幸運の白龍 No.0087 13.10.01

幸運の白龍_________________________No.0087_13.10.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● サルナシで最後のじぇじぇ?
● 10月の季節メニュー
● メルマガ会員様特典
● 10月の営業予定

● サルナシで最後のじぇじぇ?
9月の終わり、築地へ仕入れに出た調理スタッフシノサンが
「今日さ~、サルナシが売ってたよ。サルナシのこと憶えてる?」
と夏の思い出を振り返るように言うので、
「サルナシ?ってナンダッケ? ナンダッケ?」
とつぶやきながら思い出せば、
そうそう、あれは夏のはじめにいただいた
「キルフェボン」のフルーツタルトにのっていた果実のことでした。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/13-10-01/
色とりどりの果実が所狭しと飾られた見事なタルトでした。
彦麻呂だったら、
「果実の宝石箱や~!」
もしくは「フルーツの仮面舞踏会や~!」
いやいや「タルトさん満員御礼や~!」
とかなんとか叫んだりするかもしれない。
その中でマスカットのようでいてキウィのような
甘酸っぱいシトラスグリーンの果実がサルナシでした。
あのサルナシをもう一度果物として食べてみたい!
そう思いたってシノサンの言ってた売り場へと買いに行きました。
サルナシの写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/13-10-01/
ところが売り場にあったサルナシは
タルトにのったプルプルっとしたみずみずしいマスカットの見た目と違って
皮は産毛のないキウィみたい。しかも熟しすぎてしなびたかんじです。
売り場のお兄さんに「これしなびてませんか?」と聞くと
「そんなもんだよ、おねえさん」と気にとめる様子もなし。
「皮ごと食べれるの?」
「あ~、いけるいける」
そういいながら値引きして手渡されてしまいました。
お兄さんホントかよぅ? なんで安くしてくれたんだろう?
オマケさえいぶかしんでしまったのですが、まずは一粒。
ん~なんというか食べごろをちょっとだけ過ぎたキウィという感じ。
芳香が南国フルーツのようでとても強くて甘い香り。
添えられた説明書きを読みながらもう一粒いただく。
キウィのようだと思った通り、
サルナシはキウィフルーツの原種なんですね。
「完熟してやわらかくなった頃が食べ頃です」
「直接口にして指で皮から実を押し出すようにしてお召し上がりください」
お兄さん、皮は食べないらしいですよ。いい加減だなぁもう。
タルトにのっていたのとはだいぶ違うけれど、
しなびたころが食べ頃なんだ。
もう少し酸味があればいいのにな。
ママさんは「あんまりおいしくなーい。もういらない」だって。
買ってきた手前、私は3~4粒口に運ぶ。
「焼酎漬けにする場合は硬いままの実を利用します」
香りが良いから焼酎漬けにしたら美味しいお酒になるかもね。
上手に指でつまんで実を押し出せるようになってきたぞ。
・・・で説明書きの最後の行を読んで
「じぇじぇっ!?」となった。
「一度に食べる数は2~3個くらいにしてください」
「じぇじぇじぇ~、結構食べちゃったよう。
 なんでなの? どうなるの?」
なぜ2~3個までなのかという説明書きはないのである。
気になるから調べてみたら、
どうやらたんぱく質を分解する酵素が強いため
粘膜が荒れてしまうらしいです。
舌が痛くなったり、お尻がかゆくなるとか。
さて次の日です。
舌が痛くなったりお尻がかゆくなったりもせずホッとしましたが
急に口の周りが乾燥したようにヒリヒリしているので
どうやらサルナシのせいかもしれません。
NHKのあまちゃんはもう終わっちゃいましたね。
これからは秋が深まるばかり。
タルトからサルナシに一喜一憂し、「じぇじぇじぇ~」と
アキちゃんの真似をするのも最後になりそうです。

● 10月の季節メニュー
・ナスとインゲンの衣揚げ山椒風味  840円
さくさく衣に隠れた野菜の歯ごたえとジューシーさに加えて
炒めたネギや鷹の爪、ニンニク、山椒などの
スパイスが絶妙な一品です。
昨年はご宴会メニューにも大活躍。
ビール、紹興酒にバッチリ合うのです。
脇に添えられているネギとニンニク入りの酢醤油も
味を引き締めるアクセントとなりますので
お好みで付けてみてくださいね!
ナスがメインのひと品なので、今年はインゲンの他に違う食材が
添えられるかもしれないという調理スタッフのシノサン情報です。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/13-10-01/

・牡蠣入荷(予定)
秋冬の味覚の牡蠣漁が始まり次第、
牡蠣の炒め物や麺をご提供していく予定ですので
お楽しみにお待ちください。
ホームページのお知らせにて入荷次第UPいたします。

● メルマガ会員様特典
ご来店の上、お食事いただく会員様には、
レモネードを含めたソフトドリンク1杯 または
自家製杏仁豆腐おひとつをサービスさせて頂きます。
今月のメルマガ配信画面とわかるものをご提示のうえ、
スタッフまで「メルマガサービス」とお申し付けください。
お会計時にレジにてサービスさせて頂きます。

● 10月の営業予定と連休のお知らせ
14日(祝・月)は営業いたします。
代休として15日(火)がお休みとなります。
また10日(木)の夜は2階フロアが満席に近いご予約を
いただいております。
ご来店の際はお電話にてお問い合わせ
いただくのが確実です。ご了承ください。
その他は月曜定休で通常営業いたします。
よろしくお願い申し上げます。

次号は11月1日(金)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

幸運のおまけ ♪ No.0030 12.11.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0030__12.11.15
http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第30回 ふうふうしながらあったまろう

おはようございます! ふうです。

寒くなってきましたね。
寒くなると恋しくなるのは暖かいコーヒーです。
先日、奈々ちゃんが書いている白龍トマト館のtwitterに
STREAMER COFFEE COMPANYのことが書かれていたので
白龍トマト館に行ってそのときのお話を聞きました。
https://twitter.com/tomatotanmen/status/262812220621209601

「こんにちは~。奈々ちゃん元気?」
「元気よ。ふうちゃんも元気そうね」
「もちろん。STREAMER COFFEEに行ったんだって?」
「そうよ。相方のお友達が長野県松本市でCafeを経営していて
一緒に様子を見に行ったことがあるんだって」
「で、後日奈々ちゃんを連れて行ってくれたということ?」
「そうね」
「奈々ちゃん、ラブラブ~」
「うーん、まぁね。でも、彼が行ったのは夏で、
暑かったからアイスコーヒーを頼んだんだって。
だから本人がラテアートを飲みたくて行ったのよ」
「ふふ、その照れ方も可愛い」
「そういうことじゃないと思うけど」
「そういうことだと思うよ」

旦那様のお友達が経営している
CAFE THE GROVE のホームページはこちら。
http://ameblo.jp/cafe-the-grove/
ラテアートっていいですよね。
わたしのために店員さんが
わざわざミルクの泡にコーヒーで絵を描いてくれるっていう
ちょっとした心遣いがうれしいですよね。
その絵がこんな感じで可愛いとキュンッとするだろうなぁ。
http://ameblo.jp/cafe-the-grove/entry-11393515450.html

そんな話を聞きながら、その日白龍トマト館でふうが頼んだのは
新しいメニューの『ナスといんげんの衣揚げ山椒風味』780円。
見た目も味もとってもナイス。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/12-11-15/

噛むとパリパリという衣の歯ごたえのあとに
ナスやいんげんの香りと歯ごたえがやってきます。
炒めたネギと鷹の爪、ニンニク、
つぶした山椒などの香りや味と相まってうっとり。
しっかりと味はついているのですが
時々脇に添えられている
ネギとニンニク入りの酢醤油をつけてもGood。
白龍トマト館のこういう細やかなところがいいですよね。
つまり、ナスといんげんの衣揚げは
うっとりでしっかりで酢醤油もグーということです。

「これおいしいねぇ」
「そうでしょう。開発に二年くらい費やしたのよ」
「二年! そんなに時間がかかったのはなぜ?」
「二年間そればかり研究していたわけじゃないけどね。
思い出してはトライしていた」
「何が難しかったの?」
「その衣のパリパリ感がなかなかでなかったのよねぇ」
「なるほど、それはどうやって出せるようになったの?」
「まあ、いろんな粉を調合したんだけど、それが大変だったのよね」
「じゃあそれは企業秘密かな」
「まあそんなところね」
「なんでこのメニューを思いついたの?」
「ナスの揚げ物がおいしいお店があってね。
そこのを超えたくていろいろと工夫したの」
「それもひょっとして旦那様と一緒に行ったの?」
「そうだったかなぁ?」
「またまたとぼけちゃって~」
奈々ちゃん幸せそうでいいなぁ。
わたしも一緒にラテ飲みに行こうかなぁ?
パリパリ衣を食べに白龍に来てもいいよなぁ。
なんだかんだありましたが今回は、
「ラテ飲み幸せ衣揚げ、うっとりでしっかりでグー」
ということでした。

ふうでした、またね~♪

「*次回の配信日は2012年12月1日(土)を予定しております。
配信エラーにより届かないことがございます。
配信日を過ぎても配信のない場合は
info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。
白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com
白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/
ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen

幸運の白龍 No.0063 11.10.01

幸運の白龍_______________________No.0063__11.10.01
      http://www.tomato-tanmen.com    PC版
      http://www.tomato-tanmen.com/i/  携帯版
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● 食の事件簿
● 10月の季節メニュー一点
● 会員様特典
● 10月の営業予定

● 食の事件簿
すっかり涼しくなりましたね。
八百屋さんに行っても
ナス・ピーマン・マツタケ・レンコン・サツマイモなど
夏の名残りと秋の食材が入り混じって季節の交代を感じます。
食の楽しみの増える秋ですが、今回のお話は食の事件簿。
月一回のとある集まりで和風餃子を作りました。
和風餃子の中身はというと、厚揚げ・ヒジキ・レンコン・鶏挽肉など
とってもヘルシーなのにそこそこボリュームもある手作り餃子。
もちろん皮もよく練って寝かせた手作り100%です。
集まりの中心に師匠と呼ばれる食の達人のおじさまがいるのですが
パリッパリの羽つき餃子を丸皿いっぱいにドカーンと焼いてくれました。
餃子を主食にして他には豚肉のピカタのトウチソース和え、
冬瓜のお粥仕立てスープなどを囲んでさあ「いただきま~す!」
「餃子美味しいね、スープもあっさりで丁度いいね」なんて
和やかに食卓を囲んでいたのですが、
わたし、雰囲気をぶち壊す事件をおこしてしまいました!

師匠が餃子を気に入って、おかわりで丸皿に箸を伸ばした時のことです。
パリッパリの羽が皿から落ちそうな状態からはらりと落ちました。
わたし、無意識に「もったいない」と思ったのか横から手を伸ばして羽をパクリ。
途端に「俺の羽とったな!楽しみにしてたのになんてことしてくれるんだ~!!」
さらに「横取りして~。血をみるぞ~!」
冗談かと思いましたが師匠のお顔が半ばマジメだったので私がびっくり。
「あ、ゴメンナサイ(笑)」で済みそうな私の感覚と
師匠の真剣なお怒りのギャップに驚くメンバーの中で
かなりばつの悪い謝罪をしました。
美味しく食べることに関して厳しい師匠ならではの怒りなのでしょうが
そのあと皆が餃子に手を伸ばす時の緊張感がたまりません。
今思い出すとじわじわ笑えますが。
師匠になんでも言えるセレブな奥様が
「もお、男性って子供なんだから~。娘の彼氏もね・・云々続く」
と取りなしてくれたのが食卓の救いでありました。
まあ、それだけ美味しいものに真剣に取り組んでしまう季節と言えましょうか。
そういえばアニメの「アラレちゃん」に登場する刈り上げお嬢さんが
ショートケーキにのった大好きなマンモスイチゴを最後までとっておいて、
「ん?嫌いなのかい?」とお父さんにパクリと食べられて
怒って家出しちゃうお話がありましたっけ。
食卓は時に事件につながりますので皆様もご注意ください。

●10月の季節メニュー一点
・いちじくとレバー、きのこの黒酢ソース炒め 1050円
夏定番の「マンゴーと牛肉、ピーマンの甘酢炒め」に続く
果実とお肉の好相性で是非試していただきたいお料理です。
いちじくのある季節限定なので早々に終了したら御免なさい。
もしこちらを目的にご来店くださるお客様は
お手数ですがお電話にてご確認くださいませ。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/11-10-01/

・その他、季節のおいしいお料理を仕入れによりおススメメニューとして
ご用意しています。ご来店の際チェックしてみてくださいね。

●会員様特典
「楽しい白龍2700円コース/お一人様(税込・飲み代別)」を
2名様~4名様でご予約の上ご来店いただくと、
ワインハーフボトル又はかめ出し紹興酒2合
またはウーロン茶デキャンタサイズをサービスさせて頂きます。
会員様を含むグループ、またはご紹介くださるグループで、
会員ご本人様から予約をいただいたグループが対象です。
いつもお腹いっぱいで食べられないメニューがある、
お店を紹介した方に色々と楽しんで食べていただきたい、
そんなご意見をもとに小グループでも楽しくシェアできるよう
人気メニューと季節の炒め物も味わえる内容にしました。
ドリンクのサービスを受けるにはお手数でもご予約の際に
メルマガ会員であることをスタッフまでお知らせください。
御連絡先は03(5988)7330 まで。

コース内容は下記の通りです。
漬物・冷菜盛り合わせ
豚の角煮 又は ゆで豚
餃子
海老巻き揚げ
炒め物から2品チョイス
トマトタンメン 又は スペシャル炒飯
ミニ杏仁豆腐

● 10月の営業予定
10日(祭月・体育の日)は営業いたします。
翌日11日(火)が代休となりますのでご注意ください。
日・祝祭日のランチメニューは定食はありませんので
ご了承ください。
その他は通常通り月曜定休で営業いたします。
次号は11月1日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
hakuryu0808@nifty.com
までご連絡ください。

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館携帯電話用ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/i/

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

白龍トマト館のツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen