幸運の白龍 No.0152 19.03.01

幸運の白龍_________No.0152__19.03.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 君子の交わりは
● メルマガ会員様へ3月のサービス
● 3月の営業予定

● 君子の交わりは
こんにちは、キタです。

カメ出し紹興酒が飲みたかったので頼み、「味覚の冒険」のために何かいいものはないかと奈々子さんに聞くと、「ミミガーをアレンジした新しい料理があります」というのです。
すぐに頼みました。
「味覚の冒険」とは、食べたことのないものを食べること。
わたくしにとって心ときめくことなのです。

豚の耳を使った料理を沖縄でミミガーと呼びます。
ゆるやかな風に乗って、三線(さんしん)の音が聞こえてきそうです。
もう20年ほど前、沖縄の本島から離島をぐるっとまわりました。
青くて透明な海が印象に残っています。
会社で沖縄料理の企画がありましてね、そのリサーチのための出張です。
風でうねる畑のサトウキビをかじったり、琉球ガラスのビンに入ったちょっと甘い独特な醤油の味を確かめたりしました。
もちろんミミガーもその時に。
今回白龍トマト館で出してもらったのは「ミミガーと香味野菜のラー油和え」。
沖縄でラー油と来れば、辺銀食堂の石垣島ラー油を思い出します。
ご飯の上に載せて食べると、甘くて辛くて病みつきになるんです。
あれで太ったと言う人が何人かいました。
一時期、白龍トマト館でも何種類かのラー油が用意されていたことがありましたね。
それぞれに特徴があって美味しいものでした。
だけどそのサービス、ご飯ばかり食べることになるので、お店としてはどうなのかな?と思っていました。
でも、それが白龍トマト館なのです。
「ミミガーと香味野菜のラー油和え」に使っているラー油は、白龍トマト館特製のものです。
豚の耳の細切りが入り、それにセロリ、ニンジン、フルーツニンジン、ダイコンを細切りにして、お酢、醤油、花椒(ホァジャオ)、そして特製ラー油で味を調えています。
写真はこちらです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-3-01/#Anchor-71000
野菜のシャクシャクとした歯ごたえと、ミミガーのコリコリ感が混ざってとても美味です。
でも正確に言うと、コリコリというよりはフォリフォリという感じでしょうか。
ミミガーが薄切りで、コリコリというほどの固さではなく、食べやすくて親しみやすい奈々子さんのような柔らかさを感じます。
この味がまだ残っているところに、カメ出し紹興酒のロックを口に含むと、幸せ感倍増です。
グラスを手に持ったまま、「ミミガーと香味野菜のラー油和え」を見下ろすと、頭の中で「君といつまでも」が鳴りだし、「幸せだなぁ」って加山雄三状態になってしまいます。

ところで、荘子に「君子の交わりは淡きこと水のごとし」という言葉が登場します。
年に一度やってくる季節メニュー、定番のものには、この言葉を思い出させてくれるものがあります。
「そら豆と豆腐、海老のスープ煮炒め」がそれです。
ミミガーの次に頼みました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-3-01/#Anchor-71500
今年も年に一度、久しぶりに会う友人のように味わいました。
そら豆独特の味と香り、それに海老がよく合い、そこに豆腐が加わると、普段豆腐の味ってあまり感じることはないのですが、なぜかグググッと引き立ってくるんですね。
不思議です。
36年も前に連載が開始された漫画『美味しんぼ』。
わたくしの記憶が確かなら、その第一回が水と豆腐の話でした。
主人公の山岡士郎と栗田ゆう子が、出された水や豆腐の味の違いを言い当てていくのです。
ほかの人には全然わからない。
そのくらい豆腐の味は繊細なもの。
なのに「そら豆と豆腐、海老のスープ煮炒め」では、その繊細な味を感じることができるのです。
こういうのを組み合わせの妙というのでしょう。
このこともわたくしに「君子の交わりは・・・」を連想させるのです。
こういう料理を味わうと、加山雄三状態が再び。

キタでした。
グラスのロックがカラリと鳴って、またいつか。

● メルマガ会員様へ3月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに二杯まで、レモネード以外のソフトドリンクを提供させていただきます。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」を提示の上、ご注文下さい。

● 3月の営業予定
月曜の定休の他、19日(火)に臨時休業をいただきます。
21日(木)は「春分の日」のため、ランチタイムの定食メニューがございません。
ご承知おき下さい。

次号は2019年4月2日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことが
ございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0141 18.04.01

幸運の白龍_________No.0141__18.04.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● お休みウェルカムですみません
● メルマガ会員様へ4月のサービス
● 4月から始まる季節メニュー
● 4月の営業予定と連休のお知らせ

● お休みウェルカムですみません

今年の桜は開花してからずっと
天気も良くて、絶好のお花見日和が
続きましたね。
本日配信日の4月1日(日)から
4日(水)まで空調設備工事のため
連休を頂いております。
普段絶対営業してる日曜に休むなんて、
さてはエイプリルフールだな?
なんてツッコミを入れたお客様!
嘘ではなく日曜日なのに休んでおります。
ご来店を予定されていたお客様には
ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
施工日程は3日間ということでしたが、
日曜は外せない私用も重なったのと、
調理スタッフは営業前日は数時間でも
仕込みに来るので
完全にはお休みできないんですね。
自分だけお休みを頂くのが
申し訳なかったというのも
4連休の理由です。
経営者としては甘いかもしれません。
春休み明け前だから営業したら
忙しいだろうなあ、もったいないな~
と計算が頭をよぎりますが、
スタッフのウキウキを隠せない様子を
見ていると、こういう出来事でもないと
日曜休みなんて永遠にないから
まあいいか?と思い切ってお休みを
決めてしまいました。
大げさでなく週末の休日というのは、
平日にはないイベントが
沢山転がっているということで、
サービス業にとっては
営業するも休むも胸騒ぎが
とまらないものなのです(笑)。

さて、私用でありながら堂々と
親友の挙式に参列出来ることに
なったわたくし。
これを配信したのちドレスアップして
出かけます!
共通の友人として、
白龍トマト館のランチメニューや、
ポップを手伝ってくれている
榎本恭子さん(通称:えのさん)も
参列するのですが、
2人ともサービス業において
働き盛りの40代。
滑りにくい厨房靴や汚れても構わない
丈夫な制服を着なれていても
フォーマルな服やヒールのある靴には
現在縁遠い生活です。
面倒、大変、どうしよう!といいながら、
主役でもないのにメイクはどうするやら
服は借りるとか、どこで揃えたとか、
ヒールは何センチで歩くの心配とか・・
いつのまにか自分達だって
かなりウキウキして
盛り上がっておりました。
親友の花嫁姿を見たら、
感動して自分のなりふりなど
軽くふっとんでしまうのでしょうが。
これから、今日一番輝かしい幸せな親友を
見届けて参ります。
連休中は、フェイスブックにて
エアコンの修理状況を含めランダムに
お店からUPしたいと思います。
今回えのさんが、
親友の飼い犬をモデルにした
ウェルカムボードを制作しました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/18-04-01/
彼女のタッチはいつもあたたかくて好きです。
お店の為にもまた何か作ってくれるというので
いまから楽しみです。

● メルマガ会員様へ4月のサービス
メルマガ会員の皆様へ、4月のサービスは、
ミニ杏仁を1グループに2つまで
サービスさせていただきます。

● 4月から始まる季節メニュー
・「そら豆と豆腐、
   海老のスープ煮炒め」 1380円
そら豆の緑と海老の紅色、
豆腐の白が彩りよくて
春らしい人気メニューです。
基本はこの食材をベースに、
少しアレンジを加えたたいなとも
思っていますが具体的には未定。
おススメメニューで
チェックしてください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/18-04-01/

・「活きアサリとクレソンと
   生姜を入れたタンメン」 1240円
こちらも春~初夏の定番となってきた
旬の季節麺です。
身厚なアサリの旨味が
タンメンスープに溶け込み、
クレソンが熱々スープの中で徐々に
クッタリと馴染んでいくにつれ
独特のハーブのクセが抜けて
「あら美味しい♡」
生姜も相性ばっちりです。
アサリの仕入れにより
ご用意できないこともございます。
今までは愛知県、三重県の大粒の
アサリを主に仕入れておりましたが、
ここ数年の不漁で産地を吟味して
サイズにとらわれず身の入った
アサリを求めて仕入れしてまいります。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/18-04-01/

● 4月の営業予定と連休のお知らせ
ただいま空調設備工事のため
4月1日(日)~4月4日(水)にお休みを
いただいております。
夏に向けて快適な店内となるよう
準備させていただきますので、
ご容赦下さい。
4月は30日(祝月)に営業し、
翌5月1日(火)に代休をいただきます。
また30日のランチタイムは
定食メニューはございません。
グランドメニューをお楽しみ下さい。
その他は連休をのぞいて月曜定休で
営業しています。

先月お知らせさせていただいた通り、
仕入れ価格が決定的に
値上げされたものについては
メニュー改訂とともに売値価格に
反映させていただきますので
ご了承ください。
紹興酒やワイン、リキュール類を
10円~60円の値上げ、
ソフトドリンク類、ビールは
10円~20円の値上げを
させていただく予定です。
よろしくお願い申し上げます。

次号は代休明けの
2018年5月2日(水)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことが
ございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
____________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
 webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen