幸運の白龍 No.0196 22.11.01

幸運の白龍_________No.0196__22.11.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 龍の瞳
● 11月の季節メニュー
● 11月の営業日のお知らせ

● 龍の瞳
ひさびさにママさんが出勤した日、ふたつの偶然が重なりました。

まず一つ目は、このメルマガにもたびたび登場いただいているピアニストの鈴村真貴子さんがランチにいらしたのです。

鈴村さんは東京芸術大学大学院を首席で卒業し、クロイツァー賞を授与され、このメルマガが発行される11月1日に東京文化会館にてクロイツァー記念会創立60周年記念演奏会で舞台に立つことになっています。演奏会前に白龍で食べたいと来ていただきました。まだ鈴村さんが学生の頃、白龍でアルバイトとして働いてもらっていたのです。ママさんの隣に座って、楽しそうにお話しして帰られました。

もうひとつは、白龍で日本酒や紹興酒のお燗を注文いただくと、卓上チロリで提供いたしますが、その酒燗器、通称ミニかんすけを製造販売している会社の皆さんがいらっしゃいました。お付き合いのきっかけは、前社長の故N様が営業でミニかんすけを持って来てくださったのがご縁の始まりでした。

N様はチャレンジ精神のあるかたで、酒燗器の技術を活かして鉢植えの土壌温度管理器を発明したり、無農薬米から日本酒を作ったりしていました。ご来店の度にアイデアにあふれた楽しいお話をうかがい、勉強になりました。特に日本酒のお話しは、ご自分で作るだけあってとても詳しく、いろいろな日本酒を知るきっかけになりました。

2014年のある日、手がけた無農薬米から醸造したという試作の日本酒を頂戴しました。

「仕込んで瓶の中で熟成させているから、一年たった頃に飲んでみて!」

挑戦と遊びに満ちた眼差しで手渡された四合瓶には「龍の瞳」というラベルが貼ってありました。

ところが、それから一年たたないうちに、N社長は帰らぬ人となりました。試飲して報告するという目的を失ってしまった平野は、何年たっても「龍の瞳」を開栓するきっかけを持てずに2022年を迎えてしまいました。

一度は店内の断捨離と整理整頓が進められた時期に、「龍の瞳」は処分リストに上がりましたが、捨てられない性分の平野がごねたことにより、その後も冷蔵庫の一角に眠り続けました。

一方で、このまま飲まないのならどこかでご供養をするべきなのかな、とも考え始めていました。

そんなとき、会社の皆様がご来店くださいました。しかもその日はN様の命日だったとか。N様のあとを引き継いだ社長と社員、そしてN様と親しくしていたというお友だちといらっしゃいました。

ランチの時間でしたが、献杯したいと日本酒の熱燗を注文いただきました。N様の開発したミニかんすけでお出ししました。一緒に「ぜひ開栓をお願いしたいお酒があるんです」と平野が「龍の瞳」の四合瓶をテーブルに置くと、N様のお友だちは「え~!?」と驚いたあとに「ああ、たしかに作ってた。作っていたよねえ」と懐かしそうに写真を撮り、皆さんで故人のお話をはじめられ、「龍の瞳」を味わっていらっしゃいました。

「龍の瞳」にN様ご本人を見るようなやさしく緩んだ眼差しを向けられていたのを接客越しに拝見することができましたので、断捨離できない性分がたまには良い方向へ働いて良かったなぁと思いました。

時を待って開栓を許されたN様のお酒は、醤油のような香りを纏った古酒の味わいでしたが、想像していたよりずっと透明感があって、微発砲の泡がとても美しく立ち上って、まだまだ美味しく保たれていました。

「これはきれいなお酒だね」とN様が日本酒を褒めるときによくおっしゃっていたのを思い出しました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/22-11-01#Anchor-93000

ふたつとも、白龍トマト館の前オーナーであるママさんが、店内カウンター席に戻ってきた日の出来事です。「ママさん、持っている」と思いました。これからは木曜と土曜のランチに車椅子帯同で出勤予定です。

「まだ私歩けるわよぅ、みんなに迷惑かけたくないわよ」となかなか車いすに乗りたがらないママさんには、「新しいマイカーだよ」と笑わせてなんとか乗ってもらいます。

歳なりにあちこち患いも出てきて、おそらく体の不自由による不安や人に迷惑に思われたくないという気持ちが外出を遠のかせているところもあるかなと思います。でも、自宅でする話題はいつも白龍のこと。お客様のこと、従業員のこと、娘である平野のこと、いろいろ気にしてくれているんだなと感じます。

年齢による不自由は順番にめぐってくることなので、申し訳ないとか遠慮の気持ちなど持たないで、今まで通りお店で過ごしてもらえたらと思っています。

カウンターの端に座っているママさんから不意に、五目チャーメンの美味しい食べ方をレクチャーされたり、トッピングアイテムとして有料メニューにしている豆板醤がサービスでついちゃうことがあるかもしれません。ご理解いただき、サービスを受けていただけるとありがたく思います。

お一人で静かにお食事なさりたいというかたは、2階席にご案内いたしますので、遠慮なくお申し付けください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

● 11月の季節メニュー
・牡蠣のシーズンはじまりました。
「牡蠣と青菜のトウチ炒め」 1490円(税込)
「牡蠣とほうれん草のタンメン」 1490円(税込)
暑い夏の冷やしトマトメンがシーズン終了を迎え、肌寒くなってくると牡蠣タンメンのお問い合わせが多くなります。
大粒の広島県産の牡蠣ですと、5~6粒ぐらい入って、食べ応えのあるごちそう感たっぷりのメニューです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/22-11-01#Anchor-93500

● 11月の営業日のお知らせ
本日、11月1日(火)は前日の定休日とつなげて連休をいただきます。
11月22日(火)も21日(月)と併せての連休となります。
11月3日(祝木)、23日(祝水)のランチタイムは定食メニューではなく通常メニューでのご案内ですので、よろしくお願い申し上げます。
こちらに営業日を表示したカレンダーがございます。
http://bit.ly/tomatancal

Googleで「白龍トマト館」を検索すると、Googleサイト内で営業時間が見られるようになっていますが、そこに表示されている営業時間には、臨時休業などが反映されていません。なので、白龍トマト館のサイトにあるカレンダー(http://bit.ly/tomatancal)をご覧になるか、お電話によるお問合せをお願いいたします。
お電話はこちらまで。
03-5988-7330

次回の配信は12月1日(木)です。
2日間たっても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までお問合せ下さい。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
https://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

インスタグラム
https://www.instagram.com/hakuryutomatokan/

幸運の白龍 No.0163 20.02.01

幸運の白龍_________No.0163__20.02.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 春節 春巻き
● 2月の季節メニュー
● ご宴会・会食承ります
● メルマガ会員様へ2月のサービス
● 2月の営業日のお知らせ

● 春節 春巻き 
元アルバイトスタッフ、現ピアニストの鈴村真貴子さんの御実家からみかんが一箱送られてきました。段ボール箱をあけると、「はるみ」「青島」「ぽんかん」3種類もはいってました。

いつも畑で出来た自家製野菜を送ってくれるので「とうとうみかん畑まではじめたのですか?」と連絡したら、わざわざ購入してプレゼントしてくださったのでした。
「ママさんやお店の方たちが、風邪にかからないようビタミンとってね」と。

年始にはやはり元スタッフの子が、「ママさんが美味しいって言ってくれてる養鶏所の卵食べてね」と届けてくださったりして、いまもママさんを慕ってお店にまでも色々して頂いて、娘としてはホント泣けちゃいます。

そうそう、広東省では春節に蜜柑の木(お供えなどでなく鉢植えの単位で)を門松のように飾ったり、目上の人がお年玉のように目下の人に蜜柑をあげたり、またシンガポールでもお互いに交換しあう慣習があるのだとか。蜜柑の字や発音が、向こうでは「吉」に似ているらしく、縁起がいいものなのだそうです。

この度白龍に送られてきたみかんも丁度春節が始まった時だったので思いだしました。

(参考 https://www.arachina.com/festivals/spring-festival/food.htm )
(参考 https://dailyportalz.jp/kiji/170127198650 )

風邪にも気を付けたいですが、武漢を中心として爆発的に流行してしまっている新型ウィルスも早く終息に向かうといいですね。

中国の広州に住んでいる幼馴染が、街は人通り少なくとても静かで一日家の中ですごしているということでした。中国では春節を迎えていて、本来はおめでたい穏やかな正月気分のはずだったでしょう。

中国大陸というひとくくりに出来ない広さの中にあって春節に何を食べるかを語りづらいですが、日本でいうお餅にあたる一般的な食べ物は水餃子だそうですね。

昔の貨幣の形に似ているということで「お金を稼げるように」という縁起担ぎの意味があるとか。商売っ気ある熱量がさすが中国ではありませんか。

春節の始まりから5日間はそれを食べ続けるという習慣もあったようですが、食も豊かに贅沢になった現代では御馳走を並べて一家団欒というのは日本と一緒ですね。

その流れで、字面から春巻きも元は春節に食べるものだったのではないか、と思って調べてみたら、やはり立春に春に芽吹く菜花たちを巻いて食べるというところにもネーミングの由来があるようです。

始まりには諸説あり宗教的な説では、五臓(肝・心・脾・肺・腎)に気を通す意味で、立春の時期に5種類の匂いの強い野菜(葱・韮・にんにく・香菜等)をクレープのようにして巻いて食べたともあります。(参考 1995年3月号「dancyu」点心のアイドル春巻きの記事から)

いずれにせよ今では食材もバリエーションがひろがり、点心に欠かせないポピュラーなメニューです。

春巻きのことばかり検索していたら無性に食べたくなったので、定食の付け合わせにしようといいながら、大量に作ってもらいめでたくまかないとなりました(^v^)。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-02-01/#Anchor-76000

今回は舞茸の春巻きでしたが、ママさんの作る角煮と筍、葱の入った春巻きは白龍らしくて好きです。いつかまた春巻きを作る時を楽しみに。

皆さまもお身体に障りなく。

● 2月の季節メニュー 
・塩卵と菜の花の花椒タンメン 1110円(税込)2月4日~
中華スパイスを利かせた塩だれに漬けた自家製塩卵をかじりながらタンメンを食べ進めるととっても美味しい。
菜の花のほろ苦さもアクセントのオリジナルタンメンです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/menu-seasonal-entantoaonanotanmen/

・ホタテ貝柱と彩り野菜の塩炒め 1780円(税込)
*2月1日~16日くらいまで。食材が変わる場合もございます。
刺身用の大きめホタテとレンコンやカブ、アスパラガスなど沢山の種類のお野菜を使った広東風の炒め物です。
葱オイルの香りと薄めの塩味が素材を引き立てます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/20-02-01/#Anchor-76500

●ご宴会・会食承ります。
白龍トマト館で新年会をしませんか? ご予算、飲み放題などご要望に添えるよういたします。
コースについてはホームページのご宴会例を参考になさってください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/menu-party/
ご来店の際は、ホームページのカレンダーをご確認ください。
http://bit.ly/tomatancal
土日祝日の貸し切りのご宴会は現在お受けしておりません。
御了承ください。

● メルマガ会員様へ2月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスも、人気のミニ杏仁豆腐を1グループに2名様まで提供いたします。スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

● 2月の営業日のお知らせ
2月24日(祝月)は営業いたします。
代休として25日(火)にお休みを頂きます。
その他は月曜定休にて営業いたします。

11日(祝火)、24日(祝月)はランチタイムに定食メニューはございませんが、通常通りの時間で営業いたします。

HPに営業予定カレンダーがございます。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2020年3月1日(日)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0154 19.05.01

幸運の白龍_________No.0154__19.05.01
http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
たくさん召し上がっていただける
創作中華料理店

今日のメニュー
● 令和元年スタート!
● 5月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ5月のサービス
● 5月の営業予定

● 令和元年スタート!
新元号を迎えるまでひと月の準備期間があったせいか、この響きもなれてきました。
平成最後の白龍トマト館での御注文は「ゆで豚のニンニクソース」と「トマトタンメン」。初めて御来店くださったお客様でした(^-^)。
トマトタンメンのセロリの葉のアクセントを気に入って下さったようでこちらも嬉しかったです。

4月30日はお店もお休みをいただいて、雨でしたので出かけずに平成天皇陛下の御退位の儀式をニュースで見ていました。
伝統装束に身をつつまれ拝礼なさる天皇陛下を見ていたら「平成」時代が終わったんだなあと実感が湧いてきました。
お休みをいただいていなければ漠然と「元号が変わるくらいで日常生活に影響があるわけでもないし」くらいに思っていたでしょう。
昭和にうまれましたが、10代から現在に至るまで歳を重ねるなかで大切な節目を迎えて来たのは平成時代。
30年で終えるのは短かかったけれど、自分の人生の中盤が令和のスタートと一緒にはじまったともいえます。
元白龍アルバイトスタッフで現在ピアニストの鈴村真貴子さんが、「令和」はフランス語で「ヘイヴァ」って発音するんだって教えてくれました。
「平和」の響きにも似ていいですね。
さあ、今日からまた頑張ろうっと。
皆さんはどんな気持ちで令和スタートを迎えていますか?
地元中野区では来年度に統合合併する小学校の名前が「○○区立令和小学校」になる予定だそうです。
新しい名前の小学校が平和と希望の学び舎としてずっと続いていきますように。

さて、ここ最近お店に懐かしいお客様がいらっしゃることが重なっています。
新宿の本家白龍の人や練馬区豊玉北での創業時にお世話になった方やら・・
その中にはこんなふうな言い方をしては失礼なのですが、当時のママさんから(当時おそらく些細な行き違いで)「出禁(出入り禁止の略)」となってしまった人も!
「憶えてる?」
なんて懐かしそうにいらっしゃって、まずはうちの大将がびっくりしています。
店の奥でもやしのひげを取っていたママさんに知らせると「あらやだ、そうなの?ありがたいわね」といって出てきて笑いながら「元気?」なんて世間話をはじめております。
「出禁」とは。もう来ないで頂戴という引導を渡す意味ではなかったのか。
引導を渡されたお客様は理由はともあれそんな風に言われて「二度と来ないぞ」とも思ったはず。
「時を経るとこんなふうに思い出話として仲良く話せるものなのか」と感心してママさんにそう伝えると、ひとこと「お互い歳をとったのよ。フフフ」ですって。
そんなふうに笑って流せるママさんのキャラクターも、懐かしんで足を運んでくださったお客様も気持ちがやさしくていいですね。
お店っていろんなドラマが生まれて面白い空間です。

最後にもう一つ白龍にとっていいお話。
7月に白龍卒業のきまった学生スタッフのかわりに募集をかけようとしていた矢先、「いつからアルバイトできますか?」とマスクをかけたまま男の子が飛びこんできました。
「は?(どちら様ですか)」と勢いにのまれて言葉に窮していたら、お客様の息子さんでした。
前から「大学生になったら、ここで働かせてもらいなさい」「よそも勉強しておいで」と息子さんにいう御家族さまと笑い話でしていた記憶が・・・。
このたび大学生になって本当にやってきました。
お家の御商売の手伝いはしなくていいの?と尋ねると「身内だと(給与の)出所が一緒だから、お世話になってこい、と言われました」。
なんとも打ち明け話が正直なすぎるので笑ってしまいました。
ということで、令和のスタートから新しいスタッフにめぐまれています。
新しいスタッフもどうぞよろしくお願い申し上げます。

● 5月の季節メニュー
活アサリが旬!大粒で中身もしっかり入ったプリプリのアサリをお楽しみください!
活アサリの写真
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-05-01/#Anchor-72900
・「活アサリのピリ辛タンメン」1100円(税込)
・「クレソンと活アサリ、生姜を入れたタンメン」1240円(税込)
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-05-01/#Anchor-72000
・「活アサリのピリ辛炒め」1080円
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-05-01/#Anchor-72300

● メルマガ会員様へ5月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2つ、ミニ杏仁豆腐を提供させていただきます。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

また、令和スタートを祝って1日(水)と2日(木)は人気のセロリ漬けを100円で提供いたします!
「令和」を数字に直すと「010」ということになりますが、流石に10円ではセロリを仕入れることも出来ないので100円とさせてください。
セロリもまた春が旬の野菜です。白龍でお漬物を食べたことがない、という方もこの機会にぜひお試しくださいね。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-05-01/#Anchor-72600
会員様だけでなく御来店の皆さま全員にこの価格でサービスいたします。(お持ち帰りはできません)
漬物2種盛りハーフ&ハーフ492円(税込)については価格がかわりませんので、この期間はセロリ漬だけ単品で御注文されるほうがお得です。

● 5月の営業予定
GW明けに連休をいただきますのでご注意ください。
5月1日(水) 17時~営業いたします(ランチタイムはお休み)
2日(木) 17時~営業いたします(ランチタイムはお休み)
7日(火) 連休をいただきます
8日(水) 連休をいただきます
その他は通常時間で営業いたしますのでよろしくお願いいたします。
なお5月3日~6日(月)の祝祭日は、昼・夜ともに営業していますが、ランチタイムの定食メニューはございません。通常メニューをお楽しみください。

HPに営業予定カレンダーがございます。ご確認ください。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2019年6月1日(土)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen