幸運の白龍 No.0137 17.12.01

幸運の白龍_________No.0137__17.12.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● ルースイ登場
● メルマガ会員様へ12月のサービス
● 年末年始の営業予定

● ルースイ登場

おはようございます、ふうです。

ひと仕事終えて、「さあビール」という
オヤジっぽい勢いでやってきた白龍にて、
いつものように奈々ちゃんの笑顔を見て
生ビールをいただく。
「なんかいいおつまみある?」
の一言に奈々ちゃんが出してくれたのは、
豚足と手羽先、それに野菜が添えてある。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-12-01/
「これは?」
「手羽と豚足の中華香り煮。最近“漏水
 (ルースイ)”っていう中華のタレの作
 り方を習ったの。それで豚足と手羽先
 を味付けしてみた」
「ああ、メルマガに載ってたやつね」
(そのときのメルマガはこちら)
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/0135-17-10-03/
さっそく豚足をひと口。
豚足の脂身の独特の歯ごたえのあと、プ
ンとやってきました、漏水の香り。
「なるほど、これが漏水か」
八角、丁字、茴香(ういきょう)などの香
りが豚足と渾然一体で、いわれればそれ
が入っているような気になるけど、第一
印象はおいしい中華の香り。豚角煮に似
ているけど、華やかさが加わった感じ。
漏水のことを書いてあったメルマガに、
奈々ちゃんがこう書いていました。
「伝統的な中華料理の作り方を知ること
 で、お店のオリジナリティーとは何か、
 考えさせられました」
この言葉が、ズシッと来ました。
手羽先も食べました。どう切れば食べや
すいのか、手羽先の切り方を研究したと
か。どちらもビールのゴキュッにとても
マッチ。とてもおいしくて思わず涙目。
また白龍が進化してしまう。
「おいしいね」
とカウンター越しに奈々ちゃんに言うと、
隣の白髪のおじさんが「うまいよな」と
話しかけてくれました。
「40年くらい前、よく新宿の白龍に行っ
 たんだ」
「初代のお店ですね。おいしかったんで
 しょうね」
「そうだよ、あの店がこんなにきれいな
 店になるとは思わなかったよ。ビール
 なんかさ、客が冷蔵庫から出して自分
 で注いで勘定のとき申告するんだけど
 さ、テーブルの下にビン隠したりして
 も、必ずばれるの(笑)」
「何が好きだったんですか? やっぱり
 トマトタンメン?」
「トマトタンメンもいいけどね、ほかに
 もおいしいものがたくさんあったよね。
 たいていはこの店で食べられるんだけ
 ど、ひとつだけここにないものがあっ
 た」
「それは?」
「肉団子」
「えっ? 肉団子、ここにもありますよ」
「そう、だけど新宿の肉団子はここのと
 は違った」
「どう違ったんですか?」
「ここのはスープ煮だろう。あっちは本
 当に肉団子だった」
「本当に肉団子?」
カウンターの向こうにいる奈々ちゃんに
聞きました。
「新宿の白龍にあった肉団子って知って
 る?」
「そう、よくあれが食べたいって人がい
 るんだけど、誰も作り方を知らないの。
 どんな肉団子だったのかも正確にはわ
 からない」
「なんだ作り方知らないんだ」
おじさんが残念そうに言いました。
「どんな肉団子だったんですか?」
「うーん、おいしかったのは覚えている
 けど、俺は料理人じゃないからさ、詳
 しくは覚えてないよ。とにかくあれが
 また食べたい」
何人もの人が、数十年のときを超え「食
べたい」という「肉団子」。どんなもの
だかわからないけど、ふうも一度食べて
みたい。もしこんな感じだったとわかる
方がいらしたら、奈々ちゃんにぜひ教え
てあげてください。

再現できたら、きっとみんなが幸せにな
る。

ふうでした、またね。

● メルマガ会員様へ12月のサービス

今月のメルマガ会員様へのサービスは
お好きなソフトドリンクを1グループ
に2杯まで差し上げます。ただしレモ
ネードとザクロジュースは除きます。
「幸運の白龍」が届いたスマホか、PCの
場合は印刷したものを注文の際に定員に
提示してください。ご利用は現金払いの
方に限らせていただきます。

● 年末年始の営業予定

12月は通常どおり月曜定休で営業させて
いただきます。23日は祝日のためランチ
の定食メニューはございません。
年末は30日(土)まで営業し、31日(日)と
新年1月1日(月)と2日(火)はお休みをい
ただき、3日(水)から通常営業いたしま
す。
次号は2018年1月2日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがござ
います。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
____________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
 webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0134 17.09.01

幸運の白龍_________No.0134__17.09.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 新たなおつまみの試食グー
● メルマガ会員様への9月のサービス
● 9月の営業予定
● 新たなおつまみの試食グー

おはようございます。ふうです。

「ねぇ、試食してくれない?」と奈々ち
ゃんに相談された昼下がり、
「何を?」と聞くと、
「新しいおつまみをそろえたくて」
「なんで?」と聞くと、事の深刻さがよ
くわかりました。

いったいどうしたのかというと、白龍ト
マト館ファンのあなたならもしかしたら
御存知かもしれませんけど、あの食通雑
誌「danchu」に白龍トマト館が掲載され
たのです。しかも「欲望の中華」という
特集号の「大衆中華ザ・レジェンド」と
いう項目に16店取り上げられた一店とし
て1ページ使って紹介されているのです。
いったいどういうことになるのか、なん
となく想像できますよね。

いつか「食彩の王国」で紹介されたとき
には、トマトタンメンがたくさん出て、
奈々ちゃんの優しい手に「トマトタンメ
ンダコ」ができてしまいました。今回も
麺の消費量に驚いているとか。たくさん
のお客様が来るようになったのは嬉しい
のですけど、作る人の手は増えません。
普段よりお待たせすることになってしま
います。それでせめておいしいおつまみ
とお飲み物で待っていただこうという
奈々ちゃんの優しい心遣いです。

それならばということで、おつまみ三種
いただきました。以下はそのときのレポ
ートです。

まず一品目は「揚げピータン」。
びっくりです。ピータンを揚げるなんて、
聞いたことがありません。だけどこれ、
伝統的な中華料理に昔からあるレシピな
のだそうです。知りませんでした。揚げ
たピータンに黒酢あんかけを絡めていま
す。プンと香る黒酢の香りに食欲がそそ
られます。見た目はこんな感じですよ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-09-01/
ちょっとグロテスク?(笑) でも、一口
食べると、まずは酢豚のような黒酢あん
かけの味がひろがり、そのなかにピータ
ンの味がひっそりと隠れていますけど、
噛むうちにピータンが勢いを増し、口の
中はピータンと黒酢あんかけの協奏曲状
態です。黒酢あんかけには山椒や唐辛子、
ショウガなどの味が渾然一体となってい
ます。そこからピータンの味が顔を出す
のです。

うっとり。

ピータンが苦手という人も、これだと食
べられるそうです。ピータン苦手星人は
(ピータン苦手星って、どんな星?
 そこに住む人ってどんな人?)
トライしてみては? ビールにも紹興酒
にも合いそうです。しまった、一緒にビ
ールを飲めば良かった。あとの二品は
with Beer で行きます。

二品目は「角煮和え豆腐」。白龍トマト
館特製の角煮をサイコロ大に切りそろえ、
ピリ辛に和えて豆腐に載せてあります。
白龍トマト館の味はとても繊細で、ピリ
辛も単なるピリ辛ではありません。ビー
ルと一緒だとなおしびれます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-09-01/

三品目が「ゴマだれワンタン」でしたけ
ど、こちらもピリ辛っぽいタレがかかっ
ていましたが、そのピリ辛がちょっと違
うんですね。さすがdanchuが認めたお店。
こちらはゴマだれということで芝麻醤を
使っているそうです。フルフルとしたワ
ンタンの中身は豚の挽き肉、ネギ、ショ
ウガ、シイタケなど、定番の餡ですが、
それがピリ辛っぽいゴマだれに混ざると
いいですね。噛んでいるうちに味の変化
が生まれます。憎いですね、このぉ。そ
こにビールをゴキュッ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-09-01/

二品目も三品目も奈々ちゃんにもっと詳
しく説明していただいたんですけど、ビ
ールと余りにも合い、とてもおいしかっ
たので、すっかり聞いた内容を忘れてし
まいました。どうしても詳しく知りたい
方は、奈々ちゃんに直接聞いてください。
f(^-^;

ほかにも白龍トマト館のおつまみという
と、ほら、ピータンはもちろん、冷やし
たトマトとか、野菜や小魚の素揚げとか、
ビールに合う前菜目白押しじゃないです
か。ミックス漬けとか、セロリ漬けとか、
大豆もやしとか、思い出すだけでビール
が飲みたくなる。もちろん紹興酒にもい
いんですけど。アボカドピータン豆腐サ
ラダも忘れてはなりませんね。名前聞い
ただけで食べたくなります。それらにプ
ラス今日いただいた三品のどれかが日に
よって登場するそうです。

試食を理由にお昼から飲んでしまったふ
うからの、あまりにもおいしくてレポー
トになってないかもしれないレポートで
した。昼飲み幸せ。

食べるかどうかはあなた次第よ。食べな
いで済ますなんて、、、まあいいけど。
好きにして。

ふうでした、またね。

● メルマガ会員様への9月のサービス
今月のメルマガ会員様特典はミニ杏仁豆
腐を一グループにつき二つまでサービス
させていただきます。「幸運の白龍」が
届いたスマホか、PCの場合は印刷したも
のを注文の際に定員に提示してください。
ご利用は現金払いの方に限らせていただ
きます。

● 9月の営業予定
9月は11(月),12(火),13(水)日と、遅い
夏休みをいただきます。ご了承ください。
さらに9月18日(月)は敬老の日のため、
営業をおこない、翌日19日(火)をお休み
とさせていただきます。
9月20日(水)は二階が貸切となっていま
す。一階は通常通り営業いたしますが、
少々混雑が予想されます。

次号は10月1日(日)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがござ
います。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

____________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
 webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0132 17.07.01

幸運の白龍_________No.0132__17.07.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
             中華料理店

今日のメニュー
● 目をむく
● 7月の季節メニュー
● メルマガ会員様特典
● 7月の営業予定

● 目をむく
おはようございます! ふうです。
ある日、ひとりで白龍トマト館に行き、
カウンターに座りました。いつものよう
にメニューを見て、いつものように注文
しようとすると、からだが反応して、思
わず目をむいてしまいました。それを見
て奈々ちゃんとシノさんは笑い出しまし
た。なぜふうが目をむいたのか。いつも
の大将がそこにはいなくて、知らない料
理人が立っていたからです。

知らない料理人に聞くわけにもいかず、
奈々ちゃんに「どうしたの?」と聞きま
した。奈々ちゃんは相変わらず笑ってい
ます。

「なんで笑っているの?」

そう聞くと、「みんな同じ動作をするの
よ。まず目をむいて『えっ?』て顔をし
て、こっちを見るの。みんな同じことす
るからついおかしくて」。

そうか、それは理解した。次の疑問はな
ぜ料理人がいつもの大将ではないのか?

「ご親戚の法事に行かなければならなか
 ったの。今日の料理人はピンチヒッタ
 ー」

理由を聞いて少し落ち着きました。でも
驚いた。こんなに驚くほど、そこに大将
がいるのが当たり前だったんだ。という
か、いなければならなかったんだ。カウ
ンターに大将がいないときのこの動揺。
普段全然気にしてないけど、白龍トマト
館の厨房には大将がいないとだめなんで
すね。

ふうの動揺を奈々ちゃんとシノさんに笑
われたのでなんか悔しくなりました。そ
こで、「今日はビールだ」と思いました。

奈々ちゃんに不機嫌そうに「生ビールち
ょうだい」。

「あら、ごめんなさい、怒っちゃった?」
「怒ってなんかない、悔しいだけ」
と言って、嘘泣きをしました。
奈々ちゃん、ふうの嘘泣き見て、また笑
いました。

「飲んでやる」
心に火がつきました。
「今日おいしいおつまみは?」
「今日はね、枝豆の老酒漬けがある。メ
 ニューに入れるのははじめて」

「ムフッ、うまそう」と思いそれと空芯
菜の炒めを頼みました。白龍トマト館は
いいなぁ。怒ったり悔しがったり、嘘泣
きしたりできる。会社でこんなことした
ら大変なことになっちゃうもんなぁ。

でてきた枝豆の老酒漬けはうっすらとス
ープに漬けてあります。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-07-01/

「これが老酒なの?」

「老酒と塩とお水を加えて枝豆を煮切る
 の。山椒も入ってる」

なるほどと思いひと口パクッ。ほのかな
老酒の香りと枝豆の味が、ビールによく
合います。180円でこの幸せ感はなかなか
ありません。さきほどの感情の起伏はど
こへやら。

空芯菜の炒めが出てきました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-07-01/

シャクシャクな歯ごたえとピリ辛な味が
ビールにベストマッチです。ニンニクの
粒もおいしい。

見知らぬお客さんが入ってきてカウンタ
ーに座りました。メニューを見て、顔を
あげると目をむいて・・・。

思わず笑いそうになりましたけど、他人
のことを笑うのは失礼なので我慢しまし
た。でも「クッ」くらいは聞こえたかも。
失礼いたしました。

ふうでした。またね。

● 7月の季節メニュー
「牛肉とマンゴー、
      夏野菜の甘酢ソース炒め」
              1620円
毎年好評の果物を使ったメニューです。
今年はマンゴーだけではなく、イチジク
でも作ります。日によって異なりますの
で、店頭でお確かめください。ただし、
このメニューは平日限定とさせていただ
きます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/17-07-01/
土日と祝日は
「海老のチリソース炒め」1380円
を季節メニューとさせていただきます。

● メルマガ会員様特典
レモネードを含むソフトドリンクを、1
グループにお二つまでサービスいたしま
す。

ご注文の際にメールマガジンをスマホな
どで表示して見せて下さるか、スタッフ
までお知らせくださればご利用可能です。
なお、現金でお支払いの会員様のみの特
典です。ご了承ください。

● 7月の営業予定
7月17日が海の日なので、月曜ですけど
営業いたします。翌日の18日(火)にお休
みをいただきます。それ以外は月曜定休
です。
次号は8月1日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがござ
います。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

____________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
 webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen