幸運の白龍 No.0155 19.06.01

幸運の白龍_________No.0155__19.06.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 天の声を聞く
● 6月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ6月のサービス
● 6月の営業予定

● 天の声を聞く
こんにちは、キタです。

文藝春秋に『令和とは「うるわしき大和」のことです』と題された文が掲載されていたので、それを読みながら飲もうと奈々子さんにビールを頼みました。そのとき一緒に何かいいつまみもと頼むと「角煮あえやっこはいかがですか?」という。

しばらくしてよく冷えた生ジョッキと角煮あえやっこが来ました。
写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-06-01/#Anchor-73000

読もうとしていた文章は国文学者の中西進さんの書いたものです。「令和」という元号を考えた人と言われている人です。面白く読みながらいただきました。

中西さんはとてもユーモアのある方。こんなことを書いています。

——

天の命令を受けるのは天子です。日本の天子は天皇で、天を祀ります。その天子が、自分では手の回らない仕事の役の代りを頼んだのが役人で、役人が組織したものが内閣です。天子が天を祀るときにひらめいたものを元号に落とし込むわけですから、考案者が名乗り出ることはありえないのです。

考案者とされている中西という人は、一般国民ですから、役割があるとしたら税金を納めるくらい。そんな国民が天皇の命を受けるというロールを受け持つはずがない。天皇の命を受けたのに、考案者と名乗って表に出る人間がいてはおかしい。中西という人は、そうおかしい人ではありません。(笑)

そういう、おかしいことは言わない方がいいのに、元号の決定について経緯が新聞等につまびらかに載っていてわが目を疑います。新元号の制定に関わった役人が話してしまうのでしょう。私の理想からはだんだん遠のいているというのが正直な感想です。

文藝春秋2019年6月号 『令和とは「うるわしき大和」のことです』から p.134-135

——

こんなことを書きながら実際にはこの中西さん、歌会始に天皇から特別に呼ばれて和歌を詠んだりしたことがあるのです。きっと元号についても詳しいのでしょう。元号の最初は中国、前漢の「建元」でした。B.C.115の頃です。つまり「元号を建てる」という意味の元号が第一号だったのです。ちなみに日本の元号第一号は、きっとあなたもご存じでしょう。大化の改新の「大化」です。

角煮あえやっこは上に載った具が多いので豆腐がたわんでいます。豆腐を箸で崩して具材を載せて口に運びます。角煮、ネギ、キュウリ、ザーサイが、豆板醤とラー油でできたタレでまとめられています。はじめのうちは区別できたネギ、キュウリ、角煮、豆腐の味が口のなかで渾然一体となっていきます。

ビールをゴクッ。

なぜこんなにおいしいと、一度目をつぶり、カッと見開いてしまいました。文藝春秋は脇に置いてしばらく食べることに集中しました。読みながら食べるのはもったいないと思わせる味です。味覚だけを堪能しました。あっという間にビールと角煮あえやっこがなくなりました。

さて、次は何を頼もうかと考えました。最近は暑い日が続くので、そろそろ冷やしトマト麺が食べたいなと思ったら、奈々子さんが来ました。

「冷やしトマト麺ありますか?」

「最近始めました。では冷やしトマト麺ひとつ。お飲み物は?」

「紹興酒にしようかな」

「ボトル入りだと冷やしてあるのをご用意できます」

「いつものロックとは違うの?」

「氷も用意できますが、もとから冷たいので薄くならないですよ」

一人でボトル一本はどうかなと思ったけど、酔ったら酔ったでええわと思い、「冷やしボトルカメ出し紹興酒」を頼みました。

今年の冷やしトマト麺。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-06-01/#Anchor-73500

このさっぱりしているのにしっかりと味を感じる冷やしトマト麺。このおいしさは食べない限り理解不能でしょう。サイコロ大のトマトとネギとキュウリとパクチーと豚のスープと、ちょっとだけラー油が混ざると、なんでこんなに美味しいのでしょう。

「天子が天を祀るときにひらめいたものを元号に落とし込む」はずなのに、なぜか中西と言う人が元号を作ったことになっているという謎も、理屈の上では理解不能ですが、人間は必要があれば常識や理屈を超えていくものです。

さっぱりしているのにしっかりと味のある理屈を越えた冷やしトマト麺を、今年も堪能できる幸せをわたくしは「冷やし紹興酒」とともに噛み締めました。

キタでした。
大層酔っぱらってももう令和。ではまた、さるまた、No matter ヒック。

● 6月の季節メニュー
とうもろこしと豚挽き肉のレタス包みを今年も始めました。
写真などはこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/menu-seasonal-cornandpork/
大は1380円、小は880円です。

● メルマガ会員様へ6月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2杯、レモネードを除くソフトドリンクを提供いたします。スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

● 6月の営業予定
6月11日(火)に臨時休業させていただきます。その週は月曜火曜と二日お休みとなります。
その他は通常時間で営業いたしますのでよろしくお願いいたします。

HPに営業予定カレンダーがございます。ご確認ください。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2019年7月2日(火)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0149 18.12.01

幸運の白龍_________No.0149__18.12.01
http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 味覚の冒険
● 12月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ12月のサービス
● 12月とお正月の営業予定

● 味覚の冒険
こんにちは、キタです。
白龍トマト館の料理で感動するのは「食べたことのない料理がある」ということです。それを食べることをわたくしは「味覚の冒険」と呼んでいます。

人間、歳を取ってくると、つい保守的になってしまいます。いつも食べる好きなものばかりを注文するようになる。わたくしはそこに老いを感じてしまうのです。歳を取ってもささやかな冒険をしたいと思うのです。

白龍トマト館で初めてした冒険は確か「セロリレバーきくらげ炒め」でした。セロリとレバーときくらげが炒められていてそれで美味しいのか? 食べる前には予想がつきませんでした。ところが、食べると至高の味です。なんだこれはと驚いたものです。当時そもそもトマトタンメンというものも「なにそれ?」という状態でした。以来白龍トマト館ではいろいろな「味覚の冒険」をさせていただきました。いまでも思い出深いのは「マンゴーと牛肉の甘酢炒め」ですね。

初めて食べる味というのは美味しいか否かの判断が難しいものです。「マンゴーと牛肉の甘酢炒め」を初めて食べたとき「これは美味しいのか?」と思いました。マンゴーの甘さと牛肉の香り、それにパプリカの苦みが絡まり、うまいのかまずいのかわからなかった。「うまいといえばうまいかもしれないけど、まずいかもしれない、えーいどっちだ?」という状態。困惑して帰り、二、三日してから「また食べたいかも」と思うようになり、翌週にもう一度食べたらうまかった。味覚って不思議なものですね。とてもいい「味覚の冒険」をさせていただきました。

つい先日も新たな「味覚の冒険」に旅立つことができました。それは「カブと柿と小松菜の胡麻ソース炒め」です。写真はこちらです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/18-12-01/

粋な小料理屋などに行くとこの季節「柿とカブのなます」が出てきたりします。カブと柿の歯ごたえが似ていて、味に陰陽があって美味しいものですが、この組み合わせが中華で出て来るとは思いませんでした。カブと柿と小松菜にしめじも絡み、そこにかかる胡麻ソースがうまく四者をまとめています。まったく初めての味覚なのでどう表現したらいいのかわかりません。モグモグしながら何を思い出すかを感じてみました。すると、中国は桂林の、水墨画のような景色を思い出しました。

もう30年以上前に仕事で桂林に行きました。そこに流れている漓江という川を船でくだりながら食事をしました。そのときに出てきた小海老の入った青菜の炒め物を思い出したのです。「カブと柿と小松菜の胡麻ソース炒め」にも微かに魚介類を感じます。シノさんに「海老のような香りは何ですか?」と聞くと「ナンプラーがちょっと入ってます」とのことでした。

「味覚の冒険」は古い思い出を連れてくることがあります。桂林で出会った人たちは今頃どうしているのでしょう。

● 12月の季節メニュー
・殻付きホタテの長ネギしょうがスープ煮 800円前後
ぜひホタテはじっくりと噛んで、味わってお楽しみ下さい。
仕入れたホタテの大きさによって価格に多少の変動がございます。
いいホタテが仕入れられない場合もございます。その際にはご提供できないこともあることをご了承ください。

● メルマガ会員様へ12月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2つ、ミニ杏仁豆腐を提供させていただきます。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」を提示の上、ご注文下さい。

● 12月とお正月の営業予定
12月は24日(月)が23日天皇誕生日の振り替え休日です。
なので、24日(月)は営業し、翌25日(火)にお休みをいただきます。
忘年会シーズンに入るため、団体様とご同席になることや、店内が貸し切りの日も出てきます。
現在決まっている二階の貸し切り日は以下の通りです。一階は通常通り営業いたしますが、席数が限られるのでご迷惑をおかけいたします。
12月14日(金)夜
12月18日(火)夜
12月21日(金)夜
営業予定が一目でわかるカレンダーはこちらにございます。
http://bit.ly/tomatancal
新たな予約が入ったり、当日の変更などもございますので、ご来店の際はお電話でお問い合わせください。
03(5988)7330

来年2019年1月は3日(木)から営業いたします。
3日(木)のランチは定食がございません。夜は20時までの短縮営業とさせていただきます。
4日(金)から通常通りに営業をする予定ですが、仕入れの状態によっては定食が5日(土)からのご提供となるかもしれません。ご承知おきのほど、よろしくお願いいたします。4日(金)に定食をご希望の方はお手間をおかけして恐縮ではございますが、1月3日(木)以降にお電話でご確認ください。

次号は2019年1月2日(水)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことが
ございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0146 18.09.01

幸運の白龍_________No.0146__18.09.01
http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
たくさん召し上がっていただける
創作中華料理店

今日のメニュー
● はじめまして、キタです。
● 9月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ9月のサービス
● 9月の営業予定と連休のお知らせ

● はじめまして、キタです。
はじめまして、キタと申します。
仲間うちからはキタちゃんとか
キタさんとか呼ばれています。
よろしくお願いいたします。

ふうちゃんがこちらの担当を
お辞めになると聞き、
奈々子さんにどうしてもとお願いして
年に何回かこちらに
書かせていただくことになりました。
昔から食べることが好きで、
食品関係の仕事に就いていました。
なにとぞよろしくお願いいたします。

白龍トマト館へは
「中国家庭料理白龍」の頃から
通っております。
あの頃は先代のママさんと大将が
ほぼふたりだけで
お店を切り盛りしていたので
いつも大忙しで
冗談も言えないような雰囲気でした。
それが着実にお店に力をつけ、
いまでは店主となった奈々子さんや、
調理担当のシノさんなど、
後継の人たちがきちんと育って
素晴らしいお店になりました。

白龍トマト館の良さは
いろいろとありますけど
まず第一に食材の良さですよね。
どんどんいい食材を提供してくる。
それに調理の方法も、
シンプルに見えるのに
とても気を使っています。
季節メニューは同じメニューでも
毎年少しずつどこかが
マイナーチェンジされていたりして
食べるのが楽しみです。

これから、ふうちゃんほどには
楽しそうに書けないかもしれませんが
精一杯白龍トマト館のいいところを
書いていこうと思っています。
「負けてはおれん」と思っております。
よろしくお願いいたします。

さて、先月は白龍トマト館のサイトが
リニューアルいたしました。
メルマガの告知を読んで
いらしてくださった皆様、
ありがとうございました。
今月、新たなベージが追加されましたので
ご報告いたします。
「白龍トマト館利用法」です。
ぜひご覧ください。
http://bit.ly/howtohakuryu
目次にはこんなことが書かれています。
・何かいいことが起きないかなと
思っている方のご利用
・SNSなどで話題を作りたいなと
思っている方のご利用
・何かお得なことはないかなと
思っている方のご利用
・白龍トマト館がお休みのときには
来たくないという方のご利用
・まだ白龍トマト館に来たことがない
という方のご利用

なんか違和感を感じませんか?
「白龍トマト館がお休みのときには
来たくないという方のご利用」
なんて、「当たり前じゃないか」と
突っ込みたくなります。

さて、「Youは何しに白龍へ?」へのご投稿、
ありがとうございました。
まだ小太り様からのご投稿しかなかったので
わたくしもひとつ投稿いたしました。
みなさんもぜひ挑戦してみてください。
http://bit.ly/nanishininorth

● 9月の季節メニュー(9月4日〜)
9月の季節メニューは夏の冷麺、
すだち香る冷麺(1370円税込)です。
昨年は7月頃に食べられたのに、
今年はやらないのかなと思っていましたけど、
9月になって登場なのですね。
今年も薄い輪切りと櫛形切りの
二種類のすだちが入るそうです。
薄い輪切りは味わうため、
櫛形切りは絞って香りを立たせるためだそうです。
9月4日から9月末まで
お召し上がりいただけます。
お楽しみに。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/18-09-01/

● メルマガ会員様へ9月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、
1グループに2杯、どれでもお好きな
ソフトドリンクを提供させていただきます。
自家製スパイシーレモネードも含みます。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、
プリントアウトした「幸運の白龍」を
提示の上、ご注文下さい。

● 9月の営業予定と連休のお知らせ
9月は月曜の休日が二度あります。
17日(月)が敬老の日で、
24日(月)が秋分の日の振り替え休日です。
月曜の祝日と振り替え休日は営業し、
翌日の火曜が代休となります。
それから11日(火)は
臨時休業をいただきます。
なので、ひとつひとつ書いていきますと、
3日(月)定休日、
10日(月)定休日、
11日(火)臨時休業、
17日(月・祝)ランチメニューなし営業
18日(火)代休、
24日(月・振休)ランチメニューなし営業
25日(火)代休
となります。
複雑で申し訳ございません。
営業予定が一目でわかるカレンダーが
こちらにございます。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2018年10月1日(月)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことが
ございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

今号はキタが書きました。
お目汚しいただき、
ありがとうございました。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen