幸運の白龍 No.0092 14.3.01

幸運の白龍__________________________No.0092_14.3.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● 天然酵母でパン作り
● 3月の季節メニュー2点(3月中旬発売予定)
● 消費税増税による表示価格変更・価格改定のお知らせ
● 3月の営業予定

● 天然酵母でパン作り
「せっかく手間暇かけて実をほぐしてジュースにしたのに
廃棄するのはもったいないね」
ザクロのシーズンも終わりに近づいた2月の終わりのことです。
この冬おススメメニューだったザクロジュースを仕込みすぎて
ペットボトル約1本分を発酵させてしまいました。
フタを開けるとプシューッと炭酸が湧いて
かすかにアルコール臭もしています。
スタッフと一緒にもったいないと言いながら
ザクロジュースから酵母菌を起こせるだろうか?
という話になりました。
どうして酵母菌の話に飛躍したかいうと
2月初めにママさんの自宅で
ふうちゃん&留学生スタッフのジュンツォさんと
ドライイーストを使ってパンを焼いたときに、
ジュンツォさんが日本に来て初めて焼いたパンが美味しかった
という話を聞いたのでした。
ジュンツォさんの故郷では小麦粉は
蒸したり揚げたりすることが多いけれど、
オーブンで焼くという発想がなかったみたいです。
そのとき彼女は自家製酵母で作るパンの本を私達に見せてくれました。
「私、図書館で借りたこの本に興味があります。
このようにしてパン作ってみたいです」
本の内容は、まずリンゴやイチゴなど
身近な果実の発酵の力を借りて発酵菌を含む発酵水を作り、
それと小麦粉を混ぜて出来たふくらし粉で
パンを焼くというものです。
「ええ!? パン作り初心者がいきなり自家製酵母からなんて
ムリじゃない?」
という私とふうちゃんに彼女は熱く語るのです。
「日本に来て初めてドライイーストを購入しました。
故郷では余った生地をとっておいて発酵させたものを
新しい粉に混ぜて包子(ポウズ=肉まんのこと)などを作ります」
「それってイースト菌みたいに膨らませるタネってこと?」と聞くと
「そうです。地元では醗面(ファミェン)といいます。
ただ、それに果実やハーブの発酵水を混ぜるというのは故郷では
聞いたことが無いです。だから面白いしやってみたいと思いました」
なんか説得力のある話ですがそんなに簡単に上手くいくのかな?
と返事に窮しているところへママさんの思い出話が加わります。
「ああ、昔恵比寿にあった四川料理学校という所に通っていたとき、
小麦粉を発酵させたタネを使った肉まんの実習をしたことがあった。
一度だけね」
季節や気温によって発酵にかかる日数や仕上がりが違ったりするので
実習では経験教材として一度しか触れなかったそうです。
ママさんは貴重な体験をしたようですね。
自然な発酵ダネを扱うということは
日本でいえばぬか漬けのぬか床を毎日管理するようなもの。
ぬか床の様子をみながら糠を足したり塩をいれたり掃除して
空気にふれさせたり。
野菜を入れたら食べなきゃいけないし、
放っておいたらカビが生えてしまいます。
とすれば毎日の食卓に根付いていなければ出来ない手仕事なのでしょうね。
故郷で小麦粉を主食にしているジュンツォさんにとっては
小麦粉の発酵もまた日常の生活と共にあるという訳なのです。
彼女がレシピ本を頼りにリンゴでチャレンジしようとしていた所に
丁度良く微発泡したザクロジュースが出てきたといことで
まずはそれで作ることになりました。
ザクロジュースから酵母菌を起こして面倒をみること5日間。
ザクロ酵母は毎日面白いようにブクブクと発酵して、
もっちりなめらかな酵母ダネが完成しました(*^^)v。
ちょっとすっぱいザクロの匂い。
アルコールの入ったヨーグルトみたいです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-3-01/
いよいよこれを使ってパンを焼いてみよう!
出来あがったパンはこちらの写真です。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-3-01/
ほんのり桜色に焦げ目がついてとてもきれい。
ザクロの香りもパンの香ばしさに混じってスンと鼻をくすぐります。
表面はパリッとしていますが、ずっしりと重量感があります。
肝心なお味は・・・
美味しい! ちょっぴり酸っぱくて噛むと押し返すような弾力。
噛めば噛むほど小麦粉の甘みや酵母の旨味が出てきて
もうトレビア~ン(^u^)。
何より焼きたてを食べられるというのは幸せです。
「初めてにしてはうまく焼けたよね! ね?」
と満足げな私の横でジュンツォさんはモグモグしながら何か考えています。
「(モグモグ)おいしい。(モグモグ、、)
でもちょっと胃に重たい感じね。(モグ、ゴクン)
もう少し何かフワフワにしたい。」
おお、さすが小麦粉の使い手はもう次のレベルアップを考えているようだ。
彼女は今、条件や配合を変えてリンゴを発酵させる所から挑戦しています。
しばらくの間、お店のオーブンはパンで忙しく稼働することになりそうです。

● 3月の季節メニュー2点(3月中旬発売予定)
・筍と高菜漬け、鶏胸肉のタンメン  1100円(4月以降の価格は未定)
新筍がでたら春はもうすぐ。
歯ごたえとえぐみのある新筍が早く使いたくて待ち遠しいですね。
筍の食感と軟らかくて淡白な鶏胸肉を
高菜漬けとニンニク、唐辛子で旨辛く味付けてタンメンに乗せました。
豚肉ベースのタンメンに鶏肉の旨味も加われば美味しさも倍増です。
新筍が使えるようになったら味や食感を生かしたメニューをご用意し、
ホームページ、ツイッターなどでお知らせいたしますので
それまでもう少しお待ちください!
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-3-01/
  
・そら豆と豆腐、海老のスープ煮炒め 1260円(4月以降の価格は未定)
鹿児島県からはもうそら豆が出荷されていますね。
旬の先取りでこちらも春待ち食材を使った彩り豊かなおススメメニューです。
そら豆の翡翠色と海老の赤みとそれを引き立たせる豆腐の白。
優しい塩ベースのスープにとろみを付けて炒め煮しています。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/14-3-01/

● 消費税増税による表示価格変更・価格改定のお知らせ
4月1日より消費税が8%に上がります。
食材の仕入れ価格もどのように変動していくか注目事項ですが、
これからも美味しくて安心できる食材をご提供していきたいと考えています。
つきましては段階的に今後も消費税の変更があることを踏まえまして、
メニュー表示を4月から今までの内税表示から外税表示に変更いたします。
また、一部メニューのボリューム調整や単価設定の見直しをすることで、
少人数のお客様にもお腹と相談しながらご安心して、
白龍おススメメニューをより楽しんでいただけるようにと
検討を重ねている最中でございます。
結果としてはそのまま消費税が上乗せされるメニューと、ボリューム調整によって
価格の変更があるメニューが出て参りますが、皆様の毎日の食事やハレの食事が
楽しく美味しい時間となりますよう努力して参りますので
どうぞご理解下さいますようお願い申し上げます。

● 3月の営業予定
今月は通常通り月曜定休で営業いたします。
なお21日(金)の春分の日は祝日にあたるので
ランチタイムの定食メニューがありません。
通常メニューをお楽しみください。

次号は4月1日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

幸運のおまけ ♪ No.0029 12.08.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0029__12.08.15
     http://www.tomato-tanmen.com    PC版
     http://www.tomato-tanmen.com/i/  携帯版
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第29回 白龍トマト館味のベスト5

おはようございます! ふうです。

毎日暑いですね。夏バテなんかしてませんか?
夏バテ防止はなんといってもしっかり食べること。
夏に負けずしっかりと食べましょう!
エイエイオーッ!

さて、白龍トマト館で二ヶ月にわたってアンケートを取りました。
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
本日ここで、白龍トマト館になりかわり、
その結果を発表いたします。
題して「白龍トマト館味のベスト5」。
質問は以下の三つでした。

質問1 白龍に来店したら必ず注文する貴方のおススメメニューを
    1つ~3つまで挙げてください。

質問2 季節メニューで貴方が好きなメニュー、
    もしくはトライしてみたい
    と思っているメニューがあれば、別紙の季節メニュー表から
    いくつでも選んでお書きください。
    例に出ていないメニューがあればご記入をお願いします。

質問3 お知り合いに白龍トマト館をご紹介くださるときに
    お店のおススメポイントなどございましたら
    是非教えてください。

ではここで質問3から結果発表していきます。
質問3は筆記形式だったのですべてこの通りに書かれていたわけではないですけど、
だいたいこんな意味のことが書かれていたという上位5つです。
では、まず第5位。
「野菜が新鮮でたくさん食べられる!」
その通りですねぇ。わたしもこのポイント結構高いです。
「お野菜食べたい」と思ったとき、気軽に入れるお店ってなかなかないですよねぇ。

では、次! 第4位。「女性向けの中華である!」
なるほど、言い得て妙ですね。確かにその通り。
男子向けのガッツリ中華とは一線を画しますよね。

では、第3位。
「他にないトマトタンメンが食べられる店。変わっていてクセになる」
確かに確かに。このポイントははずせません。
いろんなお料理を食べたあとのシメにトマトタンメンがいいですよね。

行くぞ! 第2位。
「何を食べてもハズレがない」
このご意見にスタッフのみなさんは感激してました。
そんなふうに言っていただけるなんて、クーッと瞳をうるうるさせてました。
素敵なご意見ありがとうございました。
このご意見への感想をお願いしますと奈々子さんにマイクを向けると
「ありがたいご意見をいただき、大変恐縮しております」と
あまりのうれしさに緊張の面持ちでした。
きっとこれからさらにお客様に喜ばれる白龍をめざしてがんばるのでしょう。

そして、この項目第1位は、「気取らず家庭的」でした。
おーっ、第2位で緊張していたスタッフのみなさんの表情が少し緩みました。
ここでマイクをシノさんに向けてみましょう。
「第1位に対するご感想は?」
「ま、ね、そうだよね。家庭的。うち家庭的以外できないし、ハハ。
ほら形式張ったりしたら疲れちゃうよね。
白龍に来てもらったお客様にはやっぱりさ、なんていうか
リラックスしてもらわないとね。
リラックスしてこそ繊細な味がわかるしね。
さすがお客様には見抜かれているね」
ご指摘の通り、形式張らない家庭的な本音チラリのご感想ありがとうございました。

さて質問2ですが、これの順位は以下の通りです。
第1位 牡蠣と青菜のトウチ炒め
同票第1位 そら豆と豆腐、海老のスープ煮炒め

第3位 アワビの柚子バター炒め

第4位 牡蠣とホウレンソウのタンメン
同票4位 とうもろこしと豚挽き肉のレタス包み
同票4位 マンゴーと牛肉の甘酢炒め

1位と4位が同票ですが、1位はそれぞれ14票、4位はそれぞれ12票という接戦でした。
どれも本当においしいですものね。迷ってしまわないほうが不思議なくらい。
季節が移り変わるたびにまた来たくなるお店です。

さあ、最後、質問1に対しての発表です。
第5位!(ダラダラダラダラダラ…)←ドラムロールの音
第5位は同票で4位がふたつなので、4位をふたつご紹介します。
まずひとつ、「セロリ漬け」。
もうひとつは「海老巻き揚げ」。
なるほど、なんかわかる気がしますね。
確かにここに入るのはこのふたつかも。納得の順位です。
となると、もうあと上位の3つは、常連さんには予想がつくでしょうね。
先日、講談社の別冊モーニング「モーニング食」に
弘兼憲史さんのご紹介で取り上げていただいたのと同じですね。

では、第3位! (ダラダラダラダラダラ…)←ドラムロールの音
これも同票で2位がふたつです。
そのうちのひとつは、(ダラダラダラダラダラ…)←ドラムロールの音
「餃子!」
そして、もうひとつは、(ダラダラダラダラダラ…)←ドラムロールの音
「スペシャル炒飯!」
もうこれは、当然という感じですね。
スタッフとお客様の思っていたことがピタリと一致するというのが素敵ですね。
ここで料理長にインタビューしてみましょう。
「この結果についてはいかがですか?」
「なんていうかね、よかったよ、よかった、ありがたい、ん、そんな感じ、アハハ」

では、最後に第1位の発表です! (ドロドロドロドロ…..)←ティンパニーロールの音
2012年、白龍トマト館味のトップファイブ、その栄えある第1位は!
(ドロドロドロドロ…..)←ティンパニーロールの音大きくなる
予想通り、「トマトタンメン」です!
この結果、ママさんはどう思っていらっしゃるのでしょう。
マイクを向けるとママさん照れて奈々子さんの後ろに隠れてしまいました。
いや、ここはひとことピシッと決めていただきたいと思います。
照れくさそうにママさんマイクを取りました。
「いつもご愛顧いただき、ありがとうございます。
おかげさまで新店舗も十周年を迎えることができました。
スタッフと一緒にここまで歩いてくることができました。
これも皆様のおかげです。
暑い日も、寒い日も、ご来店いただき、ありがとうございます。
これからさらに一層、お客様に愛していただける白龍トマト館となりますよう
努力していきます。
皆様からいただいたありがたい声を参考に、
さらに精進して参りますので、よろしくお願いいたします」

ありがとうございました。
いかに白龍トマト館がお客様に愛していただいているかがよくわかるアンケートでした。
これを糧に白龍トマト館はさらに美味しい料理の研究と努力を重ねていくでしょう。
そして、家庭的な雰囲気を大切にして、お客様にホッとしていただける場所として
楽しいテイストを忘れずに営業していくでしょう。
ふうも、そんな白龍トマト館が大好きです。

これで2012年白龍トマト館味のベスト5を終了いたします。

ふうでした、またね~♪

P.S.
その1
8月22日(水)~26日(日)はホワイトドラゴン祭第二弾。
お会計金額から5%割り引くサービス期間中です。
ぜひご利用ください。

その2
写真はアルバイトスタッフからもらった10周年祝いの風船。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/12-08-15/

「*次回の配信日は2012年9月1日(土)を予定しております。
配信エラーにより届かないことがございます。
配信日を過ぎても配信のない場合は
info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。
白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com
白龍トマト館携帯電話用ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/i/
白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/
ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen