幸運の白龍 No.0055 11.02.01

幸運の白龍_________________________No.0055__11.02.01
http://www.tomato-tanmen.com    PC版
http://www.tomato-tanmen.com/i/  携帯版
季節の野菜をたくさん召し上がっていただける中華料理店

今日のメニュー
● 黒カブを食べてみた!
● 2月の季節メニュー2点
● Eco定食はじめました!
● 2月の営業予定と連休のお知らせ

● 黒カブを食べてみた!
ある日市場で真黒なカブを見つけました。
写真はこちらの一番上が『黒カブ』。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/11-02-01/
八百屋の御主人には
黒大根だよと言われたのですが、
調べてみると今回のはカブで間違いないみたいです。
黒大根もあるそうです。
飾ろうと思って一つ買い
カウンターにしばらく置いておきましたが、
いよいよ食べてみることにしました。
表面とは対照的に中は真っ白。
「皮をむいたらただのカブになっちゃうね」
ということで皮つきで調理を試みます。
最初は薄くスライスして生食。
「ボリボリ…ゴリゴリ・・・ん! 甘いんだね。」
非常に水分が少ないので食感は硬いのですが、
干し野菜のような凝縮された甘みがあります。
次に厚切りにして塩コショウを振ってソテー。
甘みが増して美味しいのですが
日本のカブのような滑らかさがないため
野性味あふれる食べ物という印象。
ごぼうのような土臭さも感じます。
最後にクリーム煮にしてみました。
カブのシチューとか美味しいですものね。
なかなか柔らかくはならず、
やさしいクリーム味だけに
黒い皮の硬さとカブの苦みがより勝ってしまう感じです。
調理してみて感想としては、ソテーが一番無難であり、
添え野菜として使うと生きるかもね、
という所に落ち着いたのでした。
フランスやスペイン、
アメリカでも赤いラディッシュと同じ扱いで
スライスでサラダに入れたり、
オリーブオイルとニンニク、
バルサミコ酢と一緒にソテーしたりして
食されているようです。
日本では生産量は少ないけれど
栽培農家があるときいていますので、
一部の飲食店に高級食材として
卸されているのかもしれませんね。
どこかで出会った方は
どんな調理方法だったか是非教えてください。
市場をフラフラ、珍しいお野菜に出会えるのはやっぱり楽しい!

● 2月の季節メニュー2点
・塩卵と菜の花の花椒(ホァジャオ)タンメン 1080円
中国山椒香るあっさりと上品なタンメンです。
一緒に食べる塩卵と、ゆず胡椒で和えた菜の花のほろ苦さが
この季節には恋しくなると言われる
白龍トマト館では定番の冬限定タンメンです。
菜の花が美味しい今が本当におススメです。
写真はこちら。
真ん中が『塩卵と菜の花の花椒(ホァジャオ)タンメン』。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/11-02-01/

・活けワタリガニの老酒漬け (時価・グラムにより変動価格)
ワタリガニの雌を新鮮なうちに紹興酒で酔っ払わせて漬け込みます。
溺れてしまう蟹には気の毒ですが、程よく漬かった身を割って
かぶりつく贅沢。
甘みを増した身、濃厚な卵とみそ。
お酒のつまみにぴったりです。是非お試しください。
写真はこちら。
下が『活けワタリガニの老酒漬け』。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/11-02-01/

●Eco定食始めました!
「普段のボリュームランチはもう少し減らして、
でもデザートは食べたい!」
そんなお客様のご要望を満たすサイズの定食が始まりました。
定食のメインのボリュームとライスは少なめでミニデザート付き!
というEco定食は1030円。
いつもの定食+ミニ杏仁豆腐が1240円なので
ちょっぴりお得感もあります。
これを機会に人気の杏仁豆腐に
初トライしてくださる方にもお勧めです。
付け合わせは今までと変わらずバランスを考えて
サラダやご飯のおかずがしっかりと付いてきます。
まずは、「角煮定食」「ゆで豚定食」「カリカリ揚げ定食」の
3定食からスタートしますのでよろしくお願いいたします。

● 2月の営業予定
月曜定休で営業いたします。
次号は2月15日にふうちゃんより配信予定です
お楽しみに。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

お詫び
前回、1月1日に発行した「幸運の白龍」の
発行号数が間違っていました。
53号となっていたのですが、54号の間違いでした。
ここにお詫びして訂正いたします。
______________________________________________

このメールマガジンは『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com
白龍トマト館携帯電話用ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com/i/
白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/
ツイッター始めました。
http://twitter.com/tomatotanmen

幸運のおまけ ♪ No.0008 08.02.15

幸運のおまけ ♪ ________________No.0008__08.02.15
            http://www.tomato-tanmen.com

第八回 テラちゃんに・・・ ♪

おはようございます、ふうです。

テラちゃんは私の飲み友達です。
青ヒゲの濃い、キューピーさんのような外観をしています。
寡黙なのですが時々唐突に変なことを言い出します。
以前隣で飲んでいたら
「ねえふうちゃん、俺に乗らない?」
って、訳のわからないことを言い出すんです。
よく聞くとネットワークビジネスを一緒にやらないかってことでした。
最初からそう言ってよ。

先日、「世界遺産ナスカ展」に奈々ちゃんと行きました。
いつか展覧会ではなく実際の地上絵を見に行きたいんですよね。
飛行機からあの絵を見たら雄大だろうな。
展示を見て出てきたらミュージアムショップの入口に
テラノザウルスの模型がありました。
その背中にこう書いてありました。
「テラちゃんに乗らないでください」
子どもが乗るのにちょうどいい大きさだったんです。
笑いました。

その翌日、白龍トマト館に行きました。
まず「豆腐と百合根、香菜(シャンツァイ)のラー油炒め」を
頼みました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/08-02-15/
この季節の定番になりましたね。
口に含むとまずごま油の香り。
柔らかい豆腐をつるっと噛むと香菜の香りが
ほのかにやってきます。
百合根のやわらかな甘さと歯ごたえを味わっていると
ぴりっと山椒の辛さが響きます。
食べたことない方はぜひ一度味わってみてください。
いろんな味のハーモニーがそっと舌を喜ばせてくれます。

二品目は「塩卵(えんたん)と青菜の花山椒タンメン」です。
塩卵はシナモン、フェンネル、ローリエなど
五種類のスパイスに漬け込んでいるそうです。
複雑に絡まるスパイスが半熟気味の黄身と混ざり合い
思わずうっとり、黄身しっとり、
タンメン食べれば顔にっこり。
スープは花椒(ホアジャ)が上品に香ります。
いろいろな料理をいただいたあと、
あっさりと締めたいときに最適です。
今年もまたこれが食べられてうれしい。

ひとりで食べてたらテラちゃんが来ました。
「ねえふうちゃん、隣に座っていい?」
頭の中であの言葉が繰り返されます。
「テラちゃんに乗らないでください」

ふうでした。
またね。♪

「*次回の配信日は2008年3月1日(土)を予定しております。
 配信エラーにより届かないことがございます。
 配信日を過ぎても配信のない場合は
 info@tomato-tanmen.comまで連絡をください。」

______________________________________________

このメールマガジンはyahoo groupを利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。
白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

幸運の白龍 No.0019 08.02.01

幸運の白龍________________________No.0019__08.02.01
http://www.tomato-tanmen.com

今日のメニュー
● ピータンを愛す
● 季節メニュー二点
● 2月の営業予定

● ピータンを愛す

まだまだ寒い日が続きますね。
東京でも先月は初雪が少し降りました。
積もらなくて良かったような残念なような・・・。
ところで伊藤はピータンが大好きなのですが、
よいピータンは卵の黒い表面に
雪の結晶に似た白い模様が浮き出ています。
これは熟成されるときに出来るアミノ酸の結晶なのですが、
なかなかロマンチックな模様なんです。
個人的には、表面の結晶の有無よりも、
黄身(黒いですが)の中心がとろりと溶け出しそうな、
それでも溶け出さずに層をなんとか保っているようなピータンが
サイコーに美味しい!と感じるのですが、
みなさんの好みはどうでしょう?
前菜かおつまみとして「とりあえず」注文する
ピータンについて考える人は
ゆで卵や目玉焼きの固さにうるさい人より
少ないかもしれませんが、
ピータンを愛す方がいらっしゃいましたら語り合いましょう。
ちなみにふうちゃんは
1杯目の生ビールと一緒に必ずピータンを注文する
ピータン好きのOLさんです。(笑)

● 季節メニュー二点

・塩卵と菜の花の花山椒タンメン 1050円
塩卵を漬ける時期がやってきました。
塩卵は保存食なのでいつ漬けてもよいのですが、
澄んだスープに浮かぶ菜の花と塩卵の黄色い黄身の色合い、
柚子と花山椒、葱油の香りが、
冬から春に移り変わるこの時期を楽しみにさせる
ぴったりなタンメンという思いもあって2月からはじめています。
春を待ち望むような気持ちで召し上がってみてください。

・プチべールとはまぐりの花山椒炒め 1365円
プチベールは静岡県で作られるケールとブロッコリーを
掛け合わせた健康野菜です。
栄養価もたっぷりで、ほんのり口に残る苦味も
はまぐりのだしの甘味と絡むと調和されてよく合います。
1月、2月が旬の見た目もかわいい新野菜をお試しください。

●2月の営業予定

誠に勝手ながら、4日(月)・5日(火)は連休させていただきます。
11日(祝月)は営業し、12日(火)に代休をいただきます。
ご了承ください。そのほかは平常どおり月曜定休です。

*次号は2月半ば頃にふうちゃんより配信されます。
配信エラーにより、届かないことがございます。
16日を過ぎても届かない場合は
hakuryu0808@nifty.com
までご連絡ください。

______________________________________________

このメールマガジンはyahoo groupを利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は webmaster@tomato-tanmen.com まで。
白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com