幸運の白龍 No.0152 19.03.01

幸運の白龍_________No.0152__19.03.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 君子の交わりは
● メルマガ会員様へ3月のサービス
● 3月の営業予定

● 君子の交わりは
こんにちは、キタです。

カメ出し紹興酒が飲みたかったので頼み、「味覚の冒険」のために何かいいものはないかと奈々子さんに聞くと、「ミミガーをアレンジした新しい料理があります」というのです。
すぐに頼みました。
「味覚の冒険」とは、食べたことのないものを食べること。
わたくしにとって心ときめくことなのです。

豚の耳を使った料理を沖縄でミミガーと呼びます。
ゆるやかな風に乗って、三線(さんしん)の音が聞こえてきそうです。
もう20年ほど前、沖縄の本島から離島をぐるっとまわりました。
青くて透明な海が印象に残っています。
会社で沖縄料理の企画がありましてね、そのリサーチのための出張です。
風でうねる畑のサトウキビをかじったり、琉球ガラスのビンに入ったちょっと甘い独特な醤油の味を確かめたりしました。
もちろんミミガーもその時に。
今回白龍トマト館で出してもらったのは「ミミガーと香味野菜のラー油和え」。
沖縄でラー油と来れば、辺銀食堂の石垣島ラー油を思い出します。
ご飯の上に載せて食べると、甘くて辛くて病みつきになるんです。
あれで太ったと言う人が何人かいました。
一時期、白龍トマト館でも何種類かのラー油が用意されていたことがありましたね。
それぞれに特徴があって美味しいものでした。
だけどそのサービス、ご飯ばかり食べることになるので、お店としてはどうなのかな?と思っていました。
でも、それが白龍トマト館なのです。
「ミミガーと香味野菜のラー油和え」に使っているラー油は、白龍トマト館特製のものです。
豚の耳の細切りが入り、それにセロリ、ニンジン、フルーツニンジン、ダイコンを細切りにして、お酢、醤油、花椒(ホァジャオ)、そして特製ラー油で味を調えています。
写真はこちらです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-3-01/#Anchor-71000
野菜のシャクシャクとした歯ごたえと、ミミガーのコリコリ感が混ざってとても美味です。
でも正確に言うと、コリコリというよりはフォリフォリという感じでしょうか。
ミミガーが薄切りで、コリコリというほどの固さではなく、食べやすくて親しみやすい奈々子さんのような柔らかさを感じます。
この味がまだ残っているところに、カメ出し紹興酒のロックを口に含むと、幸せ感倍増です。
グラスを手に持ったまま、「ミミガーと香味野菜のラー油和え」を見下ろすと、頭の中で「君といつまでも」が鳴りだし、「幸せだなぁ」って加山雄三状態になってしまいます。

ところで、荘子に「君子の交わりは淡きこと水のごとし」という言葉が登場します。
年に一度やってくる季節メニュー、定番のものには、この言葉を思い出させてくれるものがあります。
「そら豆と豆腐、海老のスープ煮炒め」がそれです。
ミミガーの次に頼みました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-3-01/#Anchor-71500
今年も年に一度、久しぶりに会う友人のように味わいました。
そら豆独特の味と香り、それに海老がよく合い、そこに豆腐が加わると、普段豆腐の味ってあまり感じることはないのですが、なぜかグググッと引き立ってくるんですね。
不思議です。
36年も前に連載が開始された漫画『美味しんぼ』。
わたくしの記憶が確かなら、その第一回が水と豆腐の話でした。
主人公の山岡士郎と栗田ゆう子が、出された水や豆腐の味の違いを言い当てていくのです。
ほかの人には全然わからない。
そのくらい豆腐の味は繊細なもの。
なのに「そら豆と豆腐、海老のスープ煮炒め」では、その繊細な味を感じることができるのです。
こういうのを組み合わせの妙というのでしょう。
このこともわたくしに「君子の交わりは・・・」を連想させるのです。
こういう料理を味わうと、加山雄三状態が再び。

キタでした。
グラスのロックがカラリと鳴って、またいつか。

● メルマガ会員様へ3月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに二杯まで、レモネード以外のソフトドリンクを提供させていただきます。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」を提示の上、ご注文下さい。

● 3月の営業予定
月曜の定休の他、19日(火)に臨時休業をいただきます。
21日(木)は「春分の日」のため、ランチタイムの定食メニューがございません。
ご承知おき下さい。

次号は2019年4月2日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことが
ございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運のおまけ ♪ No.0044 16.05.15

幸運のおまけ ♪ _________________No.0044__16.05.15
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

第44回 カツカツ婚活、パクパクパクチー

おはようございます! ふうです。

あの、気づいたらもうすぐ20代が終わるんです。
うちの父は「もうすぐ大晦日だよ」なんて言うんです。
放っといて欲しいんですけど、事実だから仕方ないんですけど。
この怒りというか、悔しさというか、なんでしょうね、
やりきれない感情をどうにかしたいんです。
そこで父に婚活開始宣言をしました。
でもですよ、宣言したのはいいんですけど、
いままで仲良しだった男性たちにいきなり
「結婚を前提にお付き合いください」とは言えませんし、
どうしたらいいんでしょう。
この性格ですから、突然色仕掛けというのも
相手になんか失礼な気がします。
どこかにいい方はいらっしゃらないでしょうか?
贅沢は申しませんが、収入がしっかりしていて、
家族をしっかり守って下さって、まじめで、
ギャンブルなどにははまらず、浮気せず、
私と一緒にあの世に行くまで楽しく暮らして下さる男性が
いいのです。
こう書くと、かなり贅沢なのかもしれません。
ふう。
先日、こんな話を奈々ちゃんにしたら、
「そうよねぇ、私も結婚前はいろいろと悩んだな」って
まあそうなんでしょうけど、もうしっかり過去形なのですよね。
で、これは恥ずかしいから書かないでおこうと思ったけど、
書いちゃいます。
婚活パーティーに行ってきました。ぎゃー。
「謎の婚活パーティー」ということで、
行く先は当日まで秘密でした。
見知らぬ男性に会う、しかも知らない場所で会う、という
二重のドキドキがあっていいかもと思って申し込んだのですが、
行ってびっくり玉手箱。
行った先がなんと、水戸の納豆工場でした。
嘘でしょう〜〜と思いました。バス降りて絶句でした。
みんな大笑いでした。
工場見学して、納豆食べて、お土産もらって帰りました。
私の小指につながっている赤い糸は、
納豆のネバネバなのでしょうか?
笑いごとではないのです。
ピンと来る男性もいなかったので、収穫は三種類の納豆のみ。
大粒、定番、ひきわりです。クーッ。
その晩はお酒を飲んで寝ました。
後日、奈々ちゃんにそのことを報告に来たら、
「じゃあさっぱりしたパクチーの料理でも食べたら」
というので、いかと黄ニラとパクチーの塩炒めをいただきました。
ビールと一緒に食べていたらちょっと元気になりました。
パクチーを噛むとあの華やかな香りがお口に広がります。
いかと黄ニラのほかにもしめじ、えのき、ヤーコン、
パプリカ、ヒメタケなんかが入ってました。
写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/16-05-15/
とてもおいしい。だけど日によっては組み合わせが変わるとのこと。
その日の組み合わせは一、二週間で変わる、
同じ組合わせはもうしばらくできないというので、
同じのもうひとつ頼みました。
しかも、まったく同じではなくパクチー増量で憂さを晴らしたいと
シノさんに「パクチーもっと、もっと」と無理言ったら
「そんなに入れたら値段が高くなっちゃうけどいい?」っていうから
「金に糸目はつけない!」と思わず叫んじゃいました。
今度はカメ出し紹興酒と一緒にパクチーいっぱいのをいただきました。
こっちもおいしかった。
そうだ、ここで悲しい報告とうれしい報告を。
まずは悲しい報告。
実は、この「幸運のおまけ ♪」この44号で打ち切りとなります。
44回も読んでいただき、ありがとうございました。
(;_;) うるうる。44回もよく続きました。
ときどき「ふうちゃんの原稿、面白いねぇ」と言って下さる方がいて、
そのたびに奈々ちゃんに教えていただき感激してました。
応援ありがとうございました。m(_ _)m
では、もうひとつのうれしいご報告。
実は、「幸運の白龍」の原稿を、年に四回ほど
任せていただくことになりました。
ばんざ〜い。
ますますがんばって書いちゃいます。
ということで、これからもふうの原稿は続きます。
いつまで書かせてもらえるかな?
応援よろしくお願いしま〜す。♬

明日から三日間、ゴールデンウィークの代休となります。
16日〜18日の月、火、水が代休です。
白龍トマト館のお料理を三日間も食べられないなんて
我慢できない!という方は、
今日ぜひいらしてください。

ふうでした、またね~♪

「*次回の配信は2016年6月1日(水)を予定しております。
 配信エラーにより届かないことがございます。
 配信日を過ぎても配信のない場合は
 info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター「白龍トマト館」
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook「白龍トマト館」
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0113 15.12.01

幸運の白龍_________________________No.0113__15.12.01
            http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● 永遠に眩しい新宿
● 12月の季節メニュー
● 会員様特典
● 12月と年末年始の営業予定のお知らせ

● 永遠に眩しい新宿
今年の酉の市は三回ありました。
酉の市が3回ある年は火事が多いとよくいわれますが
なぜでしょうね?
酉の市とは簡単にいえば、11月の暦で酉にあたる日に
商売繁盛と健康祈願の為に参拝するお祭りです。
三の酉の年は、
これに火の用心祈願が加わることもあるそうです。
福を掻きこむための開運熊手を買ってゲン担ぎするというのは、
商売をしていればこその年中行事ともいえます。
白龍トマト館では熊手を購入したことはないですが、
わたしの身内も自営業で、
顧客様に熊手職人の方がいるという御縁で
3年前から新宿の花園神社に一緒にお参りしています。
今年も無事に過ごせたお礼を言いながら古熊手を返し、
来年の開運招福のために新しい熊手を買って参拝するのです。
見栄を張って毎年熊手を大きくする必要もありません。
まだまだ気持ちだけ上乗せ祈願です(笑)。
前夜祭の始まる午前0時を目指して真夜中に
新江古田から大江戸線にのって花園神社へ。
神社の入口から始まる屋台の灯り、
美味しそうな醤油を焦がした匂いと人の熱気で
徐々に寒さがやわらいでゆき、
少々眠い時間帯の頭も妙に冴えていくのであります。
熊手売りの露天商が並ぶ一角は
大小の熊手が白熱球でライトアップされてきらびやかです。
大きい熊手ほど上の方へ
これでもかというくらい飾られているので、
熊手に装飾されたお多福さんや
大きな招き猫に上から見下ろされながら
眩しい露店内を歩くうち、
だんだんとこの賑わいに馴染んでいく感覚が
なんとも心地いいんですよね。
(飾られた熊手の写真)
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-12-01/
小さい頃に母の店の仕事が終わってから夜遅く、
新宿の白龍へとタクシーをとばしてご飯を食べによく行きました。
西新宿5丁目あたりは12社通り(昔の呼び名ですね)と言って
成子坂下と中央公園を結ぶわりと静かな通りですが、
母の実家である白龍が深夜に煌々と明かりをつけて
お客様で賑わっている光景は白一色で
白熱球の眩しさに似ていました。
油の匂いが染みついた床で
滑らないようにと歩く時は気をつけて、
大人たちがビールの大瓶を空けているのを
しれっとした顔をして横眼でみながら
どんどん出てくる湯気のたった料理を大人しく食べていた。
眠たい子供の時間帯にはしゃべる大人の会話も
日本語には聞こえていなくって、
ただ、お店の鍋を振る音とか
食器のがちゃがちゃと、お客様のがやがやの声で
眼が冴えちゃった頃に帰りのタクシーでまた
ウソみたいに静かな中野区江原町へ戻っていくという思い出。
11月に新宿の白龍が閉店いたしました。
身内事ながら詳しく聞いてはおりません。
新宿時代のお客様が語って下さるのは、
ちょうど自分が白熱球のように
眩しすぎて眼を細めながら感じていた勢いある雰囲気そのまま。
その頃子供だった私と、
すでに自分の足で食べに行っていた大人のお客様が、
思い出話を共有しているということがちょっと不思議です。
そして、誰かに御馳走してもらえるような若い頃に
連れて行ってもらったという世代のお客様の半分くらいが、
すごく好きだったし懐かしいんだけど、
何を食べたか覚えていないんだよね、と言うのです。
それって私と同じ感覚。
私も一部の色や湯気が熱いということでしか記憶していないのに
キりとられたひとつひとつの場面に勢いがあって
とても魅力的なお店でした。
母はその勢いに魅せられて、
この土地で独立して張り合いをもってやってきたのかと
思うことがあります。
いつまでも賑やかな眩しいままの西新宿のお店の思い出を
もっと色々な方から伺っておきたいなと今更ながら思っております。
今年も残すところ一か月ですが、
皆さまがご健康で美味しいものを味わっていただけますように。

● 12月の季節メニュー
柚子と青唐辛子のタンメン 1080円
お待たせいたしました!
今年は半月ほど遅いスタートとなります。
唯一のお醤油ベースのタンメンです。
柚子香るスープに冬の代表的青菜のほうれん草をのせ、
旨味を増した長葱と青唐辛子を炒めて香ばしさを加えた
季節の人気タンメンです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/15-12-01/

● 会員様特典
年末まであと1カ月!ということで、今年の締めくくりに
大切なご家族様やご友人と楽しくお酒を酌み交わしましょう。
こちらは会員様のご予約特典です。
このメールマガジンをご覧になって
ご予約くださった会員様のグループには
芳醇なカメ出し紹興酒を
一本1600円のサービス価格でご提供いたします。
店内で飲みきっていただければ本数に制限はございません。
すでに12月のご予約を頂いている方も、
当日のご注文の際にメールマガジンを
スマホなどで表示して見せて下さるか、
プリントアウトしたものをお持ちいただければご利用可能です。
今回はご宴会のコースでのご利用は
できませんのでご了承ください。

● 12月と年末年始の営業予定のお知らせ
本年度の営業は30日(水)までとなります。
月曜定休ですが、
28日(月)は営業いたしますので
皆さまのお越しをお待ちしております。
下記日程は2階フロア貸し切りとなります。
時間帯も含めてご確認ください。
3日(木)17時~ラスト
19日(土)11時30~15時
22日(火)17時~ラスト
1階カウンターは通常営業しております。
貸し切り日については、
随時ホームページブログを更新し、告知いたしますので
ご来店前にご確認ください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/
23日(祝・水)は営業いたしますが
ランチタイムの定食メニューがございません。
通常メニューをお楽しみください。
年始は3日(日)に短縮営業いたします。
ラストオーダー8時くらいを予定しております。
4日(月)は定休日どおりお休みをいただき、
5日(火)ランチタイムより定食メニューで営業する予定です。
お電話でのお問い合わせはこちらへお願いいたします。
年末年始は混むことがございます。
ご来店いただいても満席の場合
しばらくお待ちいただくことがございます。
ご予約いただけると確実にお食事いただけます。
03(5988)7330

次号は2016年1月1日(金)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

___________________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen