幸運の白龍 No.0179 21.06.01

幸運の白龍_________No.0179__21.06.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● ビールが飲みたい
● 6月の季節メニュー
● 新型コロナウィルスへの対応
● メルマガ会員様へ6月のサービス
● 6月の営業日のお知らせ

● ビールが飲みたい
おはようございます。キタです。

このところ出不精になりました。そういうかた、多いのではないかと思います。以前は夕方に出かけて街でちょっと一杯とかできたのですが、いまはそれが叶いません。その鬱憤を晴らしに、つい白龍トマト館に寄ってしまいました。

奈々子さんに「飲みたい」って愚痴ったら、「そうですよねー」と言って「なにになさいます?」。

「おいしいビール」

「赤ワイン風ブドウジュースならありますよ」

「じゃあそれ。何かいいおつまみあります?」と、つい不機嫌そうに言ってしまいました。

「鶏もも肉の辛み湖南風を始めました。召し上がります?」

「ひさしぶりだね」

「そうなんです。英文メニューのトップに写真を載せたら、それが欲しいというかたがちらほらいらしたので、ひさしぶりにやってみました」

このページ、トップの写真、ビールのすぐ隣にある料理です。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/english-menu/

「これ見たら余計にビールが飲みたくなる」

「そうですね。すみません。できることなら飲んでいただきたい」

出てきた湖南風は鶏肉とピーマン、ハプリカ、ズッキーニがピリ辛です。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/21-06-01/#Anchor-86000

一緒に出てきたブドウジュースを飲むと妙に合います。濃い、そして少し甘いブドウジュース。のどごしはワインに似ています。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/21-06-01/#Anchor-86300

皿に載っている唐辛子を食べてみました。一個目はそんなに辛くなかったので油断しましたが、二個目がとても辛かった。あわててブドウジュースを飲みました。涙目になっていたら奈々子さんが「唐辛子召し上がったのですね」。

「これは食べないものなの?」

「辛いのが好きなかたは召し上がりますけど、残すかたが多いですね」

「そうなんだ。前に食べたときはそんなに辛くなかった気がするけど」

「そうですか。それは灯籠(トゥロン)とか、朝天(チャウテン)という唐辛子だそうです。于(ウ)さんに習いました」

口の中が辛いので、少し甘いブドウジュースはいいペアリングです。でも「ビールが飲みたい」が頭から離れない。

「餃子と海老巻き揚げとレバニラ炒めをお持ち帰りにしてもらえます?」

カウンター脇にあったお持ち帰り用ジャスミン茶もひとつ買って白龍トマト館をあとにしました。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/21-06-01/#Anchor-86600

家に帰る道すがら、酒屋さんに寄り、いつもの奴と自分へのご褒美にヒューガルデンを買いました。

一刻も早く飲食店で飲んで食べられるようになって欲しいキタでした。飲食店で働いている皆さん、飲食店で飲みたい皆さん、その日を夢見て待ってます。がんばりましょう!

● 6月の季節メニュー 
初夏ですね。6月8日から「冷やしトマト麺」と「とうもろこしと豚挽き肉のレタス包み」を始めます。この時期人気の二品を今年もご用意いたします。

・冷やしトマト麺 1,120円 税込
清涼感あふれるスープに、ネギとチャンツァイとトマトがいっぱい。夏の至福がやってきます。チャンツァイが苦手なかたはどうぞお申し付け下さい。

・とうもろこしと豚挽き肉のレタス包み
  大サイズ 1,420円 税込
  小サイズ 890円 税込
甘いトウモロコシとキュウリ、豚挽き肉をピリッと辛いそぼろ風に炒め、レタスに巻いてお召し上がりいただきます。パリッとしたレタスの中からあふれる風味にきっと満足いただけるでしょう。去年に引き続き、お一人でも召し上がれる小サイズも用意いたします。

● 新型コロナウィルスへの対応
緊急事態宣言が6月20日まで延長されました。
テイクアウト営業を続けながら、店内営業も引き続きおこなっております。検温のご協力とアルコール消毒または手洗い推奨の上でご案内させていただきます。卓数は引き続き2階席5卓、カウンター席6席で定期的に換気をおこない、卓上にアクリル板を置いて大人数と大きな声での会話を控えたお食事のお願いをしております。緊急事態宣言中のアルコール飲料の提供は休止しております。ご不便をおかけいたしますが、飲食店において出来る限りの感染防止対策をして参りますのでご協力をお願い申し上げます。

自動換気システムの工事日がやっと決まりました。6月14日から16日にいたします。14日は月曜日で定休なので、15、16日と2日間臨時休業をいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
これでときどき窓を開ける必要がなくなります。冷暖房の冷気や暖気を逃さず、心地よくお食事をしていただけます。

● メルマガ会員様へ6月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスですが、店内でお食事のお客様に一グループ様にミニ杏仁豆腐を2つまで提供させていただきます。スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。テイクアウトご予約の際に会員様であることをあらかじめお知らせいただくとサービスの提供をスムーズにご用意することが出来ます。

● 6月の営業日のお知らせ
このメールマガジンが届く、6月1日に臨時休業をいただきます。いきなりで申しわけございません。火曜は夜のみの営業だったのですが、いろいろと準備が必要なため、お休みをいただきます。
緊急事態宣言が明ける予定の6月29日(火)には、お昼と夜の営業をする予定です。

お待たせいたしました。「新型コロナウィルスへの対応」にも書きましたが、やっと自動換気システムの工事日が決まりました。6月14日から16日にいたします。なので、15日と16日に臨時休業をいただきます。工事するといいながら、なかなか工事日が決まりませんでした。これでやっと寒いのに窓開けなきゃとか、暑いのに空気入れなきゃとか言わずにすみます。

HPに営業予定カレンダーがございます。緊急に営業予定が変更になることもございます。ぜひお確かめの上、ご来店ください。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2021年7月1日(木)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。
________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
https://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
https://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

インスタグラム
https://www.instagram.com/hakuryutomatokan/

幸運の白龍 No.0155 19.06.01

幸運の白龍_________No.0155__19.06.01
http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
たくさん召し上がっていただける
創作中華料理店

今日のメニュー
● 天の声を聞く
● 6月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ6月のサービス
● 6月の営業予定

● 天の声を聞く
こんにちは、キタです。

文藝春秋に『令和とは「うるわしき大和」のことです』と題された文が掲載されていたので、それを読みながら飲もうと奈々子さんにビールを頼みました。そのとき一緒に何かいいつまみもと頼むと「角煮あえやっこはいかがですか?」という。

しばらくしてよく冷えた生ジョッキと角煮あえやっこが来ました。
写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-06-01/#Anchor-73000

読もうとしていた文章は国文学者の中西進さんの書いたものです。「令和」という元号を考えた人と言われている人です。面白く読みながらいただきました。

中西さんはとてもユーモアのある方。こんなことを書いています。

——

天の命令を受けるのは天子です。日本の天子は天皇で、天を祀ります。その天子が、自分では手の回らない仕事の役の代りを頼んだのが役人で、役人が組織したものが内閣です。天子が天を祀るときにひらめいたものを元号に落とし込むわけですから、考案者が名乗り出ることはありえないのです。

考案者とされている中西という人は、一般国民ですから、役割があるとしたら税金を納めるくらい。そんな国民が天皇の命を受けるというロールを受け持つはずがない。天皇の命を受けたのに、考案者と名乗って表に出る人間がいてはおかしい。中西という人は、そうおかしい人ではありません。(笑)

そういう、おかしいことは言わない方がいいのに、元号の決定について経緯が新聞等につまびらかに載っていてわが目を疑います。新元号の制定に関わった役人が話してしまうのでしょう。私の理想からはだんだん遠のいているというのが正直な感想です。

文藝春秋2019年6月号 『令和とは「うるわしき大和」のことです』から p.134-135

——

こんなことを書きながら実際にはこの中西さん、歌会始に天皇から特別に呼ばれて和歌を詠んだりしたことがあるのです。きっと元号についても詳しいのでしょう。元号の最初は中国、前漢の「建元」でした。B.C.115の頃です。つまり「元号を建てる」という意味の元号が第一号だったのです。ちなみに日本の元号第一号は、きっとあなたもご存じでしょう。大化の改新の「大化」です。

角煮あえやっこは上に載った具が多いので豆腐がたわんでいます。豆腐を箸で崩して具材を載せて口に運びます。角煮、ネギ、キュウリ、ザーサイが、豆板醤とラー油でできたタレでまとめられています。はじめのうちは区別できたネギ、キュウリ、角煮、豆腐の味が口のなかで渾然一体となっていきます。

ビールをゴクッ。

なぜこんなにおいしいと、一度目をつぶり、カッと見開いてしまいました。文藝春秋は脇に置いてしばらく食べることに集中しました。読みながら食べるのはもったいないと思わせる味です。味覚だけを堪能しました。あっという間にビールと角煮あえやっこがなくなりました。

さて、次は何を頼もうかと考えました。最近は暑い日が続くので、そろそろ冷やしトマト麺が食べたいなと思ったら、奈々子さんが来ました。

「冷やしトマト麺ありますか?」

「最近始めました。では冷やしトマト麺ひとつ。お飲み物は?」

「紹興酒にしようかな」

「ボトル入りだと冷やしてあるのをご用意できます」

「いつものロックとは違うの?」

「氷も用意できますが、もとから冷たいので薄くならないですよ」

一人でボトル一本はどうかなと思ったけど、酔ったら酔ったでええわと思い、「冷やしボトルカメ出し紹興酒」を頼みました。

今年の冷やしトマト麺。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-06-01/#Anchor-73500

このさっぱりしているのにしっかりと味を感じる冷やしトマト麺。このおいしさは食べない限り理解不能でしょう。サイコロ大のトマトとネギとキュウリとパクチーと豚のスープと、ちょっとだけラー油が混ざると、なんでこんなに美味しいのでしょう。

「天子が天を祀るときにひらめいたものを元号に落とし込む」はずなのに、なぜか中西と言う人が元号を作ったことになっているという謎も、理屈の上では理解不能ですが、人間は必要があれば常識や理屈を超えていくものです。

さっぱりしているのにしっかりと味のある理屈を越えた冷やしトマト麺を、今年も堪能できる幸せをわたくしは「冷やし紹興酒」とともに噛み締めました。

キタでした。
大層酔っぱらってももう令和。ではまた、さるまた、No matter ヒック。

● 6月の季節メニュー
とうもろこしと豚挽き肉のレタス包みを今年も始めました。
写真などはこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/menu-seasonal-cornandpork/
大は1380円、小は880円です。

● メルマガ会員様へ6月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2杯、レモネードを除くソフトドリンクを提供いたします。スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

● 6月の営業予定
6月11日(火)に臨時休業させていただきます。その週は月曜火曜と二日お休みとなります。
その他は通常時間で営業いたしますのでよろしくお願いいたします。

HPに営業予定カレンダーがございます。ご確認ください。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2019年7月2日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen