクロジュースはもう召し上がりました?
ふうは飲みましたよ。
これは絶対おすすめです。
手間ひまかかっていますから、
この値段(490円)では普通飲めないでしょう。
カリフォルニア産ザクロ100%で、添加物一切なしです。
ザクロだけです。
飲むとうれしくて思わず歌いたくなります。
作り方はまず、ザクロを一粒ずつ取るんですよ。
この作業は若いアルバイトの女の子がやっているそうですけど、
一粒ずつはずしていくと、ジュースがプチプチと飛んで
手が真っ赤っかになるそうです。
そうやって一粒ずつ取ったザクロをミキサーにかけます。
よーくかけるんです。
なぜかというと、
栄養のある部分がどうやら種らしいんですね。
まずエストロゲンという女性ホルモンが
種のまわりにあるそうです。
そしてエラグ酸が種に含まれているんですって。
エラグ酸は抗酸化作用があるようですよ。
もちろんほかにも身の中に
ビタミンCやビタミンBが含まれています。
出来上がったジュースは布で漉して
完成するそうです。
写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-11-15/
ひとくち口に含むと、甘さとほどよい酸っぱさと、
アクセントになる苦さが相まって、歌いたくなります。
「おーいしぃ〜」
ジュースを作るのは大変なので、
アルバイトの女の子はこの作業をすると
一杯飲ませてもらえるとか。
いいなぁ。
アルバイトの女の子で思い出しましたけど、
もう白龍トマト館のBlogをご覧になりました?
アルバイトしている大木瑠美さんが、
なんと冷やしトマト麺のプロモーション映像を
作ってくれたのです。
ぜひご覧下さい。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/pv-hiyashitomatomen/

さて、今月から「肉団子白菜巻きスープ煮」が
メニューに登場しましたよ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-11-15/
なんと言ってもこのメニュー、熱々を食べると
体がホカホカになります。
冬にぴったり。
以前は通年メニューでしたけど、
五年ほど前から冬限定になっています。
夏に食べると暑くなっちゃうんですよねぇ。
肉団子っていうと、ちっちゃい肉団子を
思い浮かべるかもしれませんけど、
白龍トマト館の肉団子はでっかいですよ。
おにぎりより大きく、だいたい肉まんくらいかな。
そんなおっきな肉団子が白菜にくるまれて
スープで煮込まれます。
ひとりで食べると汗かきます。
あったまりたいときにぜひどうぞ。
クマムシのあのメロディー
「あったかいんだからぁ〜」を思い出します。
思わず歌いそうになるのは、
ザクロの効果が持続しているのでしょうか。
アメリカ人のKさんは「肉団子白菜巻きスープ煮」が
大好きなんだそうです。
ときどきふらっとやってきて、
「セロリ漬け」「レバニラ炒め」「なすオリーブ炒め」
「スペシャルチャーハン」なんかと一緒に
「肉団子白菜巻きスープ煮」をお持ち帰りして
家で奥様と召し上がるそうですが、
まだ「肉団子白菜巻きスープ煮」を作ってないときに
いらっしゃると、とても悲しそうなお顔をなさるそうで、
奈々ちゃんは「肉団子白菜巻きスープ煮」の季節になると、
あの悲しそうな顔を見なくてすむと、ほっとするそうです。
(サッちゃんのメロディーで)
 奈々ちゃんはね、お客さんが心配って本当だよ。
 だから肉団子白菜巻きスープ煮が作れないと
 ヒヤヒヤするんだって言うんだよ、
 おかしいな、奈々ちゃん
あぁ、歌っちゃった。ザクロジュースの効果はすごい。
それとも「肉団子白菜巻きスープ煮」が美味しいから?

ふうでした、またね~♪

「*次回の配信は2015年12月1日(火)を予定しております。
 配信エラーにより届かないことがございます。
 配信日を過ぎても配信のない場合は
 info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook「白龍トマト館」
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運のおまけ ♪ No.0040 15.05.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0040__15.05.15
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第40回 セロリ漬けと大豆もやしの奇跡

おはようございます! ふうです。

先日、白龍トマト館のカウンターに座って
マンゴーと牛肉の甘酢炒めにご飯をいただき、
お漬物の二点盛りにセロリ漬けと大豆もやしを選んで食べていました。
マンゴーと牛肉の甘酢炒めの写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-05-15/
この季節になると登場するマンゴーと牛肉の甘酢炒めは
はじめて食べたとき「おいしいのかな?」と
実はちょっと心配だったのですが、
一度食べて病みつきになりました。
奈々ちゃんは「甘いマンゴーをおかずにご飯食べられる?」と
心配していましたけど、ふうは大好きです。
マンゴーの甘さと牛肉の味が絶妙にマッチして、
甘酢の塩っぱくて酸っぱくて甘いソースが絡んで
一緒にご飯を食べると、あまりにも美味しくて
いつもおかわりしたくなります。
それにセロリ漬けのコリコリと大豆もやしのシャクシャクが
素敵なハーモニーを奏でます。
「おいしいなぁ」と思っているとき、
奈々ちゃんが隣の席に座っていた女性を紹介してくれました。
「ふうちゃん、榎本さんに会ったことあったっけ?」
そう言われ、顔を見ると確かにどこかで会ったような気がします。
でも、いつどこで会ったのか思い出せません。
「セロリ漬けと大豆もやしを食べる映像に出ていた榎本さんよ」
思わず「あーっ」と言ってしまいました。
この映像です。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/movie/celeryzuketodaizumoyashi/
それでびっくりなお話しを聞きました。
あの映像は10分で終わるように食べてくれと頼まれて
一生懸命食べたそうですが、
10分では終わらず、15分以上かかり、
前編と後編に分かれています。
榎本さんは必死に食べたそうですが、
普段のんびりと食べるそうで、とっても大変だったとか。
確かにそう言われて映像を見ると、モグモグと
休むひまなく食べています。
ここからが奇跡のお話です。
あの映像をご覧になったあるお客様が、
榎本さんが必死に食べているのを見抜き、
「あの食べっぷりに感動した」と言い、なんと
「今度あのセロリ漬けと大豆もやしを食べていた女性が来たときに
プレゼントしてくれ」と紹興酒を一本ボトルキープしたそうです。
すご〜い。
それで、奈々ちゃんは女性が一人でも楽に食べられるように
お漬け物の二点盛りをメニューに入れたのだとか。
その話しを聞いたとき、ちょうど二点盛りを食べていたこともあり、
あの映像がそんな素敵な物語を生み出していたなんてと、
ふうは感激してしまいました。
実は榎本さんは、白龍のメニューをずっと作っている方だとか。
あのなんか知らないけどやたらと美味しそうな文字を書いていたのが
榎本さんだったんですね。
新しいメニューの打ち合わせに来ていたそうで、
もうすぐその新しいメニューが白龍トマト館で使われるのだとか。
デザインやお料理の配列などふたりでいろいろと相談していました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-05-15/
何気なく見ていたメニューにも、こんな苦労があったなんて知りませんでした。
新しく登場するメニューが楽しみ。
ふーは最後にマンゴーババロアをいただきました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-05-15/
「マンゴーと牛肉の甘酢炒め」のマンゴーと
「マンゴーババロア」のマンゴーは、そのときどきによって
二種類のマンゴーを使い分けているそうです。
食材はもちろん、メニューにもこだわりのある白龍トマト館の姿勢に
ふうはまたまた惚れ直しました。
奈々ちゃん男前、かっこいいー。

ふうでした、またね~♪

「*次回の配信は2015年6月2日(火)を予定しております。
 配信エラーにより届かないことがございます。
 配信日を過ぎても配信のない場合は
 info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook「白龍トマト館」
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運のおまけ ♪ No.0029 12.08.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0029__12.08.15
     http://www.tomato-tanmen.com    PC版
     http://www.tomato-tanmen.com/i/  携帯版
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第29回 白龍トマト館味のベスト5

おはようございます! ふうです。

毎日暑いですね。夏バテなんかしてませんか?
夏バテ防止はなんといってもしっかり食べること。
夏に負けずしっかりと食べましょう!
エイエイオーッ!

さて、白龍トマト館で二ヶ月にわたってアンケートを取りました。
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
本日ここで、白龍トマト館になりかわり、
その結果を発表いたします。
題して「白龍トマト館味のベスト5」。
質問は以下の三つでした。

質問1 白龍に来店したら必ず注文する貴方のおススメメニューを
    1つ~3つまで挙げてください。

質問2 季節メニューで貴方が好きなメニュー、
    もしくはトライしてみたい
    と思っているメニューがあれば、別紙の季節メニュー表から
    いくつでも選んでお書きください。
    例に出ていないメニューがあればご記入をお願いします。

質問3 お知り合いに白龍トマト館をご紹介くださるときに
    お店のおススメポイントなどございましたら
    是非教えてください。

ではここで質問3から結果発表していきます。
質問3は筆記形式だったのですべてこの通りに書かれていたわけではないですけど、
だいたいこんな意味のことが書かれていたという上位5つです。
では、まず第5位。
「野菜が新鮮でたくさん食べられる!」
その通りですねぇ。わたしもこのポイント結構高いです。
「お野菜食べたい」と思ったとき、気軽に入れるお店ってなかなかないですよねぇ。

では、次! 第4位。「女性向けの中華である!」
なるほど、言い得て妙ですね。確かにその通り。
男子向けのガッツリ中華とは一線を画しますよね。

では、第3位。
「他にないトマトタンメンが食べられる店。変わっていてクセになる」
確かに確かに。このポイントははずせません。
いろんなお料理を食べたあとのシメにトマトタンメンがいいですよね。

行くぞ! 第2位。
「何を食べてもハズレがない」
このご意見にスタッフのみなさんは感激してました。
そんなふうに言っていただけるなんて、クーッと瞳をうるうるさせてました。
素敵なご意見ありがとうございました。
このご意見への感想をお願いしますと奈々子さんにマイクを向けると
「ありがたいご意見をいただき、大変恐縮しております」と
あまりのうれしさに緊張の面持ちでした。
きっとこれからさらにお客様に喜ばれる白龍をめざしてがんばるのでしょう。

そして、この項目第1位は、「気取らず家庭的」でした。
おーっ、第2位で緊張していたスタッフのみなさんの表情が少し緩みました。
ここでマイクをシノさんに向けてみましょう。
「第1位に対するご感想は?」
「ま、ね、そうだよね。家庭的。うち家庭的以外できないし、ハハ。
ほら形式張ったりしたら疲れちゃうよね。
白龍に来てもらったお客様にはやっぱりさ、なんていうか
リラックスしてもらわないとね。
リラックスしてこそ繊細な味がわかるしね。
さすがお客様には見抜かれているね」
ご指摘の通り、形式張らない家庭的な本音チラリのご感想ありがとうございました。

さて質問2ですが、これの順位は以下の通りです。
第1位 牡蠣と青菜のトウチ炒め
同票第1位 そら豆と豆腐、海老のスープ煮炒め

第3位 アワビの柚子バター炒め

第4位 牡蠣とホウレンソウのタンメン
同票4位 とうもろこしと豚挽き肉のレタス包み
同票4位 マンゴーと牛肉の甘酢炒め

1位と4位が同票ですが、1位はそれぞれ14票、4位はそれぞれ12票という接戦でした。
どれも本当においしいですものね。迷ってしまわないほうが不思議なくらい。
季節が移り変わるたびにまた来たくなるお店です。

さあ、最後、質問1に対しての発表です。
第5位!(ダラダラダラダラダラ…)←ドラムロールの音
第5位は同票で4位がふたつなので、4位をふたつご紹介します。
まずひとつ、「セロリ漬け」。
もうひとつは「海老巻き揚げ」。
なるほど、なんかわかる気がしますね。
確かにここに入るのはこのふたつかも。納得の順位です。
となると、もうあと上位の3つは、常連さんには予想がつくでしょうね。
先日、講談社の別冊モーニング「モーニング食」に
弘兼憲史さんのご紹介で取り上げていただいたのと同じですね。

では、第3位! (ダラダラダラダラダラ…)←ドラムロールの音
これも同票で2位がふたつです。
そのうちのひとつは、(ダラダラダラダラダラ…)←ドラムロールの音
「餃子!」
そして、もうひとつは、(ダラダラダラダラダラ…)←ドラムロールの音
「スペシャル炒飯!」
もうこれは、当然という感じですね。
スタッフとお客様の思っていたことがピタリと一致するというのが素敵ですね。
ここで料理長にインタビューしてみましょう。
「この結果についてはいかがですか?」
「なんていうかね、よかったよ、よかった、ありがたい、ん、そんな感じ、アハハ」

では、最後に第1位の発表です! (ドロドロドロドロ…..)←ティンパニーロールの音
2012年、白龍トマト館味のトップファイブ、その栄えある第1位は!
(ドロドロドロドロ…..)←ティンパニーロールの音大きくなる
予想通り、「トマトタンメン」です!
この結果、ママさんはどう思っていらっしゃるのでしょう。
マイクを向けるとママさん照れて奈々子さんの後ろに隠れてしまいました。
いや、ここはひとことピシッと決めていただきたいと思います。
照れくさそうにママさんマイクを取りました。
「いつもご愛顧いただき、ありがとうございます。
おかげさまで新店舗も十周年を迎えることができました。
スタッフと一緒にここまで歩いてくることができました。
これも皆様のおかげです。
暑い日も、寒い日も、ご来店いただき、ありがとうございます。
これからさらに一層、お客様に愛していただける白龍トマト館となりますよう
努力していきます。
皆様からいただいたありがたい声を参考に、
さらに精進して参りますので、よろしくお願いいたします」

ありがとうございました。
いかに白龍トマト館がお客様に愛していただいているかがよくわかるアンケートでした。
これを糧に白龍トマト館はさらに美味しい料理の研究と努力を重ねていくでしょう。
そして、家庭的な雰囲気を大切にして、お客様にホッとしていただける場所として
楽しいテイストを忘れずに営業していくでしょう。
ふうも、そんな白龍トマト館が大好きです。

これで2012年白龍トマト館味のベスト5を終了いたします。

ふうでした、またね~♪

P.S.
その1
8月22日(水)~26日(日)はホワイトドラゴン祭第二弾。
お会計金額から5%割り引くサービス期間中です。
ぜひご利用ください。

その2
写真はアルバイトスタッフからもらった10周年祝いの風船。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/12-08-15/

「*次回の配信日は2012年9月1日(土)を予定しております。
配信エラーにより届かないことがございます。
配信日を過ぎても配信のない場合は
info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。
白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com
白龍トマト館携帯電話用ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/i/
白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/
ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen