幸運の白龍 No.0153 19.04.02

幸運の白龍_________No.0153__19.04.02
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● 新元号「令和」
● 4月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ4月のサービス
● 4月とGWの営業予定

● 新元号「令和」
今年も三寒四温で春を迎え、先週末は桜も満開。ここ目白通り沿いは桜の木がほとんどありませんが、中野通りや哲学堂公園のお花見帰りのお客様で忙しくさせていただきました。
ありがとうございます。

昨日「平成」にかわる新しい元号「令和」の発表がありましたね。

「昭和」から「平成」に変わった時は、昭和天皇の崩御の直後だったので、今回のようにテレビ番組で使われそうな漢字を募ったり元号の予想をしたりすることがありませんでした。

当時の小渕官房長官が「新しい元号は平成であります」と発表したとき、何を感じたかさっぱり忘れてしまったけれど、大雪が降った翌朝の高校の始業式に向かう途中で、日の丸の半旗を掲揚しているお屋敷を見かけた記憶が鮮明に残っています。あとは学校に着くまでにローファーと靴下がびちゃびちゃになって「今日はサイテー!」と嘆いたことでしょうか。

忙しくさせていただいている今、毎日仕事が出来て食べたいものが食べれてありがたいことですが、ちょっと時間に追われる日々が続くといい歳になってさえ、あの雪道をローファーで歩いた日のように足元を気にして靴が濡れたというだけで「今日一日がサイテー」と思えることがあります。

そんな中、テレビ番組でみたのは新元号発表前に平成生まれの10代の女性が「新元号へ何を期待するか?」というインタビューの答えでした。

「最初は慣れないと思うし、平成っていう字は生まれた時代だし好きだったけど、新しい元号はこれから履歴書とか書類を書くときに使うから、書きやすいというか、字を見るたびに未来が明るくなるような気持ちのいい漢字がいいな」

難しくなくてシンプルでいいお答え! 少なくとも彼女はこの瞬間足元を見ていない。素晴らしいな。この10代の女性が社会に出る時にも笑顔であって欲しい、生きやすい世の中でありますように、と思ったのでした。

みなさんは「令和」とどのようにして出会いましたか? 私はある方のウチを目指して歩いている途中、迷ってしまってどうしようもなくなり、その方へ電話しました。電話でお話していると見知らぬお兄さんが近づいてきて「それはあっちの方ですよ」と指さしてくれました。電話の相手に「いまわかりました」と言ったら、「ところで元号が令和に決まりましたね」というのです。それを聞いた途端に道が開けて、心も開いた気がしました。数日前にも歩いていてうっかりお金を落としたら、お姉さんが駆け寄ってきて「お金を落としましたよ」って、手渡してくれました。

令和が優しさを持ち寄れる時代になるといいですね。

お店の最近の出来事ですが、カナダから来たという英語圏のお客様から「ピータンって何?」と英語で聞かれました。英語版メニューで定番メニューや季節のおススメメニューは網羅しているつもりだったのですが、ピータンのメニューを載せていなかったので返答に困ってしまいました。

EggだけどただのEggじゃないピータン。「発酵させた卵」「泥と石灰ともみ殻をまぶして長時間寝かせた卵」「卵の漬物」??? 仮に正しく説明出来たとしても絶対に魅力は伝わらない感じですね(汗)。

ちょうどお隣のテーブルにピータン豆腐サラダが出たので「同じものでいい」ということになったのですが、次の日に来た日本に永住しているアメリカ人のお客様に聞いてみました。

すると即答で「Fermented Egg」と教えていただきました。

「発酵した卵」でいいのか?・・・と思いましたが、検索してみると一つの表現に限らず色々でてきて結局説明しづらい食べ物なんだな、と理解できました。

「Century Egg」なんて化石みたいな呼び名もありました。

欧米の方には中国原産の「ピータン」ってたぶん、日本でいう「ナットウ」や「ウメボシ」や「ミソ」くらい体験してから食べていただくのがいいようです。

令和二年は東京オリンピック。世界各国からいろんな方が来て、いろんな言葉やいろんな料理を楽しめるといいですね。

● 4月の季節メニュー
・蕗味噌豆腐(4月前半までの期間限定) 
旬の短い春の味覚を甜面醤(中国甘味噌)をベースに炒めました。
まろやかなお豆腐と蕗のとうのほろ苦さのマッチングはお酒のお供にぴったり。

・新筍と高菜漬け、鶏胸肉のピリ辛タンメン 1090円
こちらも毎年この時期だけの季節限定タンメンです。
春の味覚はえぐみを味わうと言っても過言ではありません。
シャキシャキ筍の旬の味覚をお楽しみください。
写真はこちら。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-04-02/

● メルマガ会員様へ4月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2つ、ミニ杏仁豆腐を提供させていただきます。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」をスタッフにご提示下さい。

● 4月とGWの営業予定
今月は日曜日にお休みをいただく日があります。
また、GWを含む大型連休中はディナータイムのみの営業日があります。
御来店を予定されていたお客様には申し訳ございません。
4月1日(月)
   8日(月)
   14日(日)/15日(月) *連休をいただきます
   22日(月)
   30日(火) *29日(祝日)の代休日です
5月1日(水) 17時~営業いたします(ランチタイムはお休み)
  2日(木) 17時~営業いたします(ランチタイムはお休み)
その他は通常時間で営業いたしますのでよろしくお願いいたします。

なお5月3日~6日(月)の祝祭日は、営業はしていますが、ランチタイムの定食メニューはございません。通常メニューをお楽しみください。
HPに営業予定カレンダーがございます。ご確認ください。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2019年5月1日(水)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことがございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0151 19.02.01

幸運の白龍_________No.0151__19.02.01
    http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
  たくさん召し上がっていただける
           創作中華料理店

今日のメニュー
● なぞなぞだぞ?
● 2月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ2月のサービス
● 2月の営業予定

● なぞなぞだぞ?
今冬の東京は昨日まで雨が全く降りませんでしたね。
乾燥乾燥で寝起きの朝は喉がカラカラ、お肌もパリパリ。
お洗濯物がよく乾くのが唯一ありがたいですが、もう少しお湿りが欲しいですね。
よく晴れた2月も迫った先週末のこと。
「今年もどうぞよろしく」と初ご挨拶のご家族様がカウンターにご来店。
昨年は入学時に用意してもらったランドセルを嬉しそうに見せてくれた女の子ももうすぐ2年生。
私たちもまたひとつ歳を重ねるのですねえ(しみじみ)。
そんな女の子がカウンター席でしのさんと楽しそうにアニメの話をしてる。
「昔のルパン三世は何色のスーツきてたか知ってる?」と しのさんがいう。
しのさんは本人が思っているより、お子さんに好かれるみたいです。
忙しい時は眉間にしわを寄せて集中し海老巻き揚げを揚げたり、炒飯をフライパンであおったりして真剣なので、螺旋階段ごしに「何つくってるの?」とたずねる無邪気なお子さんの問いかけにも答えないことも日常ですが、話す時はユニークな受け答えをして、少し硬かったお子さんの表情がやわらぐのがわかります。
その日は女の子が「なぞなぞ出してもいい?」と言ってやりとりがはじまりました。
しのさんが「いいよ。でも簡単なの出さないでよ」。
「くるみ を逆さまにすると みるく だけど みるく を逆さまにしたら どうなる?」
しのさんが仕込みしながら考えて黙っているので、隣にいた平野は沈黙に耐えられなくなって思わず「みるくがこぼれる?」と言ったら
「はい!正解!」と女の子。
お! 私やったね。
「やばい、オレわかんなかった」と しのさん。
「じゃあ次、逆さまに読んでも同じように読める読み物は?」
「あ、それ解る。しんぶんし」
「せいかいぃ~」
「だから簡単なの出さないでって」と しのさん。
女の子はいくつか なぞなぞ を出します。
「お家をおんぶしている虫はなあんだ?」とか「パンはパンでも食べられない動物は?」。
(しのさんすかさず)「それパンじゃないじゃん、動物じゃん!そのなぞなぞはダメ」(笑)。
「あ、そっかあ。じゃあ味噌汁にいれるカメってなあんだ」
「えーと」
「超簡単だよ」
「答えられないふりするのも大変なんだよ、おじさんはー」と しのさん。
「あははっ」とっても嬉しそうな女の子。
そんなんで和やかなディナータイムだったのですが、営業終了後にスタッフ同士で「なぞなぞって懐かしかったね」という話をしていて、小学生低学年向けのなぞなぞを検索してみたら、これが頭をひとひねりするものが多くて、答えを見てなるほど!というなぞなぞが多いのです。
頭が固くなった大人を悩ませます。
最近の小学生のなぞなぞ事情はこんな感じなのですぞ。
https://www.nazo2.net/kodomo/
ちなみに、食材に関するなぞなぞから抜粋です。
わかるかな?
「豚が離婚するときに食べるものは?」
「逆立ちすると野菜になる海辺にあるものってなんだ?」
御来店時に店主の平野を捕まえて正解をお答えくだされば、お通し程度ですがザ-サイやお漬物をちょこっとお出しします。

ご家庭にお子さんがいらっしゃるお客様にとっっては「ああ、そんなものですよ」という日常の遊びなのかもしれないですけど、我々にとっては結構な頭の体操になりました。
四角い頭を丸くする・・・昔そんな進学塾のキャッチフレーズがありましたけれど、頭も気持ちも少しだけやわらかくなった白龍トマト館のスタッフでした。

● 2月の季節メニュー
・塩卵と菜の花の花椒タンメン  1090円(税込)
塩漬け卵の独特な風味がクセになってしまう、春を待つこの季節限定のタンメンです。
昨年から、「ホァジャオ(花椒)」が少しだけブームのようですが、こちらはスープに溶け込むホァジャオとスパイスの効いた塩漬け卵の味わいを楽しむ季節限定のタンメンです。
塩漬け卵だけおつまみにしたいという方もスタッフまでどうぞお申し付けください。
塩卵は角煮のタレで煮た卵より独特な風味ですが、老酒のつまみとして、またジャージャー麺や冷しトウバンジャン麺のトッピングにも最適です♡。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/menu-seasonal-entantoaonanotanmen/

● メルマガ会員様へ2月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2つ、ミニ杏仁豆腐を提供させていただくか、または煮卵、塩卵のどちらかのトッピングをひとつサービスさせて頂きます。塩卵の味見をしてみたい方はこの機会を是非ご利用ください。ミニ杏仁と卵のサービスの併用はできません。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」を提示の上、どちらのサービスかを選んでご注文下さい。

● 2月の営業予定
11日(祝月)は営業いたします。
12日(火)代休をいただきます。
19日(火)はランチタイム休業。17時から営業いたします。
以降は月曜定休で通常通り営業いたします。
平日が祝祭日に当たる場合、ランチタイムの定食メニューがございません。
通常メニューをお楽しみください。

次号は2019年3月1日(金)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことが
ございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen

幸運の白龍 No.0150 19.1.02

幸運の白龍_________No.0150__19.1.02
http://www.tomato-tanmen.com
季節の野菜を
たくさん召し上がっていただける
創作中華料理店

今日のメニュー
● 新年のご挨拶
● Youは何しに白龍へ?
● 1月の季節メニュー
● メルマガ会員様へ1月のサービス
● 1月の営業予定と連休のお知らせ

● 新年のご挨拶
明けましておめでとうございます。
「平成」という元号で新年を迎えるのは最後ですね。
5月からいったいどんな元号になるのでしょうか?
元号法という決まり事があるそうで、漢字二文字であることや、読み書きしやすく、かといって俗用されていない、今まで使用されていないことなどの条件をふまえて候補を決めるそうです。そして国民の理想としてふさわしい意味を持つ漢字であること。
漢字を二文字とも予想するのは難しいですが、国民の理想ってなんでしょう?と思うといくつかの文字が浮かびます。
平和を願う「平」 / でもこの間までが「平成」だったから「平」は使われないかな。
安心して暮らせるように「安」 / これは二文字のどちらかに使われそうな気もします。
生活も心も豊かになれるよう「豊」 / うーん、個人的な希望になってきた。
未来へ希望が持てるように「希」 / 子供の将来とか考える人は浮かんできそうです。
新元号がなんであろうと
「わたしたち国民が身も心も豊かで安心して暮らせる明るく希望に満ちた未来に進んでいけますように」
そんな願いを込めて5月1日を待とうじゃないかと思います。
みなさんはどんな新元号を思い浮かべますか?

今年も御縁をいただきお正月にお店の玄関に万年青(オモト)を相阿見流家元横地画抱先生に活けていただきましたのでご来店の際にご鑑賞いただければ幸いです。
難しい意味は説明しきれないので、家元が「こんなふうに見て下さい」と教えてくださったことを書きますと、まずお店の玄関を入って、カウンター席の椅子のある側に立ちます。
バックに会計レジが見える方向を床の間と見立てオモトを正面にみるのだそうです。
オモトの葉は長い葉、短い葉が合わせて15枚あって、様々な角度で構成されていますけど、正面からは全体のシルエットが一株に見えるというのも見どころの一つ。
そして、侘び寂びの意味合いから赤く色づいたオモトの実は正面から見てひっそりと葉の奥に隠れています。
写真ではオモトの葉で完全に隠れていますが、ちょっと見る角度を変えると赤くてふっくらとしたオモトの実を鑑賞することができます。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-1-02/#Anchor-70000
万年青(オモト)はこの漢字からも伝わる通り、いつも青々と色褪せず、葉の様子も張りのある美しいグリーンをしている事から長寿や健康を司る縁起の良い植物と言われているそうです。
本年も皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

● Youは何しに白龍へ?
Blue Jellyfish 様から年末ご来店のご報告をいただきました。
ありがとうございます。
http://bit.ly/nanishininorth

● 1月の季節メニュー(一部、仕入れ状況によります)
・シジミの醤油漬 400円(税込)
青森県や、島根県の大粒のシジミを特製のタレで漬けこみます。
タレには紹興酒も入るので、ドライバーさんにはおすすめできませんがビールや紹興酒にぴったりの酒のおつまみです。
殻に入った汁ごとちゅっと貝の身をすすってお召し上がりください。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-1-02/#Anchor-70300

・柚子と青唐辛子のタンメン  1090円(税込)
寒い季節には、甘みの強いちぢみほうれん草も出ていますので合わせて使用しています。
白龍トマト館のタンメンシリーズでは唯一の醤油味で、柚子と炒めた葱の香りのよい、ちょっぴり辛いタンメンです。
https://www.tomato-tanmen.com/whitedragon/19-1-02/#Anchor-70600

● メルマガ会員様へ1月のサービス
メルマガ会員様への今月のサービスは、1グループに2つ、ミニ杏仁豆腐を提供させていただきます。
スマホにこのメールマガジンを表示させるか、プリントアウトした「幸運の白龍」を提示の上、ご注文下さい。

● 1月の営業予定と連休のお知らせ
年始は3日(木)、4日(金)が20時30分(L.O)までの短縮営業です。
ランチタイムは定食メニューのないグランドメニューのみとなります。
5日(土)、6日(日)は通常営業に戻ります。
土曜日はランチタイムの定食も始まります。
7日(月)~9日(水)は3連休をいただきます。ご了承ください。
14日(成人の日)営業いたします。
15日(火)代休をいただきます。
以降は月曜定休で通常通り営業いたします。
平日が祝祭日に当たる場合、ランチタイムの定食メニューがございません。
通常メニューをお楽しみください。
営業予定が一目でわかるカレンダーはこちらにございます。
http://bit.ly/tomatancal

次号は2019年2月1日(金)に配信予定です。
配信エラーにより、届かないことが
ございます。
2日間過ぎても届かない場合は
info@tomato-tanmen.com
までご連絡ください。

________________________________

このメールマガジンは
『白龍の門』を利用して発行しています。
ご登録・解除の連絡は
webmaster@tomato-tanmen.com まで。

白龍トマト館ホームページ
http://www.tomato-tanmen.com

白龍トマト館メールマガジン配信サイト
『白龍の門』
http://www.tomato-tanmen.com/whitedragongate/

英文メニュー
http://bit.ly/engmenuhaku

営業予定カレンダー
http://bit.ly/tomatancal

ツイッター
http://twitter.com/tomatotanmen

facebook
https://www.facebook.com/hakuryutomatokan.tomatotannmen